2015日本ダービー回顧

JUST競馬予想ブログ

東京優駿 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

これなら、皆納得であろう。
普通にやっても勝てる。それが才能のある馬の競馬であり、自分でレースを作る力がある馬の強みである。仕方ない。
想像を超えるようなレース内容ではないが、父をそして世界制覇に届かなかったディープの駆けた時計を僅かに超えた2:23.2で走りきったのでは、まさに向かうところ敵なし。
彼らが自らで時計を出したのと比べ、この日のドゥラメンテは、正攻法の外差しで、ミルコと息ぴったり。
余裕があったので、ミルコはこの勝利に感極まる瞬間を帰り道のウイニングランで見せることができて、それにファンもよかったと声を上げるのだった。宝塚に行っても…、やめておこう。

何となく、横山ペースで進みそうな予感はしていたが、結果ミュゼエイリアンを駆った横山典弘には、勝負をより高いレベルのものにしようとする、ベテランジョッキー独特の気概があったのではないだろうか。2週前のレースのそれと同じように。

褒めるべきは、そんな当たり前のことを当たり前にした人馬より、急遽のコンビで急成長を証明したサトノラーゼンと岩田騎手だろう。
4角手前から外に張って、直線目一杯勝負を挑んで、坂の手前では突き放されてしまったが、同冠号のクランの猛追を凌ぎ切ったわけだから、大したものだ。
鞍上は語ったという。十分楽しめた。
2着で使う言葉ではないだろうが、してやったり、ベストバウトである。陣営の気運もこれで高まるはずだ。いい正月がやってくる。

同厩だから、心中複雑な部分もあるサトノクラウンは、普通のレースになればもっと際どかったと思うのだが、才能の差は歴然だったとも言わざるを得ない。その後ろに構えたリアルスティールも然り。
こちらは、皐月賞の二の舞だけは…、という一発逆転の追撃策をとったのだが、お互いが万が一とも限らない、確信に近いドゥラメンテの自滅に懸けた消極策に止まった。
ダービーでは特に、勝ち馬とその他17頭との明暗は恐ろしくはっきり結果に現れる。でも、実績やプライド、内に入れると最近よく詰まる傾向から、致し方なしと思うしかない。
余計なことを考えず、休むのみだ。頭の方も。

ホットなダービーで反映される未来予想の確信。
掛かる馬が菊に行くべきか、掛かる馬が揉まれる凱旋門賞に行くべきか。
前述の通り、ドゥラメンテは今回相手を見る余裕を持って二冠馬に輝いている。だから、勝ち時計からも最強のダービー馬である。
しかし、懸念材料を国内戦の中で消化しきれないと行きたくないとする日本の競馬界の常識が取り払われたなら、それはロンシャンに絞って…、でもいいような気もする。
堀調教師にも、もっと高みを望んでもらいたい。拍子抜けするほど簡単なダービーにした功績は、言わずもがな騎手と調教師の腕であることは、明白なのである。あともう少しの勇気だけは、馬から与えてもらえばいい。

 

レース回顧   コメント:0

目黒記念 -予想-

読了までの目安時間:約 2分

 

目黒記念が特殊なカテゴリーのレースのせいだからなのか、どの馬を推すにせよ、自信満々とまではいかないのは、大半のファンの本音であろう。
前走で格好のつく競馬をしている近年の覇者を無視したくはないのだが、斤量以外の部分でも怖さはある。

休み明けは大丈夫そうだけど、ディープの7歳騸馬を推すことにもちょっと怖気づいてしまった。
情けないが、好調そうなことは間違いないレコンダイトから入ろうと思う。

実績の割に、55と少し見込まれた分だけの魅力はある。
サンテミリオンの下で、姉が活躍していた頃生まれたのがこの馬。ハーツクライ産駒で、ダービー2着馬を父に持つ共通点。
何故か、デビュー時から体重は増えることなく、無理した時だけ減った分を取り戻すというここまでの過程で、前々走二桁体重増の少し前から戦績も高水準で安定し、それが2000M以上の距離でのものなら買いのサインだろう。
ミラクルミルコの2連発に期待するのは、いくらなんでもおめでたい妄想だが、父の産駒は大体想像以上の仕事をするときだけ重賞で走る。狙い目だ。

京都の高速決着となった2400M戦で勝っているアドマイヤスピカ、トウシンモンステラや今年広い馬場で勝っているステラウインドやダービーフィズを厚めに押さえる。

 

レース予想   コメント:0

東京優駿 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

今年は、悲運の血筋をもつ候補が多い。
ポルトフィーノは、3歳GⅠを不運の連続で全回避した上に、初のそして最後のGⅠ出走をまさかの落馬でチャンスを無駄にしてしまった。
その女王杯。途中からカラ馬になったにもかかわらず走る意思だけは持ち続け、ついにはリトルアマポーラに影をも踏ませぬ走りで振り切った切ない映像が、今でもファンの脳裏には深く刻み込まれている。
何してんだか…。
縁あって、2番仔のポルトドートウィユは、ダービー出走に漕ぎつけた。ギリギリでも何でもいい。
勝利の可能性をまず生み出したことが、何よりも意味がある。

死と身近な場所にいる良血馬の宿命。
怪我で済めば、あとはなんとかなる。レーヴミストラルがダービーに求めるものは、まず走らせてもらうことだったろう。
調教師にとっても正真正銘のラストチャレンジなわけだが、そんな背景を知っているからか、何としてでもモノにしようという執念という程のものは、表には出していないように思う。慎重に、大切に…。
馬自身は知らないだろうが、知らなくても何かを感じる部分はあるかもしれない。
程よく心配するからこそ、危ない丸太の一本橋も案外安全に渡れるのである。いい準備ができたようにみえる。

GⅠは勝っているものの、クラシックではことごとくライバルの後塵を拝してきたアドマイヤグルーヴ。
最初と最後は勝てた馬だが、真ん中の大切な場面では、気難しさも災いして敗北を重ねていった。
本当はもっとたくさん勝っていても…。
いとこのポルトの話は十分したから、日本最高レベルの名牝系を形成しているドゥラメンテのバックボーンについて、今更掘り下げる必要はないだろう。
一つ、祖母エアグルーヴが内に秘めていた狂気は、サンデーサイレンスの血を受けたからより強く継承されるわけではないということ。
それはおじのルーラーシップを見ていれば、よくわかる話だ。

ここまで何を言いたかったのかというと、騎手や調教師の夢の舞台であることは言うまでもないこのレースは、当然のことながら、血の隆盛を世に知らしめる最高の舞台であるのもまた確かなのだ。
凄味を足されることで、ここに挙げた3頭だけではなく、サトノクラウンやキタサンブラックなど少々渋めの血統の馬が、皐月賞という重要なステップレースを踏んだ後、無事ダービーに挑むことができた。
このただひとつのタイトルのために、残りの人生を棒に振ってもいいとさえ思わせるのがダービー。

余力がある馬の方が有利に決まっている。
ここまで二冠馬が相当数誕生してはいるが、そのほとんどは時計か着差で皐月賞終了時点での決定的な力差を示してきた。
わがままなヴィクトリーロードを疾走したドゥラメンテに、圧勝という要素も加わった皐月賞の内容から、本質的に得意な戦法ではないのに、結果を残せた強みもあるはず。
また同じ乗り方になるかはわからないが、逃げたりしなければ二冠濃厚とするのが、常識的な見解だ。
誰にも分からない彼の本質なのだが、ダービーというフィルターが不合格者と除外するシーンは、予想できない敗因にしか根拠を求めることはできないだろう。
2分を切れなかった時代の皐月賞を好時計で走った時点で、もう次も答えが見えているとされた定説を、高速化も久しい今引き合いに出しても問題ないように思う。軸、頭不動のスタンスでいく。

縁に恵まれたように見えるレーヴミストラルは外せない。青葉賞馬の今度こそは、こういう場面でこそ怖い。
皐月賞組は、どうせなら大敗の方がいいようにも思う。サトノクラウンやベルラップは、11月時点でのダービー候補。
牡馬クラシックは、迷ったら弥生賞組である。

 

レース予想   コメント:0

ダービー・変化の30年史

読了までの目安時間:約 2分

 

岡部幸雄がシリウスシンボリに乗れる状況にあったならば。
当時の関係性から言えば自然な流れでも、大調教師・二本柳俊夫は、鞍上加藤和宏の固定を条件にした。
前年ビゼンニシキを捨て、シンボリルドルフに乗り続けた伏線もある。
競馬界のレジェンドへと更なる進化を遂げた名手にとって、フリー騎手の道を日本に根付かせるきっかけとなったこの2年は、その後の30年を語る上でも極めて重要な意味を持つ。

2着続きの流れまで、後輩の横山・蛯名らに受け継いでしまったが…。

思えば、この30年は、関西馬にとって劇的な立ち位置の変化をもたらした期間でもある。
バンブーアトラスがレコード勝ちしたのは82年。以降三冠馬や何やら、関東馬がいいとこどりをして、人気になっても勝てないでいた。

平成に年号が変わっても同じだった流れは、91年にトウカイテイオーが圧勝してから一変。
奇しくも、彼はあのルドルフの初年度産駒であった。それから堰を切ったように栗東所属の名馬がダービーはおろか、競馬界全体を席巻していくことになる。
テイオーの年から6連勝。そこからの24年で22勝。

実は、関西の騎手というのは、人気で飛ぶことが多い。基本的に、ダービーでは所属する方に乗っている騎手が騎乗する。
ただ、柴田政人のような異例の形は、その逆がここまでないという点で、関東騎手の異常なまでの執念を感じさせる。
関東の騎手は、ここ30年で10勝。地の利で片付けられる話ではないだろう。
関西の騎手が、関西馬で2つ勝ちそびれているわけだ。ダービーを、である。

ちょうど今、関西との力差が縮まりつつある。
少なくとも3月までは関東馬の天下だった。今年また、潮目が変わるのか?
ダービーはドラマの宝庫であるから…。

 

コラム   コメント:0

未来の一部分

読了までの目安時間:約 2分

 

ラストダービーウィークを迎えたことについて、松田博資師(69)に尋ねてみた。
「いつもの朝と変わらんさ」
自然体な姿は相も変わらず。

思えば、ここ15年で3着2回と、縁に恵まれたとは言いづらいところがある。
その一つ。裏のカードが納得の結果を出して、本命格の方が道悪とレース展開で不発に終わった2006年のダービーについて振り返ってもらうと、
「アドマイヤムーンの時はもう少し前につけていれば…」
師には珍しく、後ろ向きな気持ちを吐露したのかと思ったのだが、
「誰もがどのレースも勝ちたいと思って使ってるに決まっとるやろ!」
と、一笑に付した。

最後の挑戦は、ダービーへのローテーションに関する最大の挑戦ともなる。
青葉賞馬は、ダービーを勝てない。
「悲運ともいえる血統だよな」
レーヴミストラルの一家に宿る負の循環と、半兄アプレザンレーヴの道をなぞるようなダービーへの臨戦過程とその後。気にならないはずがない。

「トモが弱いところがある」
でも、出られる態勢にあるならば、出なければならないのがダービー。
藤沢厩舎の出世馬も、青葉賞を勝った後に大成していった。ダービーを踏み台にして。
そんな呪縛を解く宿命を課されてきた青葉賞馬は、そのまま松田博資調教師の姿を映しているようにも思う。
「来年あたり、かなり馬は良くなっているだろう」

無理使いは絶対にいけない。これが、名伯楽の最後に導き出したダービー必勝法なのだろう。
未来に繋げる役目を、今果たそうとしている。

 

ニュース   コメント:0

ダービー・月と太陽

読了までの目安時間:約 2分

 

サンデーサイレンスとブライアンズタイムは光の影という関係にはなり得ない。
ダービーで劇的シーンを何度も演出している三冠馬の父同士なのだから、共にビッグファーザーである。

ただ、太陽のおかげで輝ける月のような存在もあるのは確かだ。
騎手なら、ルドルフに勝たせてもらってから6度も2着した岡部幸雄がいる。
恩を何倍返しにもして、3度再びのダービージョッキーにする好アシストもあった。どことなく、必然性があった気もする。
調教師なら、昨年ようやくダービートレーナーとなった橋口弘次郎が印象深い。
ただ、それらの名人は有名なだけであり、悲願成就を果たしたある意味勝ち組である。

思えば、昨年は象徴的なダービーであった。
ダービーをこちらも勝たせてもらった横山典弘が、最高の競馬を演出し、ワンアンドオンリーが能力を120%を出したことで、勝てない男が再び涙を呑む結果となった。

一人は蛯名正義。前々年の口惜しさを、その時のパートナーとの春盾連覇で半分くらいお返ししたあとの惜敗。今年はいかに。
ただ、執念ではそんな蛯名より遥かに因縁深さを覗かせたのがマイネルフロスト陣営だ。
国内外からいい馬を探し来ては、生産・育成に尽力し、競馬に情熱を注ぐ、あの赤と緑の勝負服でもお馴染み。
ビッグレッドグループ総帥・岡田繁幸にとって、ダービーは自分の価値観の基礎を成すレースである。

29年前。吉田善哉が人目も憚らず感涙し、至福の時間を堪能している時に縁のなかった田原成貴・栗田博憲・岡田繁幸らは、未だにダービーと縁遠いところにいる。ウインフルブルームが出ていれば…。
太陽に輝かせてもらってきた以上、勝つためのエネルギーを馬に与えてもらわなければ、縁のあるレースにはならない。
それがダービーである。
 
 
馬券名人養成プログラムの日本ダービー予想
 

 

コラム   コメント:0

ダービー・血のロマン

読了までの目安時間:約 2分

 

アンバーシャダイ-メジロライアン-メジロブライト・ドーベルの内国産3代GⅠ級レース制覇が代表格。他にもメジロ3代連続3200M天皇賞制覇や、最近はダイナカールから4代続けて主要競走を制する快挙を成した。

ダービーも皐月賞も、親仔制覇というのがトレンドとあって、最近は当たり前の光景となっている。
加えて、今年はディープスカイ産駒のスピリッツミノルがクラシック3代制覇に挑む。
皐月-ダービーときたなら、当然次は菊だろうと妙な血筋のリンクを単純化して捉えるもよし。何だか目につく先行粘りの傾向に乗るもよし。
今回この馬にしか3代連続制覇のチャンスはないわけで…、いや4代連続を既に決めている1番人気候補もいるのか…。

直に、ロジユニヴァースとヴィクトワールピサの仔がデビューする。
時代の進行と共に、このサンデーのひ孫世代は質量とも上昇していくだろう。
現状は、例えばステイゴールド産駒の牡馬のクラシックを制した馬が、自身の産駒傾向の大体出揃った頃に出てきたから、やっぱりタキオン、マンハッタンらが現役の頃、言ったらサンデーサイレンスが死んだ頃にひよっこだった馬の仔から生まれた世代の方が優秀なので、物足りなさはある。

あとは、ウオッカの仔がクラシック路線に乗ってくる日が来るのがいつになるのか。
サンデーの血の嫌ってか、彼女は日本には戻ってきそうにない。馴染みのない父親に対する違和感が、母の現役時に抱いた感情とかけ離れていくこともよくある。

キングカメハメハの仔が主役になるダービー。そこで親仔制覇して、また無事互いが1番人気に応えるとなると過去わずか2例しかない。
それを3代続けてという馬はいないが、如何せんGⅠ勝ちを4代続けられる血筋のことなので…。

 

コラム   コメント:0

優駿牝馬 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

あれ、晴れてるじゃないか?
ディープの仔が走る条件は整った。恐らくは、ルージュバックだって走るだろうと…。

揉まれた組が巻き返したわけでも、はたまた別路線が特別凄かったわけでもない。
ただただ、上位3頭が素晴らしい走りを見せて、仕掛けた順に苦しくなっただけのこと。
オークスで62秒以内の1000M通過だったら、正攻法でも、大外一気でも自分の脚質が決まっていれば、それを武器に目一杯戦うことができる。
惜しむらくは、ルージュバックがクラシック前にもっと厳しい競馬を経験できていれば…。結果論に過ぎない。

1、2着馬は、2月の重賞で、強気に遠征を選択した馬である。
ミッキークイーンがここまで来るとは、いや、オークス路線で台頭するとは、新馬大出遅れ、直線猛追の2着からは到底想像もつかなかったのだが、今彼女は、人気のルージュバックをも捉える強靭な末脚を武器に戦う、本格派のディープ産駒になったのである。
クイーンCも酷い競馬だったが、体がなくなってしまっても不思議じゃないほどの-20kgながら、人気くらいに走って新馬でみせた豪脚をまたしても披露した。

あの頃に…。ルージュバックが光輝いた淀のクラシック登龍門快勝の翌週、ドゥラメンテとリアルスティールが初対決し、その前日にロカを破ったミッキーとキャットコインが、クラシック路線に乗ってきたのだ。
3か月間というのは、超一流馬でも好調をキープし続けるのに、それこそ使わない中でなんとか保持することのできる最長の期間と言える。

彼女たちがその後、無理使いされず、更に言えば、消耗するような競馬をしてこなかったことが、桜花賞好走のクルミナルを超えられた理由でもある。
クルミナルは、きっとマイル近辺が向く自在型であろうが、彼女もまた2月のエルフィンS勝ちの候補。その上、年明けデビューの箔もついている。
調子を落とす間もなく、春のクラシックを戦い抜いたこの世代の功労者だ。負けてしまったが、池添騎手の異様なまでの惚れ込み様が、この結果にしっかり現れていた。
最高に乗れたが、その後ろに敵がいただけのこと。仕方ない。

何事も順調に行けば、万事うまくいくわけではないのが競馬。
クラシック戦がそう簡単に収まるわけもない。
分からないことだらけの先行争いを、ノットフォーマル&黛弘人が果敢に制した1角から、もう内の好位抜け出し組の出番は、内々強襲にしか見出せなくなってしまった。

1枠は時に、最悪の展開を強いる足かせともなる。前回うまく行き過ぎたレッツゴードンキは、今度は全て手詰まりの競馬になってしまった。
ルージュバック陣営が経験した屈辱を、今度は一心に受ける立場になってしまったが、きっとハイレベルだろうこの世代の競馬であるなら、こういう大敗も致し方なしだろう。

みんながみんな毎回力を出せるわけではないが、ミッキークイーンの小さな馬伝説が今年も引き継がれたことが、各陣営へのせめてもの慰めになるだろう。
みんな強いから、仕方ないのである。こういうのもまた面白い。
4、5着馬は、例年なら優勝圏内に入ってくる馬である。

 

レース回顧   コメント:0

優駿牝馬 -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

レッツゴードンキが、今回は最内枠の1枠1番を引き当てた。
先週は仕掛けにくい展開で何もさせてもらえなかった岩田騎手の心中を察するに、出していくことは検討しているとは思うが、ハナに立ってしまえば、当然のことながら総マークを受ける。
案外やりにくい枠にも思うし、何とも言えない。

ステイゴールド産駒の2頭とマンハッタンカフェ産駒の4頭は、皆重賞で連対実績を持つ馬。
中でも、1800M以上の競馬で実力を発揮することの多い産駒傾向から、既に東上して賞金加算にも成功したシングウィズジョイやアースライズなどは、人気との兼ね合いもあるが、こちらは少なくとも自信を持って挑むだろうことは想像に難くない。
時計が速くなりやすい最近のオークスは、牝馬のレベルも高水準をキープしていることも含め、完全な桜花賞優勢の流れではない。

で、ディープ産駒と桜花賞4着以下の組はどうなんだというはなしになるのだが。
はっきりしているのは、余力は残っているということ。そして、経験できない競馬、それこそオークスで求められるような我慢比べを、コース形態が比較的似ている阪神外回りの桜花賞で、ここに出てきた13頭が知ったという事実。

どの馬がどういう才能を秘めているかを問うような桜花賞ではなかったが、オークスに向けたトライアルという側面から見れば、メンバーはある程度揃っていたわけで、その時掛かった馬なら今度は折り合う可能性もあるし、もちろん前に行っても行き過ぎることはないだろう。
返って行こうと思えば、思い切って先週のミナレットのような絶妙な先行策もあるだろうし、奇しくも江田騎手は今週も行こうと思えば行けそうなトーセンラークに乗っている。ココロノアイももしかすると…。

詰まる所、桜花賞はなかったことにできて、かつ能力もある程度証明されている馬が、東西の所属に関わらず、候補とすればかなりいるのは間違いないのだ。
本当に強いかを桜花賞で見せられた馬が1頭しかいなかったことを重要視すると、別に着順や競馬の内容を度外視するのが奇を衒った邪推とはならないとも言える。

よって、迷うまでもなく、桜花賞の出走馬が確定する前から順調にここまで漕ぎつけた期待の関東馬に、再度期待することにした。
順番は、ルージュバック-キャットコイン-ココロノアイでも、前記の馬や書ききれなかったクイーンズリング、クルミナル等の関西馬を軽視したわけではない。

それでも、多少は地の利のある関東馬にとって、東京での経験が既にある中での大勝負となれば、元々高く評価されていた馬にはかなり余裕を持って戦える強みがある。
もしも、ここでもまた桜花賞のような難解にして、平凡な決着を目撃したとするなら、2歳重賞の増加とそれに伴う3歳重賞の質の低下を真剣に考えねばならない。
ただ、2月に輝いた本命対抗の2頭がとても弱いと思えないのは、ドゥラメンテが皐月賞を快勝したからだ。
メンバーは揃っていなくても、力のない馬が軽やかに駆けられるようなレベルの重賞ではなかったはずである。

いずれにせよ、この結果もまた真摯に受け止める必要はあるだろう。どんな展開になろうとも。

 

レース予想   コメント:0

ヴィクトリアマイル再回顧

読了までの目安時間:約 2分

 

先日のVマイルような展開の類例を近年だけでもいくつも確認できた今、ラップ分析の必要性を感じた。

*<>内の数字は、交わされた後のラップなので推定。
シルポート・12年安田記念
(12.2)-10.7-10.9-11.1-11.4-11.3-(11.8)-<12.8>=1:32.2⑫

ヴィルシーナ・14年Vマイル
(12.4)-10.7-(11.6)-11.5-(11.8)-11.4-11.2-(11.7)=1:32.3①

ミナレット・15年Vマイル
(12.1)-11.0-11.2-11.4-11.2-(11.6)-<12.5>=1:32.2③

タイレコード決着、牝馬限定戦、東京1600…。でも、2000万馬券発生の真の要因は、中距離の先行型の3頭がベストの時計で走ると、短距離の差し馬が台頭して、そこでマイラーがモタつくという既知の現象であったというわけだ。前2例も、3連単は40万超えだった。

シルポートはともかく、ヴィルシーナは速い馬とまでは言えない。
無理せずに、しかしながら肉を切らせて骨を切る積極策をとると、キレ味のない馬たちの天下になる。同時に、速い馬も高速馬場を味方につけやすくなる。

ストレイトガールは、ヌ―ヴォと絶対的な反応の差で決定打を放った。スプリンターのマイル対応可能馬は、こういう場合に強い。スピード負けしないからだ。
ケイアイエレガントが一番いい競馬はできていたものの、京都牝馬S勝ち馬の悲哀か、スピード能力の差があった。
昨秋の秋華賞好走馬がことごとく大敗していたが、マイル戦で難解な決着の場合、クラシックとは違うモノが問われるから仕方のない部分もある。

 

レース回顧   コメント:0