2018年大阪杯展望

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

大阪杯展望

読了までの目安時間:約 3分

 

さて、何ってたってブラックで鳴らした王者がいなくなり、次世代の権力闘争へと推移した復活組対新興勢力の構図が、いよいよこの大阪杯から始まる。

前哨戦たる京都記念は、道悪とスローペースで、結局、タフな菊花賞を戦った2頭による決着。

良馬場の古馬タイトルに届いた、少し負けただけの2頭は、自分のリズムで走れず、完敗を喫してしまった。

ただ、本命支持のレイデオロは、予定通りにドバイへ向かうようで、こちらに大きな影響を与える変化はなさそうだ。

宝塚記念へのコネクションが、昨年は連続好走という形ではないにせよ、うまく繋がったという印象で成功例を示した結果になった以上、秋への展望も含め、GⅠレースとしてのステータスは、もうすでに確立されているように感じる。

最終目的を据えている馬は、GⅡ時代からこのレースで人気に飲み込まれることはなかった。

直後の天皇賞、そこから宝塚記念なりもっと大きなタイトルを目指したりと、何かに目標を据えるというのは、レースの開催時期に起因する特性からも、一番大事にしないといけないものがある。

有力馬の注意事項をまとめておく。

サトノダイヤモンド

金鯱賞で求められるのは、結果ではなく、末の安定感が戻っているかどうかの確認。

不利があることの多い、多頭数の中京の中距離重賞は、他場との互換性が極端にないので、勝ち切ることに主眼を置くと、チューニングがおかしくなる。

立て直されていれば、3着くらいで十分。

スワーヴリチャード

休み明けでも走れるが、サトノダイヤモンド同様、詰めて使ったことがまだない。

叩かないと、皐月賞以上に中身のないレースになりえるし、有馬もいい内容とは言えない。

あの展開でも、阪神ならもっと惜しかった可能性もあるが、位置はとらないといけない。テーマのある前哨戦かが、好走のカギを握る。

シュヴァルグラン

もう6歳。距離は短いし、休み明けも怪しい。

でも、ここで崩れると直後の天皇賞も怪しい。昨年は勝ち馬がそのまま春天の覇者になった。

阪神は比較的得意…、という理由で使ってくるのだろうけど、難しい存在だ。

 

レース予想   コメント:0

騎手の取り合いになるか

読了までの目安時間:約 3分

 

<古馬王道路線考>

レイデオロが世界に飛び立つと、では、サトノダイヤモンドはどうなるのか?となってくる。

シュヴァルグランやサトノクラウンはしょっちゅう乗り替わりがあるし、ジャパニーズヨーロピアンの2騎手も、今では例外なく、国外戦では当たり前のように乗り替わる。

レイデオロが体調面に不安がなければ、恐らく次走はドバイだろう。

そこでは再びルメールに手が戻るはずだが、果たしてそのあとは…。

<主なお手馬・GⅠ好走馬に限定>

ルメール

レイデオロ

サトノダイヤモンド

ヴィブロス

(ディアドラ)

(ソウルスターリング)

デムーロ

モズカッチャン

サトノクラウン

シュヴァルグラン

(ペルシアンナイト)

(スワーヴリチャード)

これに、サトノクラウンなどに乗っているムーアやヴィブロスに翼を与えたモレイラなどが絡んでくる。

夏以降では、もっと複雑な乗り替わりが生じるはずだ。

日本の騎手ももっとやってくれないと困る。

幸い、3歳有力馬の鞍上は、ほぼ例外なくJRA生え抜きの騎手。

悲願のクラシック、ダービー制覇などに燃える騎手は、今年は特に多い。

古馬路線は、サトノダイヤモンドの休養とキタサンブラックの独壇場と化した状況において、下の世代の再調整や急成長もあって、ちょっと盛り返しつつある印象がある。

まだ層は薄いが、ジャパニーズヨーロピアンも手が足らなくなる日はそう遠くはない時期に訪れる。

日本の騎手に替わったり、地方出身の職人に手綱を託したり、パターンは色々想定される。

現に、フェブラリーSがそういう感じになって、前走で乗り替わりとなっていたGⅠ馬のワンツーだった。

トップジョッキーからの乗り換えというのは、リスクが少ないようで、案外、アプローチの違いが思わぬ敗因に繋がったりすることもある。

緊急措置ながら、レイデオロはまさにそうだった。

だから、ミルコ、クリストフらが乗れなかった馬の走りを気にした方が、妙味はありそう。

モズカッチャンなんかは、まだまだ違う騎手が乗ってきそうで、大舞台向きの底力を秘める。

海外帰り初戦でも心機一転の変更はありそうで、チャンピオンホースの違う化学反応に期待してみるのも面白い。

 

タグ :  

コラム   コメント:0

さよなら、先生

読了までの目安時間:約 3分

 

今年は、去る人多数で新顔はあまり多くはないという年になった。

2月いっぱいで競馬サークルを去ることになった12名の調教師。

濃い面々がこんなにも東西にいたのか、と改めて感じさせた、功労者たちの引き際の言葉を紹介したい。

小島太調教師
あっという間の52年。やるだけやった。

池上昌弘調教師
これからのことは、まだ何も考えられないですね。

尾形充弘調教師
もう少し感傷的になるかと思っていましたが…、競馬サークル全体に感謝です。

二本柳俊一調教師
多大なご支援を賜りまして務め上げることができました。

和田正道調教師
調教師生活最終日を迎えて思うことはただ一つ、感謝の一言です。

岩元市三調教師
騎手として初勝利を挙げた小倉競馬場で引退を迎えられて本当に感慨深いです。

加藤敬二調教師
よいこと、悪いこと、苦しいことなど沢山ありましたが、総じて楽しい調教師生活でした。

佐藤正雄調教師
大過なく最後まで過ごせたことが喜びです。

柴田光陽調教師
最後のレースで結果が出なくて残念でしたが、無事にレースを終えられてホッとしています。

目野哲也調教師
ここまでやってこられて満足していますし、最後は力が抜けました。

インパクト大のラストレースとなったダイアナヘイローを管理する福島信晴調教師は、武豊騎手の「競馬の神様にお願いした」という名コメントにかけて、

「神様より、豊君にお願いした」

と、感涙で有終の美を飾るのだった。

二ノ宮敬宇調教師は、土日の出走馬もなく、表向きは静かな週末となった。

あとは皆、時代錯誤的な定年による勇退。

ある意味、早期引退後も後進の教育に役立てる立場のようなものがあれば、もっと潤滑に世代交代が進むのではと感じた。

 

ニュース   コメント:0

新馬回顧<2/24・25>

読了までの目安時間:約 3分

 

いよいよ、新馬戦があるだけで貴重という最終開催に突入。

今週は芝の2000Mとダート1200M戦が、それぞれ中央場所で開催されたが、もう第3場での施行は予定されていない。

未勝利戦の方が当然のようにレベルが高い状況。

勝っても、負けても…、ではあるのだが、才能に対する正当な評価は与えないといけない。

土曜日は芝は中山、ダートは阪神。良馬場で行われた。

共に人気馬の快勝。力が違った。

中山で勝ったのは、ハーツクライの女馬・ルーモス。

期待もあったのだろうが、中団前目につけての好位抜け出しで、しっかりと競馬を仕込んだベテラン騎手のテーマを与えるレースプランを見て取れた。

自分の意志で前を捉えようという雰囲気もあったし、非常にお行儀のいい競馬。

フルゲートでのレースでこれができるのだから、2勝目はもう眼前にある。

阪神のトラベリングも似たようなところはあるが、ゴールドアリュール産駒でこちらはダート専門という感じ。

兄弟の中では一番出来のいい仔になりそうだが、何となく、血統の印象よりも完成度が早い印象もある。

早い段階で結果を残したい。

日曜はその逆。

阪神芝に関しては、秋の中距離の新馬戦のような血統馬の集ったレースになり、人気のトーセンスターダムの全妹・センテリュオが快勝するも、まだまだどこの馬も完成度で抜けた存在はなく、今すぐにどうという雰囲気はなかった。

勝ったセンテリュオは、やや気難しいところがあるのか、勝負所でかなり追われていたが、小柄な割に鋭さを感じさせる末脚は繰り出せなかった。

ここでは決め手がなくても…。負けてしまってもあまりダメージのない一戦だから、良血馬は追いかけた方が妙味ありだろう。

5着の大型馬・レーガノミクスなどは、平坦の1800で強そう。

中山のダートは、タイセイシュラークがいち早く抜け出し、後続の追撃を凌いだ。

カネヒキリ産駒で上がりもトップという、器用さもあるのはいい点。

東京のマイルくらいまでは守備範囲だろうし、早い段階で接戦を経験しているのはプラス。

 

レース回顧   コメント:0

阪急杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

思われているよりじっくり先行していく流れを今回作れたことと、武豊騎手のペース判断の正しさ。

昨年夏の連勝の内容を買って、前走は楽勝だろうと思っていて、ひどい内容の直線になってしまったシルクロードSとは一転、気分良く先行した時の強さ、今までは一本調子になってしまうことを考慮して番手に控えることを重視していたが、ここ2戦の不甲斐ない競馬を見つめ直し、鞍上の思惑は、人気馬2頭に脚を余らせる競馬での勝機へと繋がり、福島調教師に最後の重賞勝利をプレゼントした。

ダイアナヘイローは思われているよりずっと、神経が図太かったのである。

いささか、前哨戦とはいえ後方すぎるレッドファルクスは、乗り替わりの川田騎手。

モズアスコットはルメール戻りとて、まだ馬込みを捌けるような器用さを要求するほどのキャリアもない。

フランケルだから、悪さをしても何ら不思議はないという、何となくの印象もあっただろう。

先行馬に有利な流れは見えていた。

モズが届くか、レッドファルクスはどこまで前を追い詰められるか。

しかし、逃げ馬がそのままというような単純な組み合わせでもない。

色々勝ちパターンを想定していただろう武豊騎手は、伏兵陣、自分も含めてゆっくり先行する流れにしっかり乗れたから、ならばと、自分がより有利に持ち込める展開を自ら選択したのだった。

直前のすみれSが、実力馬のペースメーカーがいたとて、宝塚記念の良馬場時の時計くらいのタイムが出ていた。

このレースの勝ちタイムは、阪神Cと大して差のない1:20.1。

スプリント戦で1分7秒台の時計を持っている馬には、十分に対応可能な展開。

それもほぼマイペースで、自分で流れを作れさえすれば残れる。

確信をもって逃げた。そんな勝ち気の武豊を見た。

もう最近ではお馴染みのその姿。

痛快な復活劇。お見事である。

 

レース回顧   コメント:0

中山記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

予想された通りの超縦長の展開から、マイネルハニーが仲間外れになってしまう展開になったものの、ウインブライトやダブルラストランのディサイファが絶妙な先行ポジションを作り、前を行ったマルターズアポジー、アエロリットらをしっかりと射程圏に入れながらの仕掛け。

逃げようとした2頭、厳密には逃げるしかないマルターズアポジーと、色々考えて適当な前哨戦としてここを選んできた速いアエロリットは、前半の1000Mが59秒台前半で走れた。

こんなに楽に、自分のらしさも殺さずに、ベテラン両騎手らしい相手にも一定のダメージを与えつつ、結局、ゴール前は粘っているという展開は、中山の内回りを知り尽くした者が、毎年のように繰り返してきたリピーター<騎手もそう>による、自分が有利に持ち込む競馬の典型例であった。

多少は速いと言っても、先行した2人は全くそんなことは思っていない。

それでは差し馬に出番が訪れることはない。

そんな中で、筆者の思惑がちょっとずれてしまったと思うのが、アエロリットがマルターズアポジーを壁にすること、それがベストであり、ここはあくまで叩き台であるとして、500kgを超えてしまったことが、ちょっと最後の反応にマイナスになった面があったことか。

逃げてしまえば、あまり終いの脚の伸びというのは、重要なようでそんなことはないことは、似たような状況で圧勝したクイーンSで証明している。

ただ、やや気性に不安のあるタイプであるアエロリットを、一本調子にさせないように、あえて巧い騎手を乗せて中距離戦に挑んできた中で、寒さもあったのだろうか、予定通りの調教でありながら、クイーンSの496kgと今回の504kgでは、相手関係も考えたら、ちょっと勝負気配ではなかったことが、パドック気配でもわかってしまった。

前に行く馬がはっきりしているので、前哨戦の競馬に徹したらいいペルシアンナイトは、ある意味、後ろからの競馬を選択するよりほかはなかった。

差して5着。

マルターズアポジーが粘りこめる展開で、それは急坂のある中山では、まず差し切り1着の目はない。

ヴィブロスも全体のパワフルさが増して、秋から見せていた、いかにも古馬になったハルーワスウィートの仔という気配ながら、こちらはもっと線が細い馬だから、昨年の緩い流れでも対応できなかったのだとすれば、掲示板外しも致し方なし。

GⅠ馬で勝負になりそうだったのは、最初からアエロリットだけ。

それが言うほどは太くないけれども、よく指標になる500kg前後のパワフルボディがどういう形に出るかという点で、まあ、楽に走れてしまったからこそ、ウインブライトみたいな平均ペース型の馬には最高の展開で、臨戦過程から、松岡騎手も終始勝ちを狙っていたインタビューもコメントも聞かれ、自分の流れに持ち込めた絶好機としたのが、スパートのタイミングがピタリとはまったウインブライトであり、直線失速しそうなようで、脚はまだ残していたアエロリットも、最後はマルターズアポジーを交わし2着という結末。

差せる競馬にはならなかったが、前に行ったなりに、それなりの末の残し方があって、その中でいかに自分たちの良さを出し切るかという、結果的にではなく、潜在的にあった中山記念の特性がそのまま表れたような展開であった。

GⅠ馬に損はなく、勝つべき存在はしっかりと結果を残し、マルターズアポジーでさえ、中山の重賞でようやく結果を出せた。

唯一、ウインブライトが完璧すぎたことで、相手が後ろにいることを意識して、結果、早いスパートになったサクラアンプルールだけは、うまくいかなかったという、皆が納得の結末を迎えるのであった。

いかにも、中山記念である。

 

レース回顧   コメント:0

中山記念 -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

先週クロフネに、カラっからダートの罠へと一緒に誘われてしまったが、今週も芝の代表馬・アエロリットが登場する。

マルターズアポジーやマイネルハニー、つつかれる厄介そうなデムーロ騎手のペルシアンナイトらが厄介な相手。

秋華賞はペースも馬場もあるが、ファンディーナが何とかしたいという思いで攻めてきて、かなり消耗の激しい展開になった。

前走のクイーンSで気持ちよく逃げ切った後のレースで、直前の輸送とかなりストレスを抱えた中での小回りの競馬は、その前回で課題にあったものを隠してしまうような持ち味と鞍上のリスクマネージメントに長けた、経験に裏打ちされたアシストもあっての快勝とは、全く異なる展開であり、揉まれたことが最大の敗因。

マイルまでは自分のリードで競馬するという流れを作れるが、1800M以上となると難しい。

一息で押し切れる可能性はあった。

2戦目 サフラン賞②

35.2-46.7-59.0

3戦目 フェアリーS②

34.7-46.1-58.0

4戦目 クイーンC②

34.8-46.8-59.1

という、マイル戦でのやや若いうちは激しい競馬での惜敗の連続で、出遅れで競馬にならなかった桜花賞の次戦、

6戦目 NHKマイルC①

34.5-46.1-57.9

という結果に、全てが表れている。

全て正攻法の競馬。スピードが有り余る、やや気の立ったタイプとはいえ、その影響でポン駆けは利く。

今回はクイーンSと似た展開には成りえないにしても、その時の臨戦過程とは似ていなくはない。

マルターズアポジーは関屋記念を、

35.2-46.6-57.9

で押し切っている。

日本女子スピードスケートのチームパシュートで完成させた、一糸乱れぬ一体感のようなものをデジャヴュさせる何かはあっても、常に坂のあるコースで大一番を狙っているアエロリットと、そういうコースでは伏兵評価に止まるマルターズアポジーとは、本質的な能力が違う。

無論、完成期の6歳馬ともしかすると早熟<牝馬は特に多いパターン>、よくてもスケールダウンも想定される4歳牝馬という構図は、意外な展開を孕む可能性はある。

同時に、途中からだが、今回も当然のように跨る横山騎手が携わった同父のホエールキャプチャのような、ここで何とかGⅠを、作戦のような成功例にまた倣うこともできなくはない。

個人的には、本質中距離型で、そこではライバルが豊富で何とかマイルでGⅠに届いたペルシアンナイトとは、アエロリットのここまで示した能力値がまるで違うと思っている。

本当に怖いのは、差しても渋とく追走してきそうな路線の主タイプ。

それにドバイターフ連覇を目指すヴィブロスだろう。

鞍上のどこかに、レースで出しにされてしまうのは嫌だ、という気持ちがありそうなアエロリット陣営は、前走の敗因をしっかりと咀嚼した中で解釈し、よほどのことがあれば別だが、極端に下げることもグイグイ前を進むタイムトライアル的な競馬もしないように思う。

上手にやりこなしてくれたら、それでいい。

それが返って、他の馬の力を露呈させる可能性が、今回に関しては大いにあると思う。

スピードは足りなくても、快速血統でもやや重たい芝の状態になりがちな開幕週の中山。

軽々に進む馬でも脚を取られる、サイレンススズカを普通の快速型に止めたレース史に倣い、マイネルグループのウインブライトやマイネルハニーの安定感を、対抗馬に相応しい言わば適役と捉えたい。

他のGⅠ馬は例年ほどのレベルではないし、やや本格派という雰囲気に欠ける。

本物はアエロリットだけと考え、

◎アエロリット

○ウインブライト

▲マイネルハニー

注マルターズアポジー

△ヴィブロス、ショウナンバッハ

と結論付けた。

 

レース予想   コメント:0

阪急杯 -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

昨年のシュウジのことはあるが、今年は本命候補にGⅠ馬が混ざっている。

18頭、実に多士済々のメンバー。

そういうレースだからこそ、というのもあるが…。

怪気炎を上げ続ける安定感あふれる伏兵という評価をここらで一変させたい関東馬・ディバインコードを、意外性ではないところで狙い目十分と見て、ここは穴狙いとして買ってみたい。

ここまで東京のマイルの重賞では2戦して4着以下だが、それ以外に関しては、【3340】という好内容。

勝てはしないが、いつも健闘するというよくいるタイプのエース級だ。

まあ、重賞ではほとんど完敗という結果だから、見た目ほどは信頼に足る本命とはなりえないのだが、マイル未満の距離では一度も崩れていないのは強気になれる。

1400Mしか使っていないのは、一定の距離に対する対応力を見極めたいということより、GⅠに適距離がないため。

そうこうしているうちに、意外なハイレベルとなった東京新聞杯でリスグラシューと2馬身弱の5着に、好位から粘り込みで入線。

姉はワンスインナムーン、母ツーデイズノーチスでややスピード型の配合。

マツリダゴッホという名が気にかかるが、この一族も案外長い距離に本質的に向くわけではないから、1400Mでハイペースもスローペースも関係なく上位入線できる安定感は、こういう誰も見ていないような状況では、とても面白みのあるタイプに思える。

ゆっくりと体も大きくなり、若い頃より中身が伴った善戦マンは、姉の進んだ成長ロードと瓜二つ。

一気に姉越えの重賞制覇は、決して夢物語ではない。

時計勝負も一定レベルまで対応可能なのは、開幕週の競馬では有利。

色々なタイプの馬に流したい。

◎ディバインコード

○モーニン

▲モズアスコット

注レッドファルクス

△カラクレナイ、ダイアナヘイロー、ペイシャフェリシタ

モーニンに関しては、初芝を1:20.1で駆けたことを評価したい。

少なくとも、昨年3着のナガラオリオンよりは強い。

 

レース予想   コメント:0

高松宮記念展望

読了までの目安時間:約 3分

 

ファインニードルの今期緒戦快勝は、ある意味明るいニュース。

同時に、その他が淘汰されてしまった印象を残しつつ、シルクロードSの近年の極端なバイアス傾向は、2年前のビッグアーサーのような危ない人気馬に推されながらの快勝という、本番での一変の可能性を秘めるから、ちょっと怖い。

いや、前までは平坦だった中京のレースは、今は直線の長い急坂もあるコースへの変貌により、全体のレース傾向がまるっきり変化してしまっただけではなく、近年のよくわからない異常天候にみられる雨の降り方、降らなさ具合などに多分に影響されるバイアス傾向顕著な春序盤のGⅠの流れに、今最も振れ幅の大きなレースとなってしまった面を考慮しないわけにはいくまい。

バイアス×バイアスとなると、前哨戦の内容もそれまでの実績も重要ではなくなる。

人気に応えたエアロヴェロシティや先述のビッグアーサーなどは、雨馬場なり高速馬場での実績があったから、直前になって意趣返し、なんて急転直下の買い足しが吉と出る可能性もあったわけだが、そういうことがあったかなかったは別にして、秋のスプリンターズSに比べると、<勝ち馬/1人敗戦馬>

'12 カレンチャン/ロードカナロア

'13 ロードカナロア

'14 コパノリチャード/ストレイトガール

'15 エアロヴェロシティ/ストレイトガール

'16 ビッグアーサー

'17 セイウンコウセイ/レッドファルクス

などなど、縦の歴史で見ると、全くもって不可解な存在はいないという結果になっている。

だから一定の実績、昨年でいえば、雨馬場への対応力を求められた際のパフォーマンス、コパノリチャードだって前哨戦圧勝後の非1番人気馬だから、無理筋で推したい馬を挙げるのはあまり得策とは言えないのである。

最近非常に多い道悪では、昨年の上位入線馬はだいたい参戦してくる見込みで、大不振から少しだけ持ち直してきたセイウンコウセイはどこかには押さえておく必要はあるか。

レース傾向から、もう夏の時点では注目馬になっていたような馬でないと苦しい。

ファインニードルはもちろん、軽めに京都牝馬Sを叩き台に使って案外の5着だったワンスインナムーンも、この時期までは元気だから注意したい。

 

レース予想   コメント:0

新最強世代列伝

読了までの目安時間:約 3分

 

'04<新血統馬世代>

クラシックホース

ダンスインザムード

ダイワエルシエーロ

ダイワメジャー

キングカメハメハ

デルタブルース

(ヤマニンシュクル)

(コスモサンビーム)

フ1 高0 大ー 春1 V1 安1 宝1 ス0 秋2 エ1 マ3 J0 チ0 有1

ハーツクライ

スイープトウショウ

中距離路線の中心的存在になった宝塚記念の1、2着馬。

コスモバルク

国際派が当たり前になり、ボーダレス化を具現化した名馬世代。

一つ下のディープ世代はゼロではないが、シーザリオのアメリカ芝での快挙を除くと、名馬が多かった割に、目立った記録はないのとは雲泥の差。

おまけに、地方所属の芝馬まで海外GⅠを勝っている。多角化が進んだのも、長く活躍できる馬が多かったからこそ。

クラシックホース輩出の種牡馬は、

ダイワメジャー 桜

キングカメハメハ 桜・皐・ダ2

ハーツクライ オ・ダ

クラシックホースのみでは難しいから1つ欠けは仕方ないが、ディープの次に挙がる種牡馬が多数。

ダートは目立たなかった世代ながら、キングカメハメハは10個の栄冠を勝ち取ったホッコータルマエと三冠牝馬のアパパネに、短距離制覇者のロードカナロアという真打ちがダメを押した。

まだサンデーが元気だった時代で、その直仔は当然活躍していたが、皆、伏兵か非王道路線の覇者ばかり。

本当の意味でのサンデーのエースは、ハーツクライというよりは、紆余曲折を経て5歳時に再び自分を取り戻したダンスインザムードだろうか。

ダンス一族最後の大物。

この辺りから、牝系の重要度や兄弟の活躍度合いが結果に影響するようになってきた。

新旧の名血が、いろいろな路線で活躍。だから、サンデーである、というブランドはこの辺りで完全に都落ちの状態に陥るのだった。

ディープ世代のサンデー爆発の翌年、GⅠ馬は2頭のみになり、孫の世代が活躍するようになった。

そのステータスを、この世代の名馬が守っている。

クラシックホースが出ているという意味が、ようやく変質した時代の分かれ目でもあるわけだ。

8歳秋に春が訪れたカンパニーの一族も、今や3歳から活躍するクラシック血統になりつつある。

 

タグ :  

コラム   コメント:0