2017年NHKマイルC レース回顧

JUST競馬予想ブログ

NHKマイルC -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

 

これは現状の3歳マイル戦線における力通りの結果だろう。
3Fから34.5-46.1-57.9。
この流れで好位から抜け出してきた上位3頭は、このレースに関しては文句なしのGⅠ級の走りをしたことになる。

アエロリットはロケットスタートから、ボンセルヴィーソに先行馬の仕事をさせ、終始手応え十分の構えから、直線は完全に自分たちの競馬に持ち込んだあたり、横山騎手の理想とする勝利の形であり、こういう馬に育ってほしいという青写真通りに、獲るべきタイトルをもらったようなところもある。
直前のブリリアントSでは、前走まで手綱を執っていたミツバが人気に応え、見事なオープン3勝目を上げていたが、この追い込み秋に騎乗した際に馬を逃げさせた<それもハイペースで>という戦法は、自分の型にもう一つか二つ引き出しを加えさせるために、自分流の魔法の掛け方というよりは、普通の競馬もできるようにするための準備をする中で、結果がうまいこといったというだけのこと。

主戦のパートナーたるアエロリットの弱点は気性であり、燃えすぎることをコントロールすることには、横山典弘ほどのベテランであれば、いくらでも対応策はあった。
ダシにされる形ながら、逃げたボンセルヴィーソも力を出し切って3着。
ただ、オッズは結構正しい評価をしていて、スピード能力はそのまま結果に反映されることになった。

外の方がいいのでは?
そういう声があったというが、単純な話、内が特別いいという馬場状態ではなかっただけだろう。
最近は高速化が度を越したところもあるから、そういうことに騎手の側もまた記者も敏感になっているのかもしれない。
外差しが連続して決まって、それがバイアスの掛かった馬場状態であるとは限らない。
今は新潟の方が、よっぽど外差し傾向にある。

揉まれないのはいいと思っていたリエノテソーロは、鞍上吉田隼人騎手曰く、勝たなきゃ意味がない。
ちょっと感動した。
でも、最後の坂上でアエロリットとの一騎打ちに持ち込めなかった辺り、北海道で示した通りのスピード型であり、川崎はメンバー手薄、不良馬場で平凡の時計だったように、いくらかライトな芝のマイル戦はこのようにこなせても、本質はもっと本格的な快速馬なのだろう。
坂を上って、少し外へ寄れていた。前も苦しいが、あの辺りに距離の壁があったように思う。
芝適性は、この先に関しては何も言えないが、似たような時計で乗り切ったメイショウボーラーのように、行ったり来たりする馬になるのかもしれない。
タイプ丸被りである。

レースの勝ち時計でも判るように、勝ち馬と2着くらいまでは、このレースの水準くらいのレベルの競馬ができたように思う。
衆目の一致するところだろう。
ただ、1分33秒台になると途端に、10頭が入線しているというのは、既知の牝馬戦線のレベルの高さが証明されたと同時に、割れたオッズが示す通りの展開次第、であったことも明らかになったように思う。
前回のような競馬をするつもりはなかったにせよ、アエロリットが後方にいて、リエノテソーロが内枠であったとすれば、それはぞっとするようなメンバーである。

気配だけならトップ3のガンサリュートは、穴馬評価とはいえ、それなりの流れに乗っても殿負け。
外がいいのに、ほぼ万全の仕上がりだったのに…。
実は、カラクレナイとアエロリットが距離に不安があって、ミスエルテやリエノテソーロの方が適性があるような気がしていたのだが、結局総合力を問われる時に結果を出せなかったわけだから、残念ながら、基本距離でこの結果は力不足を認めざるを得ない。
枠がよかったとはいえ、皐月賞2着のペルシアンナイトに前走で全く歯が立たなかったレッドアンシェルが、体調はともかく、メンバー中唯一の大幅体重減で4着だった。

牝馬は気性で走るところもあるが、桜花賞で疲れるほど走ったわけではない。
関西馬には苦しい番組ではあるが、この先どうすればいいのか、意外と迷うところだ。
特にカラクレナイの次走には、要注目だろう。
苦心の仕上げで体重増でも、大柄な牡馬が少なかったのに、今まであったスケール感の大きさのような気配がなかった。
失敗のローテにならないことを祈るしかない。

 

レース回顧   コメント:0

京都新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

 

行って持ち味を活かすしかなかったウインベラシアスが単騎先行するも、見た目よりずっと遅い1000M62秒台の通過。
が、ここでも馬群を牽引した組の能力は今一つで、伏兵は伸びきれなかった。
その流れを読んだかのようなサトノクロニクルは、どうやっても決め手比べでは見劣ってしまう馬だから、まだ1勝しかしていないということもあり、勝ちを狙った策のように映った。

しかし、序盤から少しストレスをかけた影響なのか、直線では大きく空いた内<京都外回りのスローではよくみる光景>にかなりもたれるように切れ込んで、ハーツクライ産駒でそこから立て直すのは少し時間がかかるから、時計のないダノンディスタンスくらいなら競り落とせたのだが…。

上手さを買って、それなりの自信をもって推したプラチナムバレットだが、これが意外と外枠からということもあって、すぐ隣のウインベラシアスの行きっぷりの良さを見て、大分無難な中団待機策となった。
京都外回りあるあるの前残しのパターンではあったが、そこはスマートレイアーの弟。
いつになく下げてからの直線勝負でも、ディープがいないのをいいことに、ただ一頭大外から前を捉えきって見せた。
黒光りこそ我が誇りという、サンデー系の継承者たるマンハッタンカフェの仔には珍しいこの芦毛馬は、やる前から結果は分かっているよ、と言わんばかりのわがままな差し切り勝ちで、ダービーへの出走をほぼ確定させた。

キレでも勝負できると分かった以上、一連の主要路線が異常な好時計決着になっている点からも、余力という面での魅力がある。
キャリアもある馬で、今回は中2週ながらプラス体重での出走。
弥生賞のダメージを感じさせない、鮮やかな勝ち方で優先出走権を得た東のダイワキャグニーともども、上手さを武器に戦えるこの中距離型の才能は、アドミラブル同様、侮れない伏兵となった。

 

レース回顧   コメント:0

NHKマイルC -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

 

牝馬が強いので、それを素直に信じて…。

ミスエルテ
ファンタジーS① 朝日杯FS④<1番人気>
リエノテソーロ
全日本2歳優駿① 芝3戦2勝
カラクレナイ
フィリーズレビュー① 桜花賞④
アエロリット
クイーンC② 桜花賞⑤

牡馬の重賞馬は全くあてにならないわけではないが、人気に応えたという感じで勝った馬はおらず、穴で快走の重賞1勝馬のみ。
軸にすることまでは考えられるが、これを頭で買いたいという馬は見当たらない。
しかし、それは牝馬の4頭もそうで、実は牝馬で唯一の東京マイルの経験馬・アエロリットが変に人気を集めても不思議ではないメンバー構成なので、これはこれで怖い。
一連の前哨戦群・トライアルのレベルが推して知るべしの状況で、そこから狙うのはあまりにも杜撰な気もするから、無理くり人気薄だろうという候補を探っているうちに、一頭だけに◎の印が残った。

◎リエノテソーロ
○ディバインコード
▲アエロリット

前走のアネモネSが、芝のマイルは初めて。
上手に回ってきて、最後は突き放すという競馬で4戦4勝とした2歳戦とは違い、まず、3角までの位置取りで、ただでさえ距離に不安がある中で15番枠を引き当て、中山マイルのまずまず流れた展開に早めの追い上げを強いられて、終いを失うという結果ながら、ライジングリーズンには差されたが、ゴール前で追いかけるという形は今まで一度も実践していない馬にしては、さすがはGⅠ馬という内容で、叩き台を無事終えた印象。

無論、そこで今まで通りにスムーズな競馬で抜け出すいつもの形で傷つかずの5連勝であったのなら、当然桜花賞だったろうが、それが絶対的な目標ではなかったのも事実。
もっと短い距離を求めようにも、この時期はまだ、古馬のレースにも参戦できないから、とりあえず挑戦したまでだろう。

しかし、混戦必至のマイルCへの参戦となれば、こちらには勝算と今後の可能性を展望したいという目的がなければ、使う意味はない。
前走はプラス10kg。
スピード型にしては小柄な440kg台の体重を道内の移動だけではなく、ナイターの川崎でもプラス体重で参戦というタフさだから、明らかに余裕残しだったのだろう。
2か月経ったから、この先を見据えて、ここは少なくともマイナス体重での参戦になる。

そもそも連闘も地方競馬参戦も大きな経験値であり、吉田隼人騎手もこの馬の持つスピード能力に疑う余地はない。
トラストが行こうとも、ボンセルヴィーソが主張しようとも、先行した実績のある馬だけに、色気をもって前につけるはずだ。
極端なハイペースは考えにくい。
実は同質と思われるアエロリット<ダート向きの配合という意味も含めて>や、ここまで強い馬には敵わなかったが安定感では群を抜いているディバインコードなど、派手さに人気を奪われれば、買いたいと思えるような馬は今回は主役候補だろう。

時計のない馬が多く、安定感にもどの馬も乏しい部分がある。
どうせ買うなら、まだ芝の重賞を勝っていない馬の方がいい。
このレースの勝者は、3分の1ほどが重賞初勝利である。
全日本2歳優駿もその前のエーデルワイス賞も楽勝なので、まだまだフレッシュなリエノテソーロにとっては、自分のスピード能力で出し切って勝負できる舞台として、その勝機がかなりあるように思う。
今年は総合力勝負の中距離型がかなり力不足なので、大いに勝負になるはずだ。

注カラクレナイ
ガンサリュート、タイセイスターリー、ミスエルテ、モンドキャンノ

絞るならこのメンバーという感じ。フレンチデピュティ直仔のクロフネを持つ馬は押さえたいから、兄がこのレースを勝っているタイセイと父も母父も勝っているガンサリュートは買わないわけにはいかない。
線は細いけど決め手はあるミスエルテ、モンドキャンノは、東京で直線勝負をかけるのは合いそう。
ただ、ダート血統が強いレース。
高速決着が想定される中で、引き続きAコースでレースが行われるから、前が簡単に止まることはなさそうで、ゴール前は大混戦必至である。

 

レース予想   コメント:0

京都新聞杯 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

 

東西とも、ダービー最終便は12頭立て。
青葉賞はハイレベル決着。
上位2頭は結構人気にもなる可能性もあるし、どちらの組も中身が伴っていないと、数合わせのにぎやかしにすらなり得ない。

今年は例年よりも、2200M以上の条件戦で実績のある馬がインヴィクタのみという組み合わせだから、ダービーの有力馬を送り込んだ毎日杯の4着馬・プラチナムバレットは、人気になる要素は揃っているが、あまり逆らうことはお勧めできない。
ディープ産駒もいないことだし、この馬の安定したレースぶりは、ここでは大きな武器となる。

デビューからコンスタントに使われ、なかなか勝ち切れない競馬が続いていたが、姉のスマートレイアーがそうであるように、使われていく中でいくらでも競馬がうまくなるタイプ。
勝ち味に遅いところでは、実際のところ、マンハッタンカフェの産駒でより当たり外れが大きくなりそうなところがあるようで、好位抜け出しのオーソドックスな競馬ができる馬だから、結果的に姉弟とも似た結果を残すことになった。
前走は、本質でそういう点が似ていそうなエクレアスパークル<ハーツクライ産駒>の追撃を凌ぎきった。

重賞の分だけ、ライバルは増えることになるが、同時に、自分の良さがより活きる競馬を自在に作れる強みは、格上がり初戦でこそ発揮されるとも思える。

◎プラチナムバレット
○インヴィクタ
▲ダノンディスタンス
△サトノクロニクル、カケルテソーロ、ゴールドハット

距離相応の重厚な印象の馬が多い組み合わせだけに、早い段階で器用さを示したインヴィクタ、ダノンディスタンスなどには、距離延長で活きてくる経験に期待が持てる。
オッズが読みづらい部分もあるが、早々1勝馬に出番はなく、休み明けも馬券にならないレース傾向があるから、自然と買い目は絞られる。

プリンシパルSはダイワキャグニーを再評価。
弥生賞はとんでもないスローで自滅。東京で同じ流れになったところで、揉まれる心配はいらない。
逃げるくらいの行き脚で抑えずに走らせれば、結果は自ずとついてくるはずだ。

 

レース予想   コメント:0

東京優駿展望

読了までの目安時間:約 3分

 

 

皐月賞を見ればわかるという年もある。
皐月賞の結果を再検証する必要のある年も多い。
今年はそのどちらでもあり、また、どちらがより本質を捉えているということもない。

再検証の必要はない。参考にすべきものが少ない。
見返した方が、結局よくわからなくなるということも、たまにはある。

皐月賞を検討していく中で課題となったのは、どの参考レースを最も重要視すべきかということであった。
春の阪神のGⅢ馬のワンツーに、一時はクラシック候補に上ったブレスジャーニーに敗れた組の一頭が3着。
朝日杯も主要前哨戦も、最後は頼りになるトライアル組も、実質的には壊滅であったから、いい時のイメージがぼやけにくいようないいレースをした馬と、違う部門の期待馬にチャンスが巡ってきたのである。

具体名を挙げることは困難という、皐月賞組の有力候補ではあるが、それならば、皐月賞で勝負にならなかった有力馬は、今度こそチャンスがあるのでは、と考えることも無理筋でないはずだ。
フラワーCの幻影は水泡に帰したものの、負け方を知ったファンディーナは、今度こそ本物のジョーカーとなる。
末脚が魅力のレイデオロ、スワーヴリチャードらも、実質、他流試合と化した第一冠で、多数がゴール板を駆け抜けた、上位組入線後の入着争いには参加している。

サトノアレスはややタフさが欠ける印象でも、直線勝負が歓迎の馬だから、全体のタイムが遅くなると、朝日杯の再現は有り得なくもない。

むしろ、速い馬であると証明した2000M未満で結果を残してきた池江厩舎組の方が、人気を大きく集めることはなくても、少々割り引きが必要であろう。
内残りで且つ前残りの皐月賞が、ダービーと関連性を持つことは、よりスピード決着が先鋭的になった近年の流れで、直接的な関連性を生み出す要因そのものがなくなりつつある。
皐月賞の方がレベルは高いとさえ言われる時代。

「そろそろ青葉賞から」
本家イギリスでも、2000ギニーから連続好走するのは至難の業であり、ダービーのトライアルから挑むという狙い方の方がより常識的に。
しかし、アドミラブルの快走にペルーサの姿を見た人も多いはず。
混迷極まれり、である。

 

レース予想   コメント:0

愛しき勝者たち

読了までの目安時間:約 3分

 

 

NHKマイルCの優勝馬は、実にバラエティに富んでいる。
キングマンボ直仔の2頭は、自身が完成の早さを示したこの舞台での見事な走りによって、その血の価値を自ら高めることによって、クラシックホースが輩出できる確率を上げるために必要な繁殖牝馬の質を確保することで、結果を残している。
東京2400Mの勝ち方も立派だったが、ディープスカイも遅ればせながら追いかけてきたように、基本距離であるマイルのタイトルを奪取したことが、多様な交配相手の選択肢を生産者側に与える効果をまざまざと示した。

一方で、タイキフォーチュンに始まり、ウインクリューガーやロジック、ジョーカプチーノにマイネルホウオウなど、上位人気馬が消えた時に台頭した穴馬の存在も、レース史を彩る上で必要不可欠な登場馬となる。

雨が多い時季に差し掛かるせいか、曇天や雨馬場のレースで、印象深い乱戦を目撃することが非常に多い。
時計の掛かったウインクリューガーの時や、馬場状態が雨の降り方で大きく変化したロジック、ピンクカメオの快走などは、まだ完全体になる前の改修直後の東京であったから、後の活躍が多数いる組み合わせながら、実力通りに決まらなかった典型的な波乱の構図である。

同じように、タイキフォーチュンに代表されるあまりにも速い時計の決着で、燃え尽き症候群に陥った勝者も多い。
古馬になっても比較的健闘したジョーカプチーノは例外で、時計だけなら普通だったシンボリインディは重賞1勝後の翌春にゲート内で暴れ、まさかの最期を遂げるなど、ろくに走った試しがない。
ミッキーアイルは快速型ながら、何かの壁があるかのような平凡な時計で押し切り、昨年のマイルCS優勝のエネルギーを余しておいた印象がある。
同じ逃げ切りでも、1分32秒台をこのレースの前にも叩き出していたメジャーエンブレムのその後は、皆の知るところだ。

非クラシック戦であるNHKマイルCの功罪は、その両面で大きい。
同時に、後腐れなくとはいかないまでも、このレースで栄誉を浴する関係者も多い。
初GⅠや復活の勝利。
競馬に情熱を注ぐ人間へのご褒美を授けるキャラは、きっと変わらないだろう。

 

コラム   コメント:0

智の結晶

読了までの目安時間:約 3分

 

 

天皇賞が終わり、春のGⅠ戦線は最盛期にして、折り返し地点を迎えた。
そんな中、谷間重賞の開催のみだった2回東京、3回京都開幕週では、地味ながら、滋味深くもある面白い3戦が展開された。

想定よりもずっと速い流れであった福島牝馬Sは、デンコウアンジュに乗った秋山騎手の大胆な捲りから、先行残りを目論んだクロコスミアとの併せ馬で、直線入口まで進行。
その後、小回り独特の差し脚勝負に展開し、最も仕掛けを遅らせたスプリント重賞勝ち馬のウキヨノカゼが、ゴール前に前をまとめて捉えきった。
ローカルに拠点を置く吉田隼人騎手は、お手馬のゴールドアクターとのコンビが事実上解消された中、プライドを示した。
武豊も戸崎も、福島では同格なのだ、と。

中央場所の2戦は、道中の強かなコース選択が絶妙であった。
外枠から機を見るに敏で、スロー見え見えで内目を通らないと勝ち目がないとロスのない競馬を心掛けたルメール騎手のアシストが、皐月賞以降ほとんど凡走なしも重賞すら勝ち切れないイスラボニータの本能を引き出した。
蛯名騎手の時も、まさかの出遅れからイン強襲で3着というマイルCSがあったが、勝つ時は意外と、インからスムーズに抜け出す形が合うようだ。

一方、同じくキレないと思われていた穴馬のモズカッチャンが、スローの前残りの馬場で、ゴール前強襲の意外な形で初重賞制覇を成し遂げたフローラSは、さすがにもうシャーと叫んでいられないベテラン・和田騎手の的確な判断が光った。

ゴール板通過後、己に酔うかのように喜びを表した姿は、オペラオーの相棒という重責を担っていた時とあまり変わっていないように見えて、彼が引退後、芝の重賞で1番人気に応えて勝利したのはただの2度しかない穴男ぶりを発揮したりと、味わいのある騎手へと成長したのである。

変則開催の日経新春杯を人気で勝った後、今度はテイエムオペラオーのジャパンC以来となる東京の重賞を12番人気で制した和田騎手は、いつもブレないファイターらしい本質はそのままに、勝負師としての円熟期を迎えようとしている。
同期の華・福永騎手もうかうかしていられない。

 

コラム   コメント:0

こうじゃない

読了までの目安時間:約 3分

 

 

秋の洋行を心待ちにしているファン、関係者の期待というか希望に応えることが、勝手知ったる春の天皇賞でもできたのなら、それを実行する根拠となる段取りが整ったと胸を張れるキタサンブラックは、有馬記念で死闘を演じた2頭を相手に、完璧な先行押し切りで圧倒した。

人気2頭は目指すべきものが共通しているから、春の狙いは決まっていた。
宝塚を目指すか、春天も使うか、勝ちに拘るか。
秋にGⅠを何度も使っていた馬が、また秋の大レースを勝ちに行くのだから、今無理はさせられない。

時を経て、体の芯ができることでよりハードな調教を課すことできるようになり、秘めたる潜在能力が現在全開状態のキタサンブラックは、元より体が大きい影響もあり、それほど使い込むことに向かない性質を持っている。
春天の時計は、その完成形を示す最高の舞台となった。

行くとするなら、宝塚記念を好走した上で、日本勢がよくやる直行のパターンが望ましいとしているのであろう。
ある意味、ローテの組み方は作為的である。
肉体的な消耗というより、精神面の回復に一定の期間が必要だから、宝塚かフォア賞1戦しか挟めないか。

サトノダイヤモンドは2400M以上のレースを4連勝し、人気になって春天を使われた。
結果、きれいな競馬を好む人馬には耐えられない競馬で3着。
消えなかっただけ御の字だ。

秋を展望する上で、事実上消滅したメトロポリタンSから宝塚記念に直行したナカヤマフェスタの成功例は、やはり見逃せない。
高齢ながら完成期に挑んだタップダンスシチーもそう。
チューニングを変えないといけない春天を、楽に勝てる相手だけが集まっていればいいが<ディープインパクトのみ例外という意>、多頭数で消耗戦を戦う高速決着の長距離GⅠに狙いをつけること自体、競馬サークルのガラパゴス化が顕著にあることの証拠である。

フランスの関係者さえ、ロンシャンの2400Mは特異という認識でいる。
ドバイに行って、それからどうやって馬を作っていくのか。
関東馬ではないが、飛行機での移動の経験は0と1以上では、雲泥の差である。
また決め手比べではないから、手ぬるいくらいの調教に慣らすことも大切だ。さて。

 

コラム   コメント:0

天皇賞(春)-回顧-

読了までの目安時間:約 6分

 

 

歴史に残るようなハイペースを作ったヤマカツライデン。
それを離れた2番手で、いつ自分の出番になるかと分かっているかのように上がっていったキタサン&武豊と、今年こそは勝てそうな気配で順調に使われてきたシュヴァルグラン。
レースの流れを牛耳ったのは、全て5歳馬だった。

内枠からのスタートは買い目ということで、かなり人気を集めることになったシャケトラは、3角下りに入る位置取り争いの後、かなりの行きっぷりで折り合うまで苦労した。
秋天でも見習ってほしいというような超ハイペースで、キタサンブラックの位置でも推定1000M60秒そこそこの流れで掛かってしまっては、どうにもならない。
外枠ということが、直前のレースになればなるほど、大きな死角になるとされたサトノダイヤモンドは、追い上げることには負担の大きくない中団待機策は、あまりにも速いこの流れであれば、普通は勝ったも同然なのだが、キャリアというより、守備範囲の中にあるスピード勝負での優位性は、この展開では活かせなかった。
昨年の春の天皇賞は、決して、ハイレベルではなかったされたが、冗談じゃないと言わんばかりの、1、3着によるワンツーであった。
もっと、平均的な時計の勝負であれば、恐らく、シュヴァルグランくらいは交わせたはずである。

勝負を分けたポイントも何も、スタートからスムーズに、昨年より出していかなかったのに、細かいラップではほとんど昨年の比ではないハイレベルの超先行力を見せたキタサンブラックと、それを恐れることはないと誰よりも知っている武豊騎手のリズムが、普通の長距離戦に対応するように作られてきた他の馬には、どうにも崩すことができなかったことにある。
この流れで、余程のことをしない限り楽なポジションなどない展開では、勝負勘と経験値の多さが結果に大きな影響与えることはよくある話だ。
その点で、日本競馬の根幹を成す競馬を全て知っているキタサンブラックと、その全てを色々なパターンで勝っている武豊が、このレースにおける最強コンビでないはずがない。

もはや、ディープインパクトの禁断のレコードは過去の話。
あれはスローペースから、強烈な決め手で突き抜けた直線での爆発力の出方が数字に反映されただけのものであり、今回のレコードは、日本競馬史上に残る金字塔である。
かつて、大井のダート2000Mを2分そこそこで逃げ切ったスマートファルコンに乗っていたのは、何を隠そう武豊騎手である。
人間の知らない世界を教えてくれる、誘ってくれるこの人を、腕が落ちただ、らしくないなどと見下した言い方をしていると、こういう目玉が飛び出るような新世界を、皆の共有財産にしてくれる。
それをいとも簡単にやってのけることを、口惜しいと思うのは勝手だが、それができる人は大分限られる。

すでに何度もGⅠで複数回好勝負をしている馬だけの争いになったが、こういう普通ではない展開では、必ずしも能力通りの結果になるとは限らない。
ただ、今回だけは、1番人気馬がディープインパクト以来勝利したように、長距離実績に対する正確な能力判断が可能だったから、時計勝負で崩れることは有り得なかったというだけのこと。

コース取り云々は2、3着の入れ替わりには影響するが、サトノダイヤモンドが脚を余したなどと誰も言うことはないはずだ。
ジャパンCを逃げ切った馬が相手である。
先行馬の有利な馬場ではあったが、差し馬がらしさを出すにはあまりにも過酷な追撃が必要だったわけで、キレる差し馬は今回全滅だった。

展望は開けた。
この距離は長いと、有力候補ながら大分下手に出たサトノ陣営が、この敗戦を完敗だと認めたところで、目標は変わらないはずだ。
多少は馬の作り方を変えるというだけで、変化がありすぎても、今度はまた掛かること以外の課題が生じかねない。
小回りの宝塚など使わない方がいいと思うが、今の出来なら、適距離の底力勝負は大歓迎だろう。

距離は長い方がいいという馬だったキタサンは、ずっと死角であった持ち時計の課題を、満点の回答でクリアした。
ローテ通りに宝塚を使った方が、後の仕上げは楽だろうが、レース間隔にさえ囚われなければ、別にアイリッシュチャンピオンを叩いても面白い。
この馬は意外と、2000M近辺では血統の字面通りに時計勝負歓迎である。
菊花賞馬より秋天好走馬の方が信用できるところのある春の天皇賞は、時に、2400Mよりもスタミナ勝負にならないことも多い。
今年それは当たらないが、スピード馬としての挑戦は、近年の高速決着の多い凱旋門賞で、意義あるものになる。

掲示板の5頭は「ディープ超え」を果たしたが、関東の不発弾と化しているディーマジェスティとゴールドアクターは、それと同格程度の時計で駆け抜けた。
復活の糸口くらいは掴めただろう。
共に、春天に縁のある名手が乗っていたから、いいものを引き出した部分もある。
これも期待だ。

 

レース回顧   コメント:0

ネオ初GⅠ制覇<香港・QEⅡC>

読了までの目安時間:約 2分

 

 

キタサンブラック驚愕のレコード樹立&レース連覇となった春の天皇賞から、およそ2時間後。
日曜の最終レース。香港・沙田競馬場で行われたクイーンエリザベスⅡ世Cに参戦していたネオリアリズムが、見事、モレイラ騎手に誘われ、嬉しい初GⅠ制覇を果たした。
日本でも人気になっていたパキスタンスター、特に、断然の支持を集めていたワーザーら地元の強豪を凌ぐという、かなりタフな競馬を強いられた中での先行押し切りなので、この結果は誇れるものとなった。

気性の難しさがあり、昨夏の札幌記念は休み明けの上に、堀厩舎の僚馬のモーリスにとって重要な一戦であったから、ルメール騎手は逃げるという禁じ手にも近い策を選択し、ものの見事に押し切ったものの、脚元を考慮すると使い詰めることもできず、また間をおいてマイルCSを使われ3着。
例によって、香港国際競走のステップとする馬の多いレースで、自厩舎の成功パターンに倣った使い方をしながら、香港マイルは9着と力を出し切れずに敗れていた。

中山記念は作り上げずとも、ミルコマジックで難敵を下し、中8週で万全のローテを組んで挑んだQEⅡは、兄リアルインパクトがそうであったように、本格化したことを改めて世に知らしめる意味でも、重要な一戦であった。

抑えながらの追走の選択をすると思いきや、我が庭を知り尽くしたモレイラの日本の経験を加味した「彼らしい」競馬をするための向こう流しからの先手主張は、簡単には任せない地元勢を負かすための勝負の策となった。
かつて、あのライスシャワーが復活した時のように…。
まだ若いネオリアリズム。この勝利が終わりの始まりになるはずがない。

 

ニュース   コメント:0