春の天皇賞 コラム

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

春天転換期

読了までの目安時間:約 3分

 

2017

史上最高の春の天皇賞だと、筆者は断言する。

王者が制し、その後にもGⅠ馬が続いた。これがあったから、負けたけれどもJC制覇に繋げたシュヴァルグランの転機だったという考え方もあっていい。

面白かった。

ヤマカツライデンの果敢な大逃げと、キタサンブラックを知り尽くした武豊騎手の強かにして積極的な勝負への姿勢。

追う側の狙いと伏兵の戦い方など、見るべきものはたくさんあった。

不発の関東馬は残念だったが、地元関西の有能な古馬が実績に見合った走りを見せ、レースを締めた。

ある意味、終始狙い通りのイン溜め→直線鋭伸を目論んだアドマイヤゼウスの伏兵らしい走りも、惜しいというところまでは見せたが、普通に考えて、前年の京都大賞典2着馬。

その前に自分の持ち味を消されるような負け方をしていたから100倍のオッズも、結果だけ見たら、ビートブラックやカレンミロティックを忘れたのか、という話であったように思う。

坂を上っている時から、後ろの動きに左右されず、本来自分がとるべき「直線入り口で内に馬を置かない先頭グループにいる」というスタンスを踏襲した武騎手は、やはり、普通の思考回路ではない。

誰がどう考えても速いわけで、後ろだって追いかけるので精一杯。

勝負の常道ならば、下りは我慢である。

しかし、前がタレることを計算に入れて、それでも、伏兵のイン強襲や追撃者の理想的な追い上げを許さないために、誰でも踏み入れることのできないゾーンに、自ら好敵手を誘ったのである。

この馬なら大丈夫だと思って…。

3:12.5はキタサンブラックのものである。

しかし、その時計で走らせたのは、紛れもなく武豊。

直前の大阪杯がかなりの楽勝で、あまり詰めて使うことはない馬に中3週のローテを課しながら、ハードに攻めた調教は圧巻だった。

そりゃ、宝塚は走らないよ。

鞍上が見ていたのは、シャンティイで走るイメージ図だったのだろうか。

そう考えると、あの仕掛けにも合点がいく。

ここまで明確な「仕掛け」は、自信の表れだったのかもしれない。

鞍上にも意地がある。

この辺りから、武豊は通常運転に回復したように見受けられる。

 

コラム   コメント:0

春天隆盛期は武豊史<90年代~オペラオー連覇>

読了までの目安時間:約 3分

 

菊花賞はレコードタイムの更新が4度あった。

しかし、このレースにおけるそれは、大レコードへの挑戦と同時に、究極体になるために必要な洗礼の意味合いもあった。

物語は前述のパーソロン戦争の前、スーパークリークやイナリワンなどの活躍でもわかるように、武豊の年ごとの成長を見るための図解という側面も孕む。

彼が一流になったから、レースも盛り上がった。先輩も意地を見せた。が、それがなくなったから、06年のディープ・レコード走を境に、勝ち運からも見放されていったのだろう、と、今では思うこともある。

マックイーンの三連覇と武五連覇を封じたのは、究極の敵役を演じ続けた的場均のライスシャワー。

それが途切れることで、岡部、的場、ほぼ同期の横山など、なかなかに勝負強い名手に手こずることになる。

結果的に、勝てそうな馬に乗っていなかったということになるが、それはちょっと前の彼の立ち位置とデジャヴュする。

トップガン×田原の期待に応えない乗り方でレコード勝ちするあのレースは、20代の武、横山を大いに刺激した。

後にダービーでおめでとうございますと声をかけた兄弟子・河内にラストシーズンを意識させる存在となったメジロブライトが制した時は、騎乗さえせず。

ただ、彼に先越す形でダービージョッキーになった武豊は、愛しきパートナー・スペシャルウィークで、正攻法でのブライト斬りを99年に達成する。

これが彼自身、5度目の春の盾奪取。

この頃からだったろうか、一つのゴールから、通過点とされてきたのは。

翌年、再び武を悩ませる絶対安定王者・覚醒版テイエムオペラオーと相対することになる。

ちょうど一年前は、アドマイヤベガでいいとこどりしていたのに、自分が今までそうであったことを逆に痛感させるかのごとき、和田なる当時は若造に好き勝手やられる始末。

その始まりはこの春天。

普通にいい位置につけられ、簡単に勝たれる。

ディープで制するまで、再び雌伏の季節を過ごす中で、年間200勝という金字塔を成し遂げるなど、どんどん成長した武豊は、紆余曲折を経た後、究極の春の天皇賞を体現するに至った。

 

コラム   コメント:0

春天激突史

読了までの目安時間:約 3分

 

激突と言っても、色々ある。古馬最高の栄誉を懸けた争いだけに、臨戦過程にはそれぞれの名馬たちのキャラクターが凝縮されている。

例えば、三冠馬リメイクマッチラウンドⅢとか。
 

'85 優等生対クラッシャー

菊花賞の勝ち方がまるで違うから、断然ルドルフ有利と騒がれていた。

そもそも直接対決で連敗中だったシービー。

捲って出るも…。

最初からいい位置を取れば簡単なのに、と言わんばかりのルドルフの勝ち方が、今度はルドルフ自身のドラマを作っていく。

宝塚回避、秋天での不覚、アメリカ遠征の屈辱…。どんな馬にもドラマがある。本当に強かったルドルフは、あの有馬ではなく、ここまでだったような気もする。

 
世紀の対決 '92

マイバブー系の傑作が2つの才能を生んだ。

シンボリルドルフ直系

メジロアサマ-ティターン-マックイーンと続く、ネアルコの血をできるだけ排除したメジロ血脈。

人気は不敗のルドルフ直仔・トウカイテイオーだったが、実力では一枚も二枚もマックイーン。

何せ、マックは一年間古馬の中で揉まれてきたのだ。

結果もマックイーンが圧勝。ついて来いよと言わんばかりの王者に、見事に付き合わされたテイオーは、骨折明け2戦目の影響もあってか、直線で完全に失速した。

が、マックイーンも以後故障。秋はテイオーが様々違う表情を見せ、ファンを魅了するのであった。

 
世紀の不発 '12

1強評価を受けたオルフェーヴルだが、最近の話、あの阪神大賞典の人馬のリズムを著しく崩した3角逸走は、伝説の中にまだ取り込まれる前の新鮮なストーリーとして、皆が覚えている。

春天の後の宝塚記念が鮮やかすぎたから、このレースでの単なる不発には、意外なほど印象が残っていない。

外を回って、前と離され過ぎて、無駄に大外を走って伸びきれず。

何の意味があったのか。

有馬の快走に繋がったかもしれないが…。

クラシックホースの悲哀は、先輩たちの辿った道でもある。正式に潜伏期に入り、たまにフランスでやる気を見せるも空回り…。

ある意味、もうGⅠ馬・オルフェーヴルは終わっていたのかもしれない。

 

コラム   コメント:0

ユタカ、騎乗停止余波

読了までの目安時間:約 2分

 

問題の事象が発生したのは、日曜京都の芝1200M戦。

8レース、古馬500万下条件でのことであった。

平均よりやや緩めの展開から、最内枠スタートのサイモンゼーレがやや行きたがるところを、スムーズに外に出せればよかったのだが、流れもあって、武豊騎手も前と左方の各馬の動きを見ながら進出しようとする中、アドマイヤジャズとの間に挟まれてしまった鞍上加藤祥太騎手のシアンの進路を塞いでしまい、その際に、かなり加藤騎手が手綱を引いたことにより、直後にいた和田騎手騎乗のプレシャスロードが煽りを受け、結果的に一番大きな不利を受け、レースにならず…、というのが、このレースの概要。

7位入線のサイモンゼーレ号は降着にこそならなかったが、鞍上の判断、御法に関し、アンフェアな騎乗をしたとして、武豊騎手には4月28日からの9日間、中央開催分では実効4日間の騎乗停止処分が下された。

これにより、春の天皇賞で人気になることが予想されたクリンチャー、NHKマイルCで初コンビを組む予定だったケイアイノーテックら、GⅠでの参戦予定だった各馬への騎乗は不可能となり、ケイアイノーテックには藤岡佑介騎手が騎乗することが決まったようだ。

平成初期の4連覇以来の春天3連覇も懸かっていただけに、記録の面でも大変残念な騎乗停止となった。

まだ1kgもらいの加藤騎手とすれば、まさか天下の武豊があんな乗り方をするとは…、というところだろう。

春天の有力馬陣営の差し金では、という意見に乗るつもりはないが、主催者の裁定に関しては、少々厳しすぎる気もしないではない。

 

ニュース   コメント:0

マイラーズC -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

想定されたペースを考えたら、モズアスコットに乗ったルメール騎手の判断に誤りはなかったはずだ。

ただ、こういう競馬をやったことにない馬が、レコード決着に持ち込むときには、無傷であるとか少なくとも連勝中であるとか、もちろん、キャリアの面で他のライバルより上でないといけないという要素が加わった条件ではないと、案外苦しいものだ。

最後はちょっと伸びきれなかったか。いや、よく頑張っているとすべきだろう。

初めて、オープンのかなりのレベルの競馬を自分で作っていっての2着なのだから。

納得の結果だったように思う。

そういう展開で、これまで上々の青春取り戻し作戦を遂行していたロジクライが、自分の持ち味を出そうとして、そういう形には持ち込んでいる。

差し馬人気ながら、エアスピネルに極限の決め手があるわけではない。

ベテランの伏兵も多く、あと勝負になりそうだったのは、ダッシングブレイズとサングレーザー。

ただし、ダッシングブレイズが今年は詰めて使えている分、いい頃の大物感溢れる走りには程遠い状況で、これも勝負には加われず。

1400ベースのディープ的差し脚をこれまで追求してきた福永騎手のサングレーザーが、最後は凄まじい決め手で前を呑み込み、見事に重賞2勝目を挙げることになった。

口惜しくてたまらないだろう福永騎手が、前日の東京では元気になって、しっかりと結果を残した。

馬にしても、本来使うべきレースをいくつもパスして、恐らくは、この春は最初から安田記念一本に絞ったローテで行こうと決めていたように、秋には使い込んだ分をしっかりとと立て直し、フレッシュな状態で好メンバーを打ち負かしたのだ。

レコード決着に関しては、最近の天候の影響もあるのだろうから、真に受ける必要はないか。

この手の勝負は、1400得意の勝ち馬には向いたのだろうけど、いい武器を持っている馬である。

 

レース回顧   コメント:0

フローラS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

一頭だけ別の競馬、また他とは違うローテでトライアルに挑み、かなりの後傾ラップの中で直線勝負での快勝。

思われているより、サトノワルキューレという馬は、自力勝負に向く本格派のディープ産駒であったということだろう。

スタート抜群で、いつどこからでも抜け出せそうなオハナが、揉まれたのが良くないのか、単に仕上がっていなかったのか、馬体を見る限りは言うことなしのように映ったライバルは、そのようにして勝手に負けていったわけで、サラキアの内枠もあまりプラスにならず、返って、スローに流れて外枠の伏兵が伸びのに走れたことで、非ディープの最上位人気馬であるノームコアも力を出し切れる展開。

ただ、条件が合っていたかどうかはともかく、大きく体を使えるように位置取りを無視したような策で無理な追走を序盤からせずに、しかし、直線ではあっさりの一気の脚を使ってしまったサトノワルキューレは、あまり全体のレースのリズムとは関係のないところで、素晴らしい末脚を繰り出したという結果しか、どうも印象に残らなかった。

父は言わずもがなのディープインパクト。

母系は南米、それもあまり日本に輸入されることのないブラジル経由の変わった血統で、レイズアネイティヴ系とリファールのラインが入っているから、何となくイメージはつくものの、リファールのクロスが入っていたり、父のロワノルマンはリュティエやカルヴァンといったフランスの血が入った系統で、詰まるところは、北半球の主要生産国っでは役に立たないけれども、独自の発展を遂げた南半球の馬産には有益な血が、日本にもお裾分けされたような印象で、生産者からするとありがたい話なのだろうが、血統に一定の予想のファクターを求めるファンには、まだまだ未知なる戦いが待っていそうな雰囲気を醸し出している。

軽いヨーロピアンだから、レースレコードの流れにも適応できた可能性を求める一方で、こういう配合の馬が、いざ距離が伸びたGⅠレースで、このような馬場の中で時計勝負になって、日本に馴染みのある配合だとイメージできるものがあっても、これだと読み切れない。

アーモンドアイに屈したラッキーライラックのような構図…、と比喩すればよいのだろうか。

アーモンドアイにとって、この未知なる刺客は、かなりの脅威になる。

何せ、鞍上同様、どういう競馬をするか見えないのだから。

少なくとも、完成するにまだそれなりの時間が必要でも、父と同じような体のサイズながら、しなやかさと力強さを併せ持った素晴らしい馬体に、サトノワルキューレの才能は、パドックの段階からすでに、異彩を放っていたということだけは断言できる。

違いがそのまま、結果として現れた一戦。

超伏兵、ルーラーシップ×アニメイトバイオという配合の力だけで、やや距離不安を秘めていたノームコアでねじ伏せたパイオニアバイオ以下とは、使うべき物差しが違うようだ。

ワルキューレにとって本当は、こちらの距離の方が適性があるような気もしないではないが…。

ここまでの段階では、強敵出現ということでいいだろう。

 

レース回顧   コメント:0

フローラS -予想-

読了までの目安時間:約 5分

 

ディープを追いかけるのは、もはや、オッズ面を考慮するとかなりのリスクになるというようなクラシック一冠目のレース結果がある。

両方のレースで、ディープインパクト産駒が空振り、それも人気馬がいた中での不発となると、産駒デビューから今年で7年目を迎える中、実は初めてのことになる。

おかしなものである。

一方は時計勝負、もう一方はタフな稍重での競馬。

桜花賞には縁があって然るべき展開だったはずなのに、好走の人気上位馬は、オルフェーヴル、ロードカナロア、ルーラーシップと、パワー型が独占。

その流れを汲むように、オルフェーヴル-ルーラーシップ-スクリーンヒーローで決まった皐月賞。

今回のフローラSには、オハナ、サトノワルキューレ、サラキア、レッドベルローズに加え、エルフィンS2着の良血馬・ノーブルカリナンも登場するから、ある意味、パニックを起こす原因ともなりかねない状況になった。

ここまで一応、ディープインパクトのポテンシャルを評価するが…。

筆者は一貫して、この世代は芝・ダート、牡と牝問わずに、全ての路線が充実していると考えてきた。

色々な馬にチャンスがあるからこそ、その裏の面が皐月賞で現れ、総合力のマイルGⅠとなった桜花賞は、ほぼ力通りの結果。

牝馬は牡馬よりは、血統面の水準にいくらかルーズさがあって、直系の力がそこまで重要ではない面を持っているから、あの桜花賞も必然的な結果と捉えている。

東京の重馬場、中山のタフなコンディションにも適応、ハイレベル決着のクイーンCで小柄な体でも頑張って4着に入ったオハナに、距離への融通性を感じたので、これを本命に推す。

母系はノースフライト以外はそこまで素晴らしい結果を残している馬がいないものの、そのフィルターを通すことで、隔世遺伝の可能性や直系の底力をダイレクトに引き出すイメージを持たせる期待馬がこれまで何頭も登場している一族だから、姉であるハナレイムーンより気持ち頼りない馬体ながら、秘めたる底力では、ここまで孫世代ではかなりの上位にいると思わせるものがある。

先述の戦績に加え、ワンターンでキレる脚を持ち味にする後傾ラップ型が大半の一族に対し、前走のクイーンCでは流れもあって、中団から外を回ってきて、差し馬有利の展開のようで、厳しすぎる展開が災いして、ロスなく回ってきたフィニフティと坂の辺りで並んでいたのだが、フラフラ走って置いて行かれながら、最後はもうひと伸びで前との差を詰めて4着。

単純にキレる馬という印象はなく、これまで勝ってきたマイル戦での実績を踏まえると、この時期の牝馬とすれば、中距離の総合力勝負に適した能力を大いに秘めているという印象を持った。

本番の距離をすでにこなして勝っているサトノワルキューレやQC不発から中山であっさり巻き返し楽勝のレッドベルローズよりは、馬体に頼りなさがある分、迫力で見劣るような雰囲気があるようで、実は、こちらの方がよっぽどタフな馬である可能性がある。

どうせ同じ父の仔なら、本番で買いたい小さな馬から狙うのが筋だろう。

クイーンCからの直行は、人気になる分だけ妙味なしの傾向があるが、当時も伏兵評価、今回も最上位の支持とまではいかない。

何となく、そういう馬に乗っている時の方が、石橋脩という騎手の持ち味を引き出す環境になるか。

堀厩舎の大事な良血馬に乗るわけで、ここも結果で存在感を示したい。

◎オハナ

○ファストライフ

▲レッドベルローズ

注ヴェロニカグレース

△パイオニアバイオ、サラキア、ノームコア

他にも押さえたい馬は多いが、敢えて、スーパーホーネット×チチカステナンゴというキャラ不明の安定株・ファストライフを買っておきたい。

短距離で1勝の馬だが、前走を見る限り、本当は広い馬場で、もう少し長い距離でも…、という印象がある。

荒れるレースだから、この手の馬は押さえるべきだ。

 

レース予想   コメント:0

マイラーズC -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

いいメンバーだ。

エアスピネル、ダッシングブレイズ、サングレーザーなど、昨年の重賞勝ち馬がいる。

それに路線変更のカデナ<今回は幸騎手>、ブラックムーン、妙に安定して不気味なグァンチャーレもいる。

他にも重賞馬がいるから、手が回らない可能性が大いにある一戦。

迷うのは一向に構わないが、一方で、頼れる馬が少ない気もしないではない。

ならばと言って買えるタイプでもないが、一応、父と同じようにマイルで不敗のモズアスコットのスケール感を、ここでは一枚上と考え、最重視したい。

1400戦で結果を出し続け、阪神Cは豪華メンバーながら、事前の条件戦での圧倒的なパフォーマンスから、栄えある一番人気に推された。

3歳馬で勝つことは難しい。それも差し馬としての台頭だから、時計勝負でベテラン同士の決着での4着は、豪快な競馬での結果を考えると、まあ、十分とも言える。

阪急杯も似たような結果で、今度は前を捕まえきれずの2着。

思ったのだが、無理に抑えると結局は、欧州型のタフさが邪魔をして、勝負所で置いて行かれてしまうのではないか、と。

マイル延長は歓迎のはず。

だいたい、秋の阪神とはいえ、マイルで1:32.7という好タイムを中団からの差し切りで叩き出しているのだ。

父はノーザンダンサーの同系配合で、母方も別流の同系が2本。

ただ、アメリカンな配合で、同期のミスエルテよりは上等な芝馬に育ちそうな配合に見え、ミスワキのクロスも気性面にプラスはないだろうが、軽さを足されていない分、底力だけは保証しているように映る。

1400重賞で結果を出せるくらいなのだから…、の論理は通用するはずだ。

◎モズアスコット

○ロジクライ

▲エアスピネル

注サングレーザー

△ダッシングブレイズ、ブラックムーン、ヤングマンパワー

ここでは、よく立ち直ったロジクライも買っておきたい。シンザン記念制覇から2年後に、その時の走破タイムを上回って、2度勝ってしまう故障上がりの馬など、全く記憶にない。同じ路線での成功が見えているということは、いい成長の時間を作れた証拠である。

 

レース予想   コメント:0

優駿牝馬展望

読了までの目安時間:約 3分

 

おー アーモンドアイ推しのファン

ありゃ ラッキーライラック推しのファン

おいおいおい その他

勝負の趨勢が直線に入るところで、ほぼ確実に人気3頭による争いになることがわかってしまった桜花賞。

勝敗は直線半ばで決し、大外ぶち抜きの休み明け快走で、アーモンドアイの圧勝に終わった。

物語には続きがあるもので、最近では、シンハライトがここで敗れてしまったことで、結果的に、オークスの頃にはひとりぼっちになるという幸運を味方に、思惑交錯の大舞台ならではのタイトなコース取りは物議を醸しつつ、オークスでは結果を残した。

ジュエラーも人気だったメジャーエンブレムも、ベストはこの舞台だった。

レッツゴードンキも異常なレースを、あまりにもあっさり圧勝してしまったから、その後が続かず。

オークスは別路線組のミッキークイーンが制し、勢力図は一変してしまった。

ハープスターやヌーヴォレコルトのような高水準のエンジンを搭載した能力上位者が牽引する流れもあったりするが、アパパネでもブエナビスタでも、時計に関係なく差をつけて勝てなかったから、ある意味、能力を継続して発揮できたという流れを、この名馬戦の今年も参考にすべきではと思う。

1強構図が上書き変換された、新たなストーリーが展開されるのか。

あくまでも、上位人気馬のワンセットで進行していく、JF組プラスワンの構図となるのか。

個人的な見解ではあるが、ハープスターとブエナビスタの間の適性と思われるアーモンドアイは、ジェンティルドンナのような仕掛けのタイミングを遅らせて一気のスパートに懸ける以外、主だった戦略は存在しないように思う。

あの決め手だから、動かそうとするとそこから先はもう止まらなくなる。

二冠を制した馬も含め、人気に応えた歴代の名牝は、動かなかったという歴史を踏襲している。

ただ、マイルの力関係と2400での未知との戦いにおける可能性には、当然、ズレがあって然るべきだ。

下げて勝負…、などと血迷った策をぶち上げない限り、ラッキーライラックもまだ望みを捨てる必要はない気がする。

ヌーヴォやDエルシエーロの例は、本当はもっと起きてもいいはずの逆転の構図である。

 

レース予想   コメント:0

1200GⅠの解剖

読了までの目安時間:約 3分

 

血統分析

ファインニードル

アドマイヤムーン

ハクサンムーン

アドマイヤムーンは女傑・ヒシアマゾンの一族であり、ニアークティックのクロスを持つ。

その産駒である2頭は、質の高い牝系の出身で、かつノーザンダンサーのクロスやニアークティックの継続クロスとナスルーラ直系の血を母父に持つ。

先輩は母がナス系同系配合、後輩はネイティヴダンサー直系のシャーペンアップのクロスを持ち、パワーの補給源を確保している。

サンデーの存在感の差の分だけ、適性に違いが表れているようだ。

 
勝ち時計の差異

中山だと遅くても8秒まで。

中京は道悪も合わせると8.5秒くらいが普通。

最近はミスプロ系ばかり勝っているが、平均タイムが1秒違っても、その近辺で決着するとミスプロの人気馬、そうでないと別の系統が勝つ流れ。

ロードカナロアは両方でレコード勝ちだから、同じような結果を出せた意味を、香港での快走で示している。

それにより、基準が明確になったと言える。

 
連続性

・レッドファルクス

ミスプロ系×サンデー牝駒の最強配合。伯母スティンガーも似た性質。

左回りが合うし、右回りだと一芸で勝負できる舞台が合う。

・宮記念連覇は難関

キンシャサノキセキが旧中京と変則阪神で連覇達成。

5歳時2着の際の1:07.1を超えることなく、タフな条件の高松宮記念を連覇。

が、歴史に違いがあるようで、今では7年ほどしか歴史に違いのないGⅠ戦として春秋チャンピオン戦の差は、4歳馬に厳しい高松宮では7、8歳時に制したキンシャサしか2勝以上の馬がいない。

リピーター色が薄いわけではないが、3月という時期が、その遠因になっている可能性がある。

 
ガチンコスピードマッチにしたいなら、新潟とか中央場所だと京都が合っているだろうが、他国の時計水準を考慮したら、その価値も含め、中京<特に改装後>だとか秋の中山はベストに近い条件。

何度も来ている種牡馬や実力馬、または時計の条件に左右されるか否かなど、意外なほど、事前に知れているものが結果に反映されるケースがほとんど。

不良だと逃げ切りオンリーの近年の傾向を踏まえれば、まず馬柱をよく見ろ!ということを勧めたい。

 

コラム   コメント:0