池添騎手 2年ぶりのGⅠ制覇

JUST競馬予想ブログ

追い風に乗って

読了までの目安時間:約 3分

 

池添騎手が約2年ぶりのGⅠ制覇を決めた。
11月に入ってからの重賞レースは、ほとんどがベテランかGⅠ10勝以上の実力者ばかりが勝っている。
世界のムーアに、世界一を2度獲り損ねた蛯名正義が、少し不安のあったパートナーを完璧なエスコートして、馬の秘めたポテンシャルをしっかりと引き出した。
2歳重賞はお任せ状態の同期・武豊騎手に至っては、その勢いで年間100勝まで達成してしまった。

この流れに岩田、中座した福永もいない。ミルコは何とか立て直してきたようだが、結構偏った傾向だ。

GⅠで立て続けに好騎乗を見せている蛯名騎手の場合、イスラボニータの体調が整ったのと同時に、昨頃の勢いが戻ってきた印象を受ける。
メイショウカドマツは、元々乗り替わりの多い馬で、10人ほどの騎手が跨ってきたが、鞍がハマるとはまさにこのことか、冬の東京の準オープンで圧勝後、アルゼンチン共和国杯ではあわやの2着で人気のゴールドアクターを大いに苦しめた。
そして、イスラボニータのマイルCSの危機的状況も、勝てなかったにしても見せ場を作って3着まで持ってきた。
結果、マリアライトでしか勝てていないから誇れるほどではないにせよ、充実感は漲っていることだろう。

ムーアがいない、いや、来ない…。
マイルCSで勝てる馬・モーリスに乗ったその瞬間から、ラストインパクトに跨ったJCでの完璧な2着までのちょうど一週間で、一体何が起こったのだろうと思っていたのだが。

武豊もそうだが、この手の世界トップクラスの騎手というのは、自分に任された仕事の質が、より専門的でなかなか他の騎手にはできないレベルの技術が求められた瞬間、つまり、パドックで馬を見て、いざ跨ろうとしたその時に、やや錆びかけていたかなりのリスクを伴う最後の一手を使おうとすると、悪い流れをリセットできるのではないのだろうか。

池添騎手にしても、ショウナンパンドラにはひと工夫がいるということを何度かレースに乗ることで理解した中で、因縁深いJCへと繋げたのであった。
名手は一日にしてならず。最後に勝った者のみが称賛されるのである。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方