2015 2歳馬選定

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳馬選定 -11月-

読了までの目安時間:約 3分

 

来春の勢力図がようやく見えてきた11月。重賞短評から。

京王杯

1400巧者の選抜試験のような結果であったが、勝ったボールライトニングは、同じ系統が2度かけられる母系の不思議な配合も含め、競馬が上手なので注目。早熟ではない。

デイリー杯

圧倒的な末脚で、道悪競馬を制したエアスピネルが、シュウジとの棲み分けという意味で、勝負をつける格好となった。クラシック血統のスピネルは、即戦力というよりかは世代の中核をなす安定勢力となりそう。

東スポ杯

時計が遅く、上がりが異常に速いので、新潟2歳Sみたいな結果になった。豪脚一閃のスマートオーディンは、この末脚で勝負するタイプだろうから、展開が重要。プロディガルサン以下、キレ負けした組の方が、無難に立ち回れるけどド根性はないだろうし…。

京都2歳S

一言。次もGⅢなら、1、2着馬は買い。ドレッドノータスは前半抑えられれば、もっといろんな条件に対応できそう。

でも、成長するか不安なハービンジャーで…。

ファンタジーS

うーん。ファインチョイスの下・キャンディバローズの末脚は目立っていたが、今後のことを考えると、伸びあぐねたブランボヌールの方が経験値が増えた印象で、次戦少し絞れると面白いか。

非オープンクラス

牝馬の基準となるクロコスミアが赤松賞で2勝目をあげた。世代全体のキーホースにもなっている。

ラルク、サトノダイヤモンドら高馬の2戦目は気になるが、当面は京都で2戦2勝とした、

バティスティーニ(黄菊賞)

アットザシーサイド(秋明菊賞)

らが、次に何を狙って出走してくるかが焦点となる。上手さを身に着けて白菊賞勝ちのアドマイヤリードも、素質馬一蹴なので注目。

未勝利勝ちなら、

ダイワダッチェス

ディーマジェスティ

ちょっと東西格差が出てきてしまった。クラシックタイトルへの挑戦資格は今年より門戸が狭くなるか。

少し気になるのが、良のもちの木賞でタイレコードの時計で駆けたレガーロとスマートシャレード。自分から勝負できるタイプなので、ダートの主になれる。

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方