ダービーコラム

JUST競馬予想ブログ

ダービー 罪

読了までの目安時間:約 3分

 

2015年・第82回

記憶に新しい、ニューダービーレコードが出現した一戦。

ただ、連対馬2頭に二度と春が訪れなかったのに対し、

③サトノクラウン 香港ヴァーズ、宝塚記念

④リアルスティール ドバイターフ

⑭キタサンブラック GⅠ7勝

という面々が人気には応えられなかったものの、後に大仕事をした、否、上位2頭の穴埋めをしっかり果たすのであった。

時は経て、キタサンブラックは最も遅いデビューから、3、4着馬より先に引退できるだけの結果を残して、大半がターフを去った。

意外性の男は、3歳当時の評価を再び勝ち取ろうとしているが、昔の方が強かったというのが本筋か。

ノンコノユメ、サトノクラウンの話。

さて何故に、タブタイトルが罪となるのか。その根拠を示さねばならない。

横山騎手のミュゼエイリアンが先行して、流れはタイトになった。5F通過58.8秒は、ドスローも増えた最近のダービーの中では、完全にハイペースの括り。

みんな追い込むだろうと思っていたミルコのドゥラメンテは、中団の外で、至極当然のダービーポジションからの抜け出しを図ろうした。

マークする方法に切り替えた対抗馬のリアルスティールは、皐月賞の決め手の違いを考えたら、もう見せ場作りを勝負の決まった後にするしかない状況。

差せる馬がいるわけないし、前が残れる保証もほとんどない。

想像以上というか、単勝1.9倍らしい走りで異次元の反応を見せたドゥラメンテは、今度こそ真っ直ぐに走って、楽々レコード勝ち。

コースロスなく追い詰めたサトノラーゼンは、勝ちたい男・岩田を満足させる2着快走に納得のコメントを残した。

伏兵に甘んじた組の着順は前記の通り。

が、ドゥラメンテは直後に故障発症。

翌春のドバイで、凱歌が上がったのはドゥラメンテではなく、リアルスティールの方だった。

これがいいのか、悪いのか。

続編がなくなるのは、クラシック戦の常でがあっても、特別感があっさり失われてしまうのでは、虚しささえ感じしてしまう。

人の罪か才能の罪か。

ひと先ず、産駒の競走に能力を見定めてから、その答えを出すべきなのかもしれない。

 

コラム   コメント:0

弔意 オペラオーの急死に際し

読了までの目安時間:約 2分

 

今週はダービーのことだけを考えていればいいと思ったのだが、オークスデーに急な訃報が競馬界にもたらさせた。

「今年も予定していた5頭のうち2頭に種付けが終わったばかりでしたから…」

とは、繋養先の白馬牧場からの悲報を受けた竹園オーナー。

17日午後、放牧中に倒れたテイエムオペラオーは、そのまま息を引き取ったという。

「初めてのGⅠをプレゼントしてくれた皐月賞が今でも一番の思い出に残っています。」

こちらは、騎手時代にバンブーアトラスでダービーを、調教師としてはオペラオーで4連勝で皐月賞を制した岩元元調教師。

師の勝ち運は、意地でも若き和田騎手の乗り替わり案を呑まなかったことで、4歳シーズンにおける強烈なワンマンショーに繋げた結果からも垣間見えた。

「まだまだ元気でいて欲しかった」

今やベテラン騎手として仕事人ぶりを発揮する和田騎手は、ひと際、寂しさを隠せずにしんみりとした表情でそう語る。

唯一無二のパートナーへの感謝を直接伝えに、花を手向けに行くとも話した。

通算26戦14勝で、重賞は繰り上げ優勝の01京都大賞典も含めて12勝。

無事是名馬を体現したテイエムオペラオーは、18億円余りの賞金を稼ぎ出し、半ば反則的な1勝10億円程度のレースも登場した最近は、日米で記録更新を成し遂げた名馬が登場しているものの、3年丸々一線級として戦った芝のトップホースという点で、世界の競馬史上に残る名馬であることに、一点の疑う余地もない。

尚、白馬牧場の長浜氏はその功績を称え、記念の石碑を立てる予定であることを、JRAを通して発表している。

また、献花台は既に設けられているとのこと。

 

ニュース   コメント:0

優駿牝馬(オークス)-回顧-

読了までの目安時間:約 6分

 

掛かりそうで掛からなかったアーモンドアイは、位置をとる気はなかったけど、取れてしまったから、最大の敵になりえたラッキーライラックを終始内に押し込む形。

リリーノーブルはラッキーライラックとまた同じような競馬で負けてしまうことを嫌って、見事なスタートをフルに活用して、盤石の好位抜け出し。

ラッキーライラックにとって、このレースの死角は、彼女たちよりアドヴァンテージがあるはずだったこの舞台で、敵が見事に能力の底上げを果たし、また競馬ぶりも自分と同じくらい上手になり、同じ位置からの競馬をせざるを得なかったことか。

パドックではよく見えたラッキーライラックは、本馬場に入って、すんなり返し馬に映った後ろ姿が、これはもしかしてマイラーなのでは…、と思わせるところがあった。

アーモンドアイもリリーノーブルもしっかりと陣営は作りこんで、ほぼオークスレコードと言えるタイムで伸びきった。

2歳女王に輝いた瞬間に、追われる身になったラッキーライラックは、今は何をしたらいいのかわからないその時の1番人気馬・ロックディスタウンのようにはならなかったが、自慢にしていた息の長い決め手が、アーモンドアイでも使えることが桜花賞で判然とした時から、もう、自分の形を崩さないといけなくなった。

アーモンドアイは結構崩れていたはずだが、ほとんど能力の違いだけで瞬発力を繰り出す競馬に徹して、力の差を大舞台で再び示した。

ライバル対決は終焉を迎え、今後は何を目標とすべきか返って迷いそうなところのあるアーモンドアイが、どんな成長を見せるのか、いつ負けるのか、そればかりが気になる今年のオークスのレース後。

目標は高く掲げるに越したことはないが、

「案外、掛かるぞ」

という死角は、昨年奇策を施しダービーを制したルメールのレイデオロと似た雰囲気がある。

関東の名門…、それはどうでもいい共通項として、終始この馬に感じたのが、2400Mは基本的には長いのではという懸念。

筆者はその適性でラッキーライラックは逆転可能の論理を貫き、正攻法のアーモンドアイに返り討ちに遭うという憤死ぶりが情けない限りなのだが、スピード血統のようで、実は欧州由来のミドルディスタンス血統の集合体であると同時に、結局は、条件が合わないところがないとはいえ、鋭さを捨てても勝てたオークスは評価できても、ジャパンCでこれが通用するような雰囲気まではなかった。

きっと、とんでもなく速い馬だから、行かせてしまってはもう止まらない。

オークスというか、2度と出られないクラシック戦だからこそ、正しい競馬に徹したのだろう。

しかしそれは、過激な内容で皐月賞を制したドゥラメンテにも通ずるところがある。

血統背景が酷似し、また、一族の出世頭の牝馬から登場したベストトゥベストホースが、あっさりの二冠、ギニー競走の評価まで似たようなところがある両者に、比較する違いのようなものは見当たらない。

この女ドゥラメンテは、過激なまでの決め手を通常のレースでも使えるから、展開は問題にならず、それでも遺憾なく己の高い競走能力を示すことで、時計がついてくる。

ドゥラメンテはダービーの方が歴代タイムより速かったが、牝馬であるアーモンドアイは、桜花賞の方が速かった。

日本で長く培われてきたクラシック仕様の血統馬の傑作同士が彼らであり、ベースはきっと、似たようなものでも、最初のレースの内容の方がより強烈だったから、ドゥラメンテも本当は、両方ともレコードウインだったのかもしれない。

まっすぐ走れる点はディープやブエナビスタとも似ていなくはないが、早い段階で時計を出す力は両者とも脚質的にマイナス面があったが、アーモンドアイはそうではない。

完成もきっとドゥラメンテ同様、デビュー時点でほぼ仕上がっていたようなところがある。

新馬負けも未勝利ぶっちぎりも同じ。

そうなると、もっとラッキーライラックのような自在性が身に着けられたら、十分に真の世界レベルのタイトルは奪い取れるのだろう。

まずはしっかり脚を休めたい。

牝馬が3歳時点でここまで走ったというのは、過去にはジェンティルドンナとソウルスターリングがいるだけ。

暮れに重賞を使われた出したジェンティルドンナと同じシンザン記念の勝者であるアーモンドアイは、伸びしろだけでここまで勝ち上がってきた。

ディープもドゥラメンテも同じ。

もう、彼らにしかできない領域の競馬を、しっかりと踏襲した中で、あとは勝つということにしか、我々も陣営も真の興味はないという段階に、アーモンドアイは入ってしまった。

こんな牝馬を、きっと誰も見たことはないはずである。

 

レース回顧   コメント:0

平安S -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

たまに元気なところを見せるミルコ・デムーロ騎手のサンランズソアの逃げ切り勝ち。

途中から前走のアンタレスSワンツーの2頭が仕掛けていくものの、1900Mの競馬は誰でも自分の位置が取れるからこそ実績馬に有利な舞台であるから、ある意味、グレイトパールもその形に持ち込んでは苦しい。

休み明けの馬体が絞れるどころか、再びの8kg増では、前走と似たような馬場状態から早仕掛けをしたとしても、なかなか苦しい。

アンタレスSとの連勝は難しく、かつては無敵状態に入りつつあったゴルトブリッツも、間借りでGⅡとして開催された東海Sで完敗を喫している。

その反面、実は穴狙いの軸はクイーンマンボがいいのでは?という評価を受けていた彼女の正攻法での追撃は、人気2頭より見せ場十分だった。

時計平凡も先行型と差し馬の組み合わせで決着するパターンばかりのこのレースらしく、安定の差し損ねでクインズサターンが迫ったところを辛くも凌いだ彼女は、秋の京都だけではなく、帝王賞においてもキーホースになっていきそうな気配。

一方、逃げたサンランズソアを行かせたような感じもあったテイエムジンソクは、気配がまずまずだった割に、直線での伸びは今一つ。

軽いレースになりすぎたのも、道中では久しくなかった揉まれる位置取りも影響したのだろうが、サンランズソアと位置取りが逆でも悪くなかったから、斤量面の不利を含め、本気での勝負はするつもりはなかったのかもしれない。

さて、前走があまりにも無残な負け方だったサンランズソアだが、惜敗が多かった昨年と比べると、名古屋での巧みな先行も自信にして、1900M戦では2戦2勝とした。

逃げ馬のイメージがなかったこの馬だが、鞍上のキャラと同化しながら、今後も怪しい面を備えつつ、シンボリクリスエス×スペシャルウィーク×ビハインドザマスクらしい成長力を今後も示していくのだろう。

何せ、まだ4歳馬である。

 

レース回顧   コメント:0

優駿牝馬(オークス)-予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

◎ラッキーライラック

○アーモンドアイ

▲サトノワルキューレ

△マウレア

他にも少し押さえるが、軸を人気馬に定める以上、大きな払い戻しを求める買い目をたくさん買う意味はない。

来週はそうもいかないが。

ダービーでもきっと同じ話をすることになるのだが、ラッキーライラックのような存在は、オークスで何度となく勝ってきた歴史がある。

桜花賞で負けたけれども、そのトライアルでは勝っている。それがすでに人気になった状況での勝利で、桜花賞でもかなりの支持を集め、結果は奮わず…。

ソウルスターリングがまさにそうだった。ほとんど同じである。

オークスは圧勝にも等しい内容。2着馬と4着馬は秋のタイトルホルダーである。

近年だけでも、実はほとんどの勝者が桜花賞負けのトライアル好走馬という構図。

シンハライト、ヌーヴォレコルト、メイショウマンボ、トールポピー等。

ジェンティルドンナ

アパパネ

ブエナビスタ

らは、クラシック級のレベルに止まらないGⅠ5勝以上の優駿であるから、無駄に力を出さずして、好結果を残した。

2歳女王がチューリップ賞を経て、このオークスに挑んできた場合、関東馬のアドヴァンテージだけに囚われることなく、メジロドーベル以降で約3割弱の勝者が登場している。

偶然ではない。レベルの高いレースを3度続けて勝つことは難しい。

これはブエナビスタしかできていないこと。彼女は実質JC連覇の実績を残した名牝である。

でも、どこかで負けても、総合力勝負でマイラーが他の伏兵は消えるオークスで、まず力を出し切れないということはほぼあり得ない。

有力馬は早い段階で関東ないし関西への輸送を経験し、そこでもしっかりと結果を出していた。

むしろ、上がり目ではメンバー中指折りのサトノワルキューレが前回が初めての遠征だったことが、中3週での連続輸送で怖い面があることは事実ながら、トライアルは異次元の競馬でのレコードウインだった。

相手が軽いとかそういう次元ではない。

加えて、ここではマウレアの東京への適応力と秘めたる底力に期待したい。

クイーンCこそ賞金加算に見事失敗の内容だったが、武豊騎手を配し、厳しいローテでも納得の結果を阪神で残した。

そこらの関東馬より、よっぽど神経が図太い。

アーモンドアイの煌びやかな直線一気のワンマンショーはできないものの、姉より遥かに機動性に富んだ競馬は、内枠での競馬ができなかったここ3戦中2敗の内容から見て、毎度いい脚は使えているので、追い込みの2頭にまんまと先着する可能性を十分に秘めている。

姉がほぼ正攻法で4着のアユサン。軽視しない方が無難。

本命の理由に付け加えるならば、ラッキーライラックの最後の武器は、中団より前につけても、素晴らしい上がりの脚を使える点。

チューリップ賞と桜花賞は流れが違って、その中で本番ではもっとアグレッシブな競馬をしたものの、極端な追い込みで制した勝ち馬以外とはほぼ同等の上がりの数字。

これで2着の根拠と持ちうる底力は、ほぼ、実質的な彼女の能力を実証したに等しい。

間隔が詰まり、ハイレベル競走の連続出走に不安もなくはない2頭に比べ、母系もアメリカンな持続力勝負に向く血が重ねられたオルフェーヴル産駒ということもあり、タフな展開でこその底力型なのは明白だ。

こういう馬を負かすのは、ギニーホースよりトライアルホースだろう。現状で、正攻法の人気馬を負かすほどの実力は見えてこないが、成長する時期だけに、やってみないことには全容は見えてこない。

楽しみがまた増えた一戦である。

 

レース予想   コメント:0

平安S -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

◎テイエムジンソク

○グレイトパール

▲クインズサターン

注ナムラアラシ

△サンランズソア、トップディーヴォ、ミツバ

重賞馬がわんさか登場し、帝王賞以降の交流重賞、GⅠ、ひいては秋の京都JBCに向けた重要前哨戦の趣だ。

JBCクラシックと全く同じ条件。

その狙いがあってのこの好メンバーという側面がある一方、いくら頭数が出せるとはいえ、中央馬限定のレースになるわけでもない。

どういう形にせよ、結果が求められる競馬になる。

とはいえ、上位グループのレベルは既にGⅠトップクラスと比肩する今回の16頭は、何だかいっぱい候補が集まるここ数年の平安Sの中でも、極めて濃密なマッチアップの側面を持つ。

グレイトパールは言い訳できる敗因はあるにしても、2000Mなどの交流競走に向けた前哨戦という意味合いがある以上、どの馬にも、プラスアルファとなるこの平安Sでの好走歴が必要になるはずだ。

だからこそ、伏兵に高望みをする狙いを今回は避けた。

メイショウスミトモの58よりは理屈が通るところもあるテイエムジンソクが、2走ボケもGⅠ未経験の死角も考慮していきたい大本命馬・グレイトパールを負かすシーンは、あまり奇を衒った読みにはならないはず。

元来、ほとんどが前残りのレース。

ペース次第でどうにかなってしまうような脆さがある中距離型の2頭ではない。

ジンソクは前走こそ崩れているが、相手が強かったというレースでも、惨敗するようなやわな小兵ではない。

昨年は後にオープン好走、途中から先頭のケイティブレイブがGⅠ2勝馬になったことを考えても、グレイトパールが力負けすることもまたあり得ない。

いずれにせよ、この2頭を負かすのは厳しい。

動きが読みづらいミルコのサンライズソアは、単騎先行が叶えば脈ありも、本筋ではクインズサターンやナムラアラシ、本当は差し馬のミツバが相手妙味の重要前哨戦と見立てるのが定石だろう。

 

レース予想   コメント:0

春クラシック最終展望

読了までの目安時間:約 3分

 

最終トライアルや第一冠戦と別グループの総括をしたいのだが、注目GⅡは、期待馬が走ったことで、かなりのスケール感を結果で示す好内容だったのは事実。

衝撃の追い込み体験がミルコの勝負勘を狂わせたのか、京都新聞杯で1番人気を見事に飛ばしてしまったが、その原因となった?フローラSのサトノワルキューレは、例年なら断然人気の本命候補だ。

代々、レコード勝ちするなどして、本番でも人気になって潰される傾向は、近年の本番もタフな好時計決着になる流れもあり、ほぼ力を出し切れる状況。

どう乗るかわからない点で、アーモンドアイは相手の末を意識するだろうし、変に意識しすぎて溜めすぎる可能性もあるラッキーライラックという構図に変えただけでも、その他の陣営にはありがたい存在。

これは素晴らしい挑戦者の誕生である。十分に1番人気の可能性がある。

青葉賞は卒なく乗った蛯名騎手の執念が乗り移ったゴーフォザサミットが、本来のスケール感を示した完勝の内容。

GⅠ3着馬なのに、異常に人気がなかったステイフーリッシュは、レース史上に残る好タイムで京都新聞杯を快勝。

中距離志向の強かった皐月賞の結果と、そこに挑まなかった有力馬のキャラが、今年は非常に際立っているので、ダービーはかなりのハイレベル決着が予想される。

せっかく、双方ともいい位置からの競馬ができるようになり、正攻法以外は考えづらいGⅠ馬の動きも加味すると、馬場状態や距離適性、当然のことながら、東京に対する適応力も必要になるはずだ。

注目伏兵の2頭は、脚質こそ違えど、距離延長なり、2400M以上という舞台設定に可能性を見出したいタイプ。

故に、オークスとは反対に、皐月賞で差し損ねた面々の一気の逆襲を狙うのは、実は、案外の正攻法の攻略プランのように思えてきた。

鈴をつける馬はいなかった3月の対2歳王者作戦は、今はもう、意識の仕方如何で、どのような展開にもなり得る流動性を生み出そうとしている。

両レースともレースレコード更新の可能性は、今の馬場状態が続けば、十分に想定内だ。

面白そうだという以上の必見の材料が見られることが、この世代の競馬の魅力である。

 

コラム レース予想   コメント:0

絶対視の破綻

読了までの目安時間:約 3分

 

波乱の樫に伏線アリ

10番人気以下の馬、もしくは30倍以上の単勝オッズの馬が連対したオークスは、過去20年で、

’97 ②ナナヨーウイング<78倍>

’02 ②チャペルコンサート<12番人気>

’03 ②チューニー<93.7倍>

’08 ②エフティマイア<32.5倍>

’11 ①エリンコート<7人>-②ピュアブリーゼ<8人>(共に30倍台)

その前の10年でも2例あって、

’89 ①ライトカラー<34.8倍>(24頭)

’88 ①コスモドリーム<10番人気>-マルシゲアトラス<37.3倍>(22頭)

もっと前は、雨が降れば荒れるし、この距離をこの時期に走れる馬が少なかったから、波乱が当たり前で、多頭数過ぎたから参考にならない面も踏まえ、過去20年を対象とする。

ナナヨーウイングはダート2戦2勝で、それを機に、芝の中距離戦に挑んで、芝再挑戦の不良馬場だった忘れな草賞で3着。

追い込みの形にハメて、キョウエイマーチが行くことが分かっていたオークスで、メジロドーベルの2着に入っている。

残りはほとんどがマイル以上のオープン競走で勝っている馬だから、早期からの賞金加算が可能になった近年は、本当の波乱はまず起きない。

ピュアブリーゼは、重のフローラS3着で出走権を得た。

最初からオークス狙いの中距離型で、父モンズーンの名を見るまでもなく、本格的欧州配合馬。

桜花賞組が過剰人気だったから、ナナヨーウイングの時のようなまた雨で…、のパターンがハマった。

人気馬が全く上位3着以内に入らなかった例は、’08年に3番人気以外総崩れがあったくらいで、勝ったのは2歳女王だからこれも例外ではない。

桜花賞の上位組が順当に走るようになってから、ますます堅くなりやすくなったオークス。

今年のように、高速決着の桜花賞となれば、10年のアパパネ-サンテミリオン同着優勝のようなことが、雨が降っても起きる。

ああ、あの時と同じじゃないか。

筆者はそう思ったが、万が一を考えたところで、オープン勝ちか重賞連対のない馬を買うようなレースではないことは確かだ。

 

コラム   コメント:0

ギベオンは回避

読了までの目安時間:約 2分

 

NHKマイルCで2着と健闘を見せたギベオン<牡3・藤原英昭厩舎>が、日曜日に発表された東京優駿(日本ダービー)へのエントリーをせず、今後は休養に入ることが明らかになった。

「様子を見てダービーとも思ったが、少し疲れが残っているので」

と藤原師は語り、同厩舎からは皐月賞馬のエポカドーロのみが参戦することになる。

藤原調教師は今年の好成績だけではなく、無駄なレースを使うことなく、馬をじっくり育てることで知られる名伯楽だから、もうダービートレーナーでもあるし、師には珍しく、オーナーやファンに対し妙にポーズしてくるなと思っていたが、心のどこかに、これが彼のベストローテという気持ちがあったのかもしれない。

それでも、賞金は重賞2戦で十分に加算し、秋のローテーションに自在性を持たせることができたのは、大きな収穫か。

その意味で、エポカドーロと同様にシメシメというこの好結果が、現在の厩舎の充実ぶりを雄弁に物語っている。

この結果、ディープインパクト産駒は3頭のみの登録となり、賞金十分の弥生賞ツートップと、今年から久々に皐月賞5着でも優先出走権を得られることになってその恩恵を受けたキタノコマンドールが、世代の頂点に挑むことになった。

産駒デビューから、ダービーで馬券に絡まなかったのは2回だけ。

3頭で上位独占、また2頭絡んだことも1回ずつあり、3頭しか登録していないとなると、初年度のあの不良馬場となった11年以来となる。

陣容はかなり厚いが、その他の組もかなり充実しているので、相当厳しい争いになること必至。

意外や意外、ギベオンの回避により、全部消えてしまう可能性もなくはない状況にある。

 

ニュース   コメント:0

危険な有力馬・ダートのGⅠ前哨戦組

読了までの目安時間:約 3分

 

平安S、東海S、武蔵野S

今年行われる、中央競馬の主要GⅠに繋がる中距離カテゴリーの前哨戦。

今年は東海Sが直結するような気がしたのだが、結果はあまりに残念であったから、危険な話をすることになってしまった。

繋がらない理由。

一つは単純なレースレベル。

前哨戦的なGⅠがあるから、でもある。

フェブラリーSには年末から年初にかけてのGⅠが多数あり、帝王賞の前にもかしわ記念がある。

チャンピオンズCの前は、芝もダートも選択肢豊富。

東海Sから直行するしかない中央ルートのフェブラリーSローテは、そのレースの特殊性が、根岸Sの方が別流のようで、スピード勝負に収束しやすいという一点で、別カテゴリーのレースとさせてしまう面を孕む。

よって、勢いをつけて行くくらいの上昇気流に乗っていないと、勝つ意味さえなかったりする。

根岸Sは勝った方がいいが、こちらは勝たなくてもいい半面、時計がないと全く通用しない。

で、信用ならない最大の理由となっているのが、ほぼ確実に多頭数でGⅠが行われる点。

地方GⅠは知られるところで、中央の馬が精々5頭程度で、その中での争いになるから、遥かに消耗が少ないレースになる。

16頭で一生懸命勝負を競うよりは、位置取りひとつで、あとは自由自在。

一線級ほどそういうローテになる。だから、GⅠ組が有利なのだ。

GⅠを勝っていないと、これらの前哨戦を勝ったところで、ただ出走権を得ただけの馬になってしまう。

テイエムジンソクに感じたことは、GⅠ組の方がよりフレッシュという状況になりやすいわけだから、夏から押せ押せというローテの馬では、アメリカのようにどこかでGⅠを開催しているわけではない以上、疲れていないことが最大の勝負のポイントになるような気がする。

4走前が一つ前の季節では危ない。

今年はグレイトパールに2走ボケの危険性があるくらいで、昨年以上の好メンバー集いそうな平安S。

簡単には帝王賞に繋がらない半面、GⅠ組にやや上がり目を欠く面が出てきたから、ゴールドドリームがいてもいなくても、今年はこの組は要注意だろう。

 

コラム   コメント:0