2017年1回京都・1回中山回顧

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

行く末の明暗

読了までの目安時間:約 3分

 

ざっと、中山、京都の1回開催を振り返ると、殊重賞戦線に関しては、中身の濃いレースが多かったような気がする。

東西金杯は1番人気馬が力を見せ、相手には実績だけなら勝ち馬にも引けを取らないGⅠ馬だとか、勝者に導かれるようにして距離を短縮することで力を発揮した同期の馬を引き連れて、単純ではない面白みのあるハンディ戦らしさを演出してくれた。

4歳馬は強く、以降もミッキーロケット、グレンツェントが人気に推されながらもきっちり接戦をモノにして、人気過剰にも思えたアメリカJCCのゼーヴィント、ミライヘノツバサにしても、超ハイレベルの展開を自ら動いていく形で勝ちに出る競馬で、初体験の厳しい競馬ながらも2、3着と健闘した。

キタサンブラックやミッキークイーンのいる5歳勢も、相変わらず高水準のステークスウイナーが数多く輩出している。
世代のトップホースと大舞台で肉薄した経験のあるタンタアレグリアやマキシマムドパリが、早くもこの時季から始動し、あまり絶好調ではないようにも思えたのだが、初重賞制覇を連続して果たした。

問題は3歳馬。
シンザン記念もフェアリーSも、雨が降っていたといえ、ちょっと荒れすぎ。
ペルシアンナイトやアエロリットに実力がないというよりは、上と下でかなりの能力差がある世代だという印象だ。

年末のサトノ・藤沢祭りで主役を演じた面々は、期待通りに秋になった頃から実力を発揮出来る状態になっていった。
準備がしっかりと出来ているから、目標かどうかはともかく、流れさえ向いてくれれば、結果は自ずとついてくるという状況であったことは間違いない。

ただ、明けのオープン特別は軒並み波乱となる落ち着かない流れ。
そんな中で唯一人気に応えられたオープン戦の勝ち馬が、京成杯優勝のコマノインパルス。
が、この馬も今後の扱いに手こずりそうな気がしてならない。

豪快に外から伸びてこられたのは田辺騎手の自在の騎乗が容易に可能な状態であったことと、あまり内側の馬場状態がよくなかったこともある。
アルアインとキョウヘイがシンザン記念の前後で評価一変となったこともあり、牡馬路線は特に、レース後の評価が今後増えると見込まれる。

 

コラム   コメント:0

新馬回顧<1/28・29>

読了までの目安時間:約 3分

 

3場とも冬晴れの過ごしやすい陽気だった土曜競馬は、開催替わりの東京と1回最終週の中京でダートの新馬戦が行われ、先行した人気馬同士の堅い決着となった。

中京1400逃げ切りのイイデファイナルは、サウスヴィグラス産駒らしいいいスピードを見せた。
東京1600もワイルドカードが力で押し切った内容。こちらはストリートセンスなので、イイデと同じ大型馬でも、多少は距離に融通の利く器用さがあるだろう。
単調なタイプではないことは、アンブライドルズソング×クラフティプロスペクターというミスプロ3連チャンの芝対応可の血統が配合されている点でも、十分に証明できる。こういう馬は、ペースによってパフォーマンスに差が出ることがあるので、そこは気を付けたい。

京都では芝のマイル戦が行われ、豪州産の2kgもらい・フィアーノロマーノが快勝した。
欧州的なデインヒル×その他ノーザンダンサー系の継続クロスという典型の配合でも、アメリカンな母系がスピードを補給しているといった印象の新馬戦の内容で、時計勝負にも対応可能かもしれない。期待できる。

雲が多かった日曜日は、東京1400、京都1200のダートの新馬戦が行われて、また人気馬が強い走りを見せた。
人気の牝馬がワンツーを決めた東京は、好位抜け出しのオーサムクイーンが快勝。デピュティミニスターの3×3という特異なクロスの掛かった馬で、この距離で器用に立ち回れたのから、もしかすると超短距離型なのかもしれない。
京都も牝馬ばかりのレースを、断然人気のテンモースが逃げ切った。スペイツタウン産駒でミスプロの同系配合馬。
中型馬である上に、上がりも1位。マイル前後で差す競馬が合いそうだ。

地味に大物を多く出すこの時期の東京芝1800戦から、期待の良血馬・インシュラーが勝ち上がり、ちょっと期待できそうだ。
叔母ダイヤモンドビコーのマンハッタン牡駒が、ほぼ平均ペースの新馬戦で、重厚なノーザンダンサーの馬<シングンマイケル>を競り落とした点は、かなり評価できる。
馬格があるタイプではないから、二番は利かないかもしれないが、気になる存在には違いない。

 

レース回顧   コメント:0

シルクロードS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

京都では安心して買える存在であるダンスディレクターが、今度は決め手を活かす武豊騎手らしい騎乗で、力を見せた。
プラス18kgで先行したこと自体に問題はなかったはずのソルヴェイグは、その前のレースで強気の4角先頭スパートをかけていたデムーロ騎手の気迫もあったのかもしれないのだが、33.9秒の逃げは平凡もいいところ。
キレ味自慢の馬に付け入る隙を与えてしまった。逃げるとよくないタイプはよくいる。

そんな流れでありながら、ネロは変に下げてしまったことで、スパートのタイミングが遅れてしまった。
人気の2頭は、近走の重賞成績を買われたことがその支持の根拠であるが、混戦で一桁人気台にあったダンスディレクターとセイウンコウセイは、京都での連対率と実績、勢いが評価の理由だから、本番を見据えてというより、まずはここを勝ってからという考えがほとんどの陣営の思惑だったことを考えたら、至極当然の結果になったように思う。

1分7秒台が出そうで出ないレースで、昨年は稍重でも1:07.9の好時計勝ちを記録していたダンスディレクターは、前回仕方なく乗り替わった浜中騎手に、自身の理想とする競馬をお手本のようにみせつける内容で、連覇を果たした。
今年は1:07.8。
昨年はもっと前で競馬していたし、前半のラップは似たようなスローながら、上がりの脚が今年の方が当然速い。
なかなか大きくならない馬で、出遅れ連発の経緯があった良血馬が、似た目が大きく違う内容で、同じような前後半の均衡したバランスのレースで快勝して見せた。

「7歳馬になってしまうと…」
先入観はいけないが、昨年の前に行った馬を積極的に追いかけるような形の決め手より、今回の方が鋭く見えるということは、上手に勝った証拠である。
頑張れセイウンコウセイ。500kgの大台に乗ってキレ負けしなかったのは、大いなる経験となるはずだ。

 

レース回顧   コメント:0

根岸S -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

カフジテイクの出遅れはいつものことだから仕方ないとして、コーリンベリーの躓きにはちょっと驚いた。上がりの勝負。
モンドクラッセが初めての1400Mにしてはよく逃げたとは思うが、このレースとしてはほぼ平均的な35.0-46.9ー58.8。

中山から東京に替わって、最初の週の重賞レースは、距離をこなせるという自信のある馬が先行してしまっては、他の馬の可能性もなかなか引き出されない。
大いに波乱の可能性はあったものの、流れにあまり左右されない自在タイプのベストウォーリアと、キレ味比べで歴代の名牝の名が出てくるほど現役馬の中では比較する相手のいないカフジテイクは、見せ場たっぷりのラブバレットをじっくりと構えた中で仕掛けて交わし去り、残り200ではもう2頭のマッチレースに持ち込んでしまった。
いやはや、穴党泣かせの重賞の流れは、1番人気の凡走のあったシルクロードSを除き、来週も続いていくのであろう。

実質的には、1800MまでをこなしたといえるチャンピオンズCの内容、その前に走った超高速決着ながら3着を好走した武蔵野Sの結果が、変なチューニングを掛けることになって、本来得意とする1400Mでの後方からのドカンは、もしかすると決まらないのではないかと思ったのだが、福永騎手とすると理想的ではなかったのかもしれないが、動いていくことができないタイプの生粋の追い込み脚質であるカフジテイクは、走りのリズムに一貫性があれば、しっかりと結果を残せる状態にあることがこれで証明された。
詰まる所、本格化したと言える時期に入ったのだ。

昨年は9回走って【3024】。加えて、夏に再始動してから渋った馬場でばかり走ってきたこの馬は、脚抜けのいい馬場向きのタイプにも思えたのだが、これもまたちょっと違うようだ。
ダートの短距離型は、芝のそのタイプよりもはっきりとした戦法で戦い抜く必要性に迫られる。
深い砂厚であったも、途中からリズムを変えて走る時間的余裕が、芝と比べたら圧倒的に生じにくいのである。
後ろから勝負する馬が少ないのは当然。

だから、カフジテイクのような馬の場合、前半でただ単に走っていこうと思わない気性であることが、大成に繋がった最大要因なのである。
求められるのはスピードであり、キレとスタミナは重視されない。
ギアチェンジの難しいダート戦において、スイッチの入れどころが難しい中団より後ろにいる馬は、長距離戦と全く同じで、下手なタイミングで脚を使ってしまっては意味がないから、どうしてもスパートのタイミングが完全に遅れてしまうのである。
だから、まずそういう馬は勝負にならない。

ただし、スピード能力を問われているのであれば、位置取りよりも自分のポジションからいかにスムーズに仕掛けていけるかの方が重要なのだ。
このレースには、奇しくも比較しやすい対象として、器用に色々な展開に対応する勝ち切れない馬の代表格・ベストウォーリアがいた。
芸は身を助くではないが、器用さは必ずしも、今回の場合は瞬発力ではあるが、能力発揮の武器として威力を発揮するものではないのだ。

初めて体験のモンドクラッセの楽逃げから、6着・0.8秒差負けでは、先行勢総崩れはちょっと情けない印象も受ける。
時計が速くないと繋がらないフェブラリーコネクションは、追い込み馬が勝ち切ると2012年の根岸S3着-1着馬による決着も有り得るから、希望はかすかながら残った。
5歳馬と7歳馬の上昇力が、そっくり結果に反映される形になったが、本番がスローというケースも近年はよくあるから、スピード型とすれば、流れてくれることを臨むところ。
ハイペースの中距離を経験済みのカフジテイクは、今度はハイペースにならないと辛い。

 

レース回顧   コメント:0

根岸S -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

そろそろじゃないか。ずっとそう思って、波乱の決着となる重賞という予想を立ててきたが、有馬記念が異常なほど堅い決着になってからというもの、年が明けてからの中央重賞は1、1、2、3、1、1、1、1、2着と1番人気が全て馬券に絡んでいる。
堅い結果だけではないから、ちょっと相手が抜けてしまったなあという本命党の声は聞かれても、穴党が喜んでいる姿を見るシーンはここまではない。

いいメンバーの重賞というのは、今年ひと開催終わって数度あったが、このレースもそれに加えられることだろう。
GⅠ馬が3頭いて、昨年の重賞勝ち馬も数多く出走してきた。
それに加えて、オープン実績は乏しいものの人気になりそうな馬もちらほら窺える。
エイシンバッケン、カフジテイク、ブルミラコロ、ベストマッチョ、ラストダンサー。
近走連勝した記録を持っている馬が多く、下からの突き上げはかなりのものがある。
実績に囚われない方がいいのかどうか。

昨年のモーニンを筆頭に、ここで初重賞制覇を果たして、そのままGⅠ馬になっていった馬もいるが、得てして、芝、ダート問わず、短距離カテゴリーの細分化された中で距離別のスペシャリストがその路線を牛耳るというのが、今の潮流だ。
ミッキーアイルが1200~1600まで満遍なくムラの少ない走りをしているケースは非常に稀で、モーリスがそうであったように、距離を延ばして成功する例の方が自然な形なのだ。

ここには3頭のGⅠ馬がいると前記したが、うち2頭は、マイルのタイトルを持つ古豪の牡馬だ。
もう一頭が、15年のJBCスプリントを逃げ切ったコーリンベリー。
1600、1800にも出走経験はあるが、合わせて【0104】という芳しくない戦績で、生粋の短距離型である。
計5勝ながら、右回りの道悪競馬に適性があって…。
今回は良馬場の左回り。

それでも、距離実績の着外4回は全てGⅠであるということでも言えるのだが、この点にもちょっとしたパラドックスのようなものがある。
右回りに圧倒的な適性があることは間違いないし、直線が長いコースばかりの左回りでは逃げ馬には辛いわけだが、南関東の左回りコースでは馬場に関係なく大負けしているのに、中京では楽なペースとはいえ、2回連対しているのだ。

もう少し若い頃であれば、適性の部分に着目した推理というのも合理的なような気もするが、徹底先行型モンドクラッセはマイル未満の距離に出ること自体が初めてで、この馬は平均よりちょっと速いペースだと潰れやすい傾向を考えると、ノボバカラも謎の乗り替わり(それも結構調子が戻ってきた内田博騎手からのスイッチ)があるから、ラブバレットの果敢な攻めの競馬以外、終始コーリンベリーと長らくコンビを組む松山騎手がリードする展開になるはずだ。

毎年ペースが緩みやすいレースなので、ちょっと行く気を見せたくらいでは、猛ペースにはならないだろう。
いいところまで粘ってくれる…、いや、かなりのところまで粘り込めると思う。

◎コーリンベリー
○ノボバカラ
▲ベストマッチョ
注エイシンバッケン
△キングズガード、カフジテイク、ニシケンモノノフ、ラストダンサー

妙に差し馬人気になりそうな気がするので、こういう組み立てとしたが、活きのいい若手の末脚には期待が持てそうだ。
しかし、モーニンと似たような脚質のベストマッチョは、休み明けという以外全く底を見せていないレース内容だから、先行粘り込みを予想している以上、軽視はできない。
加えて、カペラS組もタフで頼もしい。着順というかその時の人気順に重い印を打ったが、34秒台の前半流れになれば、当時のオッズの順に決まっていた可能性がある。

 

レース予想   コメント:0

シルクロードS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

ノリノリの先行馬にはあまりに気になるハンディではないのかもしれないが、所詮脇役、などと昨夏にネロをこき下ろしてしまった手前、展開有利というだけで本命にはしづらい事情もあり、他を当たってみることにした。

◎ブラヴィッシモ
○ダンスディレクター
▲ブランボヌール
△ネロ、セイウンコウセイ、セカンドテーブル、ソルヴェイグ

昨年圧勝のダンスディレクターは、阪神Cに引き続き、武豊騎手が継続して騎乗する。
その武騎手が色々な条件に対応して、無難な先行勢を捉える好位からの競馬をしながら、最後は伸びきれずの4着だったから、前年の2着時の勢いまでは戻っていないと判断し、差しても2着が多い特性があって対抗評価。

それに対し、阪急杯3着以外に主な重賞実績のないブラヴィッシモは、この中では真ん中くらいの評価が妥当。
その唯一の重賞好走実績を評価の対象としているわけだが、このミッキーアイルがコースレコード級の走りを見せた阪急杯3着の結果を、ここでも軽視するというのは危険に思える。

テン乗りの松山騎手が絶妙のペースでミッキーアイルの力を出し切った際、先行勢で唯一、最後まで追い詰めていったのがこのブラヴィッシモ。
準オープンまで4勝を挙げただけの4歳馬は、格の高いレースにばかり挑むと、大体は降級してしまう。
降級2戦目で勝ち上がり、今度は適鞍に挑むも、15、7着では評価落ち必至。
しかし、前走の京阪杯はネロが逃げ切ったレース。そこで後方待機策を選択したので(これまでは何度か成功している策)、度外視はできるだろう。

問題は、全ての脚質で勝利したことのあるこの馬を、フォーリー騎手がどう乗り捌くか。
押して出ていくと終いがアラアラになってしまうという先入観だけで、ちょっと下げての追走を選択するタイプではないし、ネロというわかりやすい目標がいる。
ソルヴェイグ&デムーロが強気に行ってくれると、阪急杯並みの底力勝負になるのだが、恐らく得意だろう小回りコースでどこまでやれるか、今後の大成に向けても重要な一戦となる。

 

レース予想   コメント:0

降級廃止問題

読了までの目安時間:約 2分

 

今週になり、久々に降級制度撤廃に向けた情報が表に出てきた。
JRAは予てより、勝負の根本を重視した条件戦の勝ち抜け制を原則とした事実上の降級制度廃止を検討しており、日本調教師会、日本馬主協会連合会等の関係団体との協議を進めてきた。
来年のダービーの翌週から、新制度を採用する予定だ。

よく言われる6、7月の高額条件戦の質の低下を防ぐ目的は、同時に、4歳馬の再浮上のチャンスでもあるわけで、それがないことにより、3歳馬が戦いやすくなるメリットはあるものの、結局は、力がなければいずれ頭打ちになるわけで、それはオープンに上がると尚更であって…。

ただ、1000万条件以上の番組を増やしたいという主催者側の意図を、単なる金儲けの狡猾なやり口と捉えるか、結局無意味ではないか、などと批判材料の選択に止まってはならない。
個人的な意見ではあるが、オープンクラスを二層構造にするといった、実質的なひと階層の追加挿入が、重賞戦が絶対的に減少するGⅠシーズン終了直後の時期には、一定の効果をもたらすように感じている。

一応、ハンディキャップレースも競走馬ランキングというものもあるにはあるのだが、実際の登録→抽選→出走の過程に、有効なファクターとなっていない状況にある。
ここはやはり、勝つメリット、デメリットの両面にアタリの易しい施策を講ずるべきである。
筋違いの方策ではないことが、争点の複雑化を招くようなややこしい問題でない以上、毎週どこかに3歳以上オープンのレースを組むなど、単純な解決方法を提示すれば、もうそれで大方合意なのだ。

よって、あまりにも極端な否定派が浮いてしまうような、静かな議論が望ましい。

 

ニュース   コメント:0

フェブラリーS展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ドバイ遠征に加えて、勝ち馬の薬物使用に関する厩舎サイドの粗相があって、東京大賞典上位組がこちらに回る可能性がなくなりつつある。
サウンドトゥルーに負かされた馬がいいのか、アウォーディーと肉薄した馬がいいのか。
GⅠではここまで順番が回ってこなかった組にも、一定の敬意を持って迎え入れる心の余裕が、こちらにも必要かもしれない。

コパノリッキーやサウンドトゥルーがどういう形で参戦してこようとも、頭まで期待することは難しい。
見せ場を作りながらも、若手に引導を渡されるという構図が、フェブラリーSの伝統となってきたから、
ノンコノユメ
モーニン
という、分かっているけど評価しづらいなあと思ってしまうような、2000Mでは迫力不足のメンツに再注目すべきだろう。

前者は1年半近く勝ち星がなく、後者はそもそも選択してきたレースが問題ありという印象のよくない昨年の主役たちは、かなり適性が似通っているようにも感じる。
スピード決着歓迎の両者に、秋の出走レースで出番がありそうな場面は少なかった。
自然とレース間隔の開くローテーションに、昨年並みの可能性を求めることは無理筋ではないはずだ。

ゴールドドリーム
グレンツェント
昨年のワンツー組は、脚質が極端に違ったが、今年の2頭は無難な立ち回りができる。
前走が、デムーロ騎手のやや強引な出遅れからの巻き返しで失速のゴールドドリームは、その昔は未来のフェブラリーS優勝馬と内々定くらいはもらえたユニコーンSの覇者。
距離に融通の利くグレンツェントより、この条件での適性は上位だろう。

賞金を加算しておきたかったグレンツェントは、スローペースからの直線勝負で苦しい競馬を強いられながら、きっちり優先出走権を得る勝利を東海Sで挙げた。
かなり骨っぽい相手に、一頭だけ好走した人気馬ということで、今まで以上に高い評価を与えておきたい。
1800向きなのは間違いないから、厳しい流れになることが好走条件になりそうだ。

根岸Sは混戦模様。
速い馬にはコネが生じやすいが、今年は差しが決まりそうなので…。
ハイペース前残りは、出走すれば特注だ。

 

レース予想   コメント:0

クラシック展望②

読了までの目安時間:約 3分

 

ざっと、1月注目レースの短評から。
シンザン記念
約20年ぶりの重馬場。参考になる点は、やや厳しい流れでキョウヘイが強烈な決め手を発揮した以外、人気上位勢がしっかりと上位入線しているという事実だろう。
それぞれ成長が必要。3月には格が見えるはずだ。
フェアリーS
ライジングリーズンの決め手が素晴らしいというよりは、他の馬のパワーがちょっと足らず、人気のアエロリットはまたしてもの強い2着だったということで、上位2頭はひとまず水準レベル程度とみる。
どちらも時計勝負は合わないか。
京成杯
東スポ杯と違い、基準馬の選定にはもってこいのレイデオロの背後を追いかけて合戦となり、人気最上位のコマノインパルスが豪快な競馬でステークスウイナーの仲間入りを果たした。
ただ、シュリリー系の馬でスピード能力で勝負できるタイプは最初は好位抜け出し型が多いので、基準馬に落ち着くのではと思われる。

ジュニアC
紅梅S
若駒S

京都の1勝、オープンクラスが基本的にまともに決まっていないので、評価のしようがない部分がある。
ナイトバナレットがゴール前グイグイ伸びてきたジュニアCは前崩れで、そもそも外差し馬場。混戦ムードの紅梅Sもアロンザモナが強かったというよりも…。
ヴァナヘイム・無念の欠場の若駒Sは、紫菊賞勝ちのアダムバローズが連闘の身で勝利し、本番出走当確を決めた。
大物ではないだろうが…。

注目は寒竹賞爆勝ホウオウパフュームか。
レイデオロ級の末脚で、後に大一番を制するシーザリオ、サンテミリオンらに続く牝馬による優勝を果たした。
ハーツ×キングマンボなので、桜花賞を目指すよりは無難に東京2400Mの2択だろう。
若竹賞楽勝のウインブライトも、中山ではうるさいか。
ダート1400連勝中のアディラートは、明らかに適距離はもっと長いところのはずだから、春の1800戦などで崩れても、軽視は禁物。いずれ、チャンピオン路線に顔を出すだろう逸材だ。
新馬勝ちの組からは、関東牝馬の2頭、ルヴォワール、チリーシルバーを挙げておく。

1回京都最終日の芝1800圧勝の牝馬・ファンディーナは、母系に単調さがあるから、推挙するのは少し怖い。

 

コラム   コメント:0

新馬回顧<1/21・22>

読了までの目安時間:約 3分

 

しばらくぶりにまともな天候の下行われた土曜競馬は、中山と京都の4R、6Rにダートの新馬戦が組まれ、滞りなく施行された。
4Rはともに逃げ切りの決着。
中山1800で人気に応えたバトルプラン産駒のサイドチェンジは、ポツポツオープンクラスを出すタイキミステリーの一族。楽勝だったから、3勝は堅いところか。
京1400<牝・重>で勝ち上がったビップキャッツアイも、近親にマチカネニホンバレがいるシンボリクリスエス産駒で、力通りと映った。

一方、6Rは少々混戦になってしまった印象で、レベルも疑問という内容に。
好位組の叩き合いを制した中山1200のシャムロックは、かなり重厚な牝系にダイワメジャーを配されて、それでもなお速くない馬になってしまった感じで、もし成功するなら、芝の中距離のように思う。
京都は1800戦も重馬場。ペースが普通の割に、後方の押し上げもあって、人気馬総崩れ。松田騎手が絶妙のタイミングで仕掛けたホーリーブレイズに軍配は上がったが、フリオーソ×スキャンというのは評価が難しい。
それっぽい競馬であったとした方がいい。晩成型だろう。

日曜日は芝3戦。
中京、中山ではマイルの新馬戦が行われ、スリーランディア、セイウンキラビヤカと牝馬が勝利。京都1800も人気のディープ牝駒・ファンディーナが逃げ切り圧勝と、クラシック最終便に間に合わせたい組が続々登場した。
マイルで勝った2頭はそれぞれ、ストリートセンス、リーチザクラウンの産駒で、前に行って味がありそうなタイプ。逃げ切りと好位抜け出しというのは、いかにもの印象がある。

しかし、本質的に先行したいのは、もしかすると、母がピヴォタル×エーピーインディという配合のファディーナかもしれない。
結構マッチョタイプで、無駄肉が多いから体重が重いというパドック気配ではなかったから、岩田騎手の先行して押し切ろうとした判断は大いに支持したい。
よって、スローに落としすぎたり、下手に下げて末脚勝負に持ち込むような策は、距離短縮以外では通用しないだろう。
一戦ごとに、当たり外れがあるタイプのように思う。

 

レース回顧   コメント:0