競馬予想理論

JUST競馬予想ブログ

自滅した可能性を考慮せよ

読了までの目安時間:約 3分

 

・前哨戦勝ち、好走の上位人気馬 テイエムジンソク<フェブ> ラッキーライラック<桜花賞> ワグネリアン<皐月賞> タワーオブロンドン<NHK>

・ディープ産駒のGⅠ馬 ダノンプレミアム<ダービー> サトノダイヤモンド<宝塚記念>

参照

・前哨戦からの連勝馬 ノンコノユメ ファインニードル スワーヴリチャード レインボーライン 

・(GⅠ連勝馬)<アーモンドアイ> 地方<ゴールドドリーム>

問題視したいのは、前走快勝の中心馬が、本番でかなりの人気を集め、結果を出せなかったこと。

フェブラリーSと皐月賞は、展開と馬場状態がかなり特殊だった影響は認められるが、良馬場だからあと2戦は力負けだったという結論も安易すぎる。

自滅する理由がなかったか。

それを紐解くために、成功パターンから類推する手段をとってみた。

まず、前哨戦がハイレベルだったことが重要。

時計が文句なしのノンコノユメ、レインボーラインは当然として、GⅠ馬を完封の2頭も素晴らしい。

GⅠ連勝馬にはそれに加え、今年最初のタイトル戦が休養十分の中でのレースだったことが、以後の活躍に繋がった点も見逃せない。

では、何故同等レベルの人気馬が自滅したのか。

実は、ほとんどの馬が連勝馬と同じように前哨戦やトライアルを素晴らしい内容で乗り切っているのだ。

それもほぼ王道路線で。

ただし、使い詰めの中のテイエムジンソクが息切れしたように、ラッキーライラックやタワーオブロンドンはその反対でいきなり全力を出してしまったことが影響した部分もあり、その流れは皐月賞のワグネリアンもそうだった。

ダノンプレミアムやサトノダイヤモンドが過去の素晴らしいパフォーマンスに皆がまだ魅入られていたことが、大波乱の影響を直接的に与えたのとは対照的に、前哨戦好走馬の消えたレースは全て、その後の流れの基本形を成した部分もあったりする。

NHKマイルCも、朝日杯経由のNZT組と期待馬の多かった毎日杯組で決まったから、本筋を逸脱した波乱の構図とまでは言えない。

ただ単に、出番が回ってこなかっただけ。出番があった連勝の4頭は、以後振るわないことは頭に入れておきたい。

 

コラム   コメント:0

新馬回顧<7/28・29>

読了までの目安時間:約 3分

 

ひとまず、土曜競馬は台風の進路と関係のないところでの開催とあって、快晴の下、レースは進行した。

全て開催替わりで、顔見せ的に各場1鞍ずつ、新馬戦が行われた。

小倉1200は日曜も行われるので、分割レースのような趣。

キンシャサの男馬・ブルベアオーロがうまく立ち回りで勝ち上がったが、上がりだけが速いので評価微妙。

札幌1500は好カード。しかし、レーヴドスカーの娘・レーヴドカナロアの総合力が他を勝った印象。

この一族の中では反応はいいタイプで、若い斉藤調教師も、力が入るところだろう。

ただ、これらは前座。新潟1400で1:21.6という好タイムを叩き出した、ダイワメジャー×クーデグレイスのグレイシアはランクが違う。

タフな展開を自ら作ったのは田辺騎手の意思もあるだろうが、その影響で、後続は何もさせてもらえず。配合の印象通り、平坦ベストで1800くらいまでが合う快速型だろう。

日曜は倍の6レースが組まれたが、こちらも支障なくレースが消化された。

ただ、小倉は雨が降って、馬場は悪化しないないまでも、1200戦2鞍とも、平凡な内容。

九州産馬戦のコチョウジュニアと、8頭立ても波乱で接戦のレースを制したアーデントリーは大差ない印象。

上がりが掛かりすぎで、10秒超えでは評価しがたい。

札幌1800で豪快に突き抜けたクラージュリゲルは、キンカメ×ギムレットでトゥザヴィクトリーの系統。

仕掛けが遅れたのは事実で、そこから直線一気楽勝は素晴らしいのだが、時計短縮が課題なので、安泰とは言えない。

それなら、新潟マイルでデビュー勝ちのカナロア牝駒・エイカイキャロルの方が無難な推奨馬か。アドマイヤコジーン一族で、上手に運べると渋とい。

1400の牝馬限定の方は、ストレイトガールの妹・ビックピクチャーが辛くも差し切るも、線が細すぎて心配が多い。

新潟は風の影響もあったようだが、馬力がまだ足らない。

札ダ1700断然人気のリープリングスターも、ビックと同じハナ勝ちだった。2角先頭からの押し切りも、相手が強力だったわけでもないから、何とも言えない。

 

レース回顧   コメント:0

三冠馬の妹が登場

読了までの目安時間:約 2分

 

岩田騎手の骨折やポエッツワードが凱旋門賞の有力馬に名乗りを上げるなど、気になるトピックスはいくつかあったのだが、先日引退が発表されたジャスティファイの一代前の三冠馬・アメリカンフェイロー<ファラオ>の半妹であるチェイシングイエスタデイが、見事デビュー戦を快勝したというニュースが飛び込んできた。

西海岸であるカリフォルニア州のデルマー競馬場、28日(土)の第1R・メイドン(ダ5.5F)において、父タピット、母リトルプリンセスエマ、即ち、アメリカンフェイローの半妹にあたるチェイシングイエスタデイが単勝1.3倍の支持を受け、デビューした。

7頭立てのレースは、終始安定した正攻法の競馬で、4角先頭から、直線で4馬身余り後続を突き放す内容で完勝。

ボブ・バファート調教師の英才教育を受けた才媛が、丁寧に、かつ確実にステップを踏んで、無事にデビューを果たしたその初戦から、力の違いを見せつける。

兄三冠達成のほんのすぐ前に配合され、彼が引退後、未来を託されるように2年前の2月に誕生。

ブラッドスポーツである競馬の世界では、この手の話題に事欠かないわけだが、父がパイオニアオブザナイル<エンパイアメーカー直仔>から世界のトップサイアーたるタピットに替わっている点は、かなり興味深い。

兄は初戦は完敗。

2戦目からV.エスピノーザ騎手が乗って、8月のトラヴァーズSまで約1年負けなしだった。

栴檀は双葉より芳し。血統の力では上回るチェイシングイエスタデイは、たまに登場する兄や姉以上の天才になれるのだろうか。

 

ニュース   コメント:0

クイーンS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

思ったより後ろにいたディアドラが、昨年飛躍のきっかけを掴んだ札幌競馬場で躍動、直線を向いた時の手応えは、今までで一番良かったようにも映った。

完勝。

見せ場を作り、少なからずこの距離、競馬場に東京以上の適性を感じさせたソウルスターリングは、最後の最後で脚が上がってしまったか、対抗格のフロンテアクイーンに競り落とされてしまった。

伏兵もそれなりにいて、味わいのある力勝負の趣は、ある意味で、ディアドラが休み明けでも勝負気配で、いっぺんに吹き飛んでしまった。

ドバイでの3着の内容は、勝ったベンバトルからかなり突き放されてしまった状況で、日本馬同士の叩き合いに参加したというだけだから、現在の日本の競走馬のレベルからいうと、高く評価するには物足りない内容であった。

しかし、その経験はいくらでも次以降のレースで、活かすことができる。

秋のいい頃の体に戻して、GⅠ馬らしい立ち回りに意識を持っているように見えたルメール騎手の手綱捌きは、モレイラのマジックに隠れながら、地味にこちらもいい頃のものが出せるようになっていた。

相手を意識するなら、そう考えても前にいるソウルスターリングではなく、小回りも右回りの1800に偏った使われ方をしているフロンテアクイーンとベテランの蛯名騎手をマークすれば合理的と、伏兵陣がスパートする中、4角に入ってからの追撃はさすがの内容である。

直線は弾けて、ドバイより今、秋華賞のスムーズな運びで快勝した際が、道悪の恩恵もあったような印象をドバイで払拭した時以上のインパクトを人馬一体でもたらした。

勝ちタイムもレコードと僅差。

昨年あれだけ強かったアエロリットより大きな着差で勝ったのだから、これに基準に、他のライバルは仕上げていかねばならないことになる。

上がり目が勝敗を分けるのだとしたら、最大の上昇力を示したディアドラの穴は、そうそう見つからないと感じた。

 

レース回顧   コメント:0

アイビスサマーダッシュ -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

いつもより馬場が良かったのもあるだろうが、無敗馬の強みをフルに発揮したダイメイプリンセスが、ここ2戦より真ん中より、この馬としては普段通りのじっくり進出から、ゴール前は素晴らしい手応えで抜け出し、前走完敗からきっちり巻き返した。

そういう適性は、レース展開に大きく影響し、数多存在していた伏兵候補はほとんど最後は消えてしまって、次世代の直線巧者にラブカンプーという素敵な名前と血統の姫君が名乗りを上げる結果になった。

ペイシャフェリシタもうまく出過ぎるくらいのスタートで、十分に勝負圏内にいたのだが、この馬の形でもないという敗因も挙げられる一方、筆者が唯一消したサドラーズウェルズのナインテイルズが好走したように、ダイメイプリンセスのようなスタートのゆったりさがあれば…。

短距離重賞で、好スタートが敗因になるというのは、あり得ないか。

キングヘイロー×ダンスインザダーク。

身体がもう少しスマートであれば、乱戦のクラシック路線で台頭でもおかしくない配合のダイメイプリンセスは、ダートの経験もあれば、1200Mでの実績も当然あるのだが、配合面の持つ限界点があるのか、前走初重賞となったCBC賞が例年以上に高速化していた影響からか、序盤の走りがその直前に2戦楽勝した直線競馬の仕様になってしまったこともあり、まるで勝負にならないという9着入線の結果に終わっていた。

筆者はこのレースの展望の時にも語ったが、ニジンスキーを母父に持つダンスインザダークがブルードメアサイアーであるダイメイプリンセスが、新潟のこの特殊な形態の短距離戦をこなす下地はあったように思うのだ。

1200Mではどんなに正攻法の競馬で頑張っても1分8秒を切れなかったこの馬が、前々走の韋駄天Sではその水準をかなり上回る54.9秒で走っている。

その辺りの妙が、父キングヘイローというかヨーロッパの至宝・ダンシングブレーヴ直系の底力型のノーザンダンサー系らしさの系譜なのか、中距離戦などでの切れ味勝負に対応できず、純粋なスピードだけを競う条件で台頭し、さらにそれを究極の形で表現する新潟の直線がぴったりという馬が出てくる構図になっているのではと、楽勝のゴールシーンを静かに見守りながら、ちょっと感じた。

サンデー系などまるでお呼びではないこの舞台で、敢えて、その高い壁に挑んでいった筆者だが、違うヘイローの流れの馬は何度か勝っているし、連対までなら十分可能の傾向で、時計勝負の流れにどうにか対応できるのではと見立てたのだが、ちょっと違った。

過去5回ある53秒台の決着で、サンデーサイレンスの血を持つ馬は1頭も連対していなかった。

今回はヘイローのクロスを持つサンデーインのダイメイプリンセスが初めて連対。

2着ラブカンプーはそれがなく、お馴染みのサクラバクシンオーの系統の馬だった。

要するに、上手に走るための要素が一切いらなくなるこの舞台では、ギアチェンジに必要なものは何一つ求められないから、パワーのある血がわかりやすく台頭するのだ。

今更ながら、高温の新潟に学ぶべきものが見つかったことを、ダイメイプリンセス以下、参加者全てに感謝したい。

 

レース回顧   コメント:0

アイビスサマーダッシュ -予想-

読了までの目安時間:約 4分

 

新潟の直線競馬に実績のある馬が多い一方で、絶好調の馬がいるという組み合わせでもない。

どこかの戦績に目をつぶってしまうのがいいようで、実は、このレースで惨敗した不適合者だけが、その後巻き返すことはあっても、まるで用なしの馬が勝ち切ってしまうような展開は案外少ないのが、このアイビスサマーダッシュ。

時計が速いということも影響する部分は大いにあるだろう。

今年は抜けて速い馬がいるわけではないから、それなりに行こうという馬が一定以上の流れを作る可能性がある。

競馬ファンにはうれしい重賞らしい展開が最近多い代わりに、信じられないような穴馬が登場するシーンも増えている。

どう捉えるか。

何となく、重賞級の直線(直千)巧者は今年もいない印象がある。

1200ないし、1400型でもスピード豊かな先行馬、差し馬を押さえるのがよさようだ。

何となく、これもあくまで雰囲気によるところが大いにあるのだが、ペイシャフェリシタはどうも臭い。

休み明けがあまりよくないこと。ややテレンコ気味に戦績が不安定なところ。

極端にスピード競馬を好まない点…、などなど、前走の惨敗は期待値が大きかった分だけ、失望にも繋がったのかもしれない。

その分、連続騎乗の少ないこの馬に、三浦騎手が乗り続ける面はプラス。

春雷Sのゴール前差し切り勝ちは、地味に見えて、その時はテン乗りの三浦騎手がうまく末脚を引き出したように感じる。

そういう特徴は、彼が若い頃に早い段階から本場ヨーロッパの競馬に触れていることが、少なからずいい方向に影響したのだとも思う。

確か、彼の初勝利は中山2500Mの特別戦だったと記憶する。

師匠がいなくなったり、騎手生命を失いかけた骨盤骨折も、彼の糧になった。

ハーツクライ×ケープクロス×サドラーズウェルズ。

牝馬では大型の部類に入る500kgにわずかに足らない体躯は、ここ5戦ほど、2kgの増減を繰り返すだけで、全く変化のない状況が続いている。

気性の関係で、かなり怪しい面を秘めるペイシャフェリシタは、姉のように早い段階からオープンで活躍で来た馬ではない半面、正式にオープンクラスになってから、3戦続けて掲示板、前々走の春雷Sの好走がある。

ここまでなら、1200Mの重賞展望では足らない推挙理由となってしまう。

念押しのために意外なデータを補足すると、この特異な競馬、ダート経験が大いにプラスどころか、ダート馬の方が上手に走れる傾向に反するように、昨年の勝者・ラインミーティアの母父がフェアリーキング産駒のオース、フェアリーキングはこのレース快勝のエーシンヴァ-ゴウ、2着だったがフォーエバーマークを送り出しているのだ。

またフェアリーキングより競走成績は上の兄サドラーズウェルズの入った馬もカノヤザクラが連覇した記録があるから、その前はロイヤルアカデミーⅡが勝ち馬を送り込むなど、ニジンスキーがちょこちょこ走る馬を出していたこともあり、重厚な血は決してマイナスにならない。

ローエングリンの2頭にこのペイシャフェリシタ。

一応、ノットフォーマルもその中に入る。遅すぎる1200勝ちでのオープン入りのナインテイルズ以外は、マークが必要か。

脚質、展開両面で、充実期に入ったようなところがあるペイシャフェリシタの一発が狙い目とここは考える。

◎ペイシャフェリシタ

○ベストマッチョ

▲ラブカンプー

注ダイメイプリンセス

△カラクレナイ、ノットフォーマル、レッドラウダ

 

レース予想   コメント:0

クイーンS -予想-

読了までの目安時間:約 3分

 

◎ディアドラ

○ソウルスターリング

▲フロンテアクイーン

注ツヅミモン

△アンドリエッテ、リバティハイツ

パッとしない戦績が続いた実績馬、それもGⅠ馬で洋芝実績がある上に、少頭数のこの舞台に戻ってきた。

ファインモーション、テイエムオーシャンが共倒れで、3歳の重賞1勝馬に負かされるシーンを目撃した身とすれば、3歳2頭を押さえないといけないが、そのオースミハルカは札幌デビューで勝ち上がった馬。

血統は好適性を示しているが、重賞連対馬として、どこまでいけるか。

そんなこんなで、雨が意外と多く降らない限りは荒れそうな雰囲気のない一戦なので、ここを経て、どう展開していけるかを、特に、人気2頭について読み解いていこうと思う。

ここで好走できなくても、ダンスインザムードやレインボーダリアなど、惜敗だったヘヴンリーロマンスも含めると、すぐにGⅠで結果を出すような面々でも、その後は開けるケースは多い。

とはいえ、GⅠで連戦連敗だった組は、ある程度の変わり身は見せないといけない。

昨年の主役だった重厚な配合の2頭が、ややキャラが違うことは皆理解していても、案外な成長力の乏しさなど、欧州型配合の死角は、少なからず彼女たちの味方になる洋芝で、見どころのある競馬をできるかによって、その後の展望は大きく変化する。

普段の位置取りと逆でもいい。

変化のある動きが見られれば、まだまだ楽しめるスターのままでいられる。

ソウルスターリングは毎日王冠の時のように、逃げるのだろうか。

速いタイプの3歳馬やアグレアーブル、逃げると好結果を出すティーエスクライもいるが、皆遥かに格下の相手。

それを今後を見据えて継続騎乗してきたルメールのディアドラがマーク。

逆に位置取りでも、動きは似たようなものだから、斤量のわずかな差に鞍上の意識がどう影響するかが、結果を左右する可能性がある。

 

レース予想   コメント:0

サマーシリーズ展望

読了までの目安時間:約 3分

 

北海道組と本州組のスプリント、2000シリーズの各勝者を挙げてみたのだが…。

函館スプリントS
 セイウンコウセイ

CBC賞
 アレスバローズ

七夕賞
 メドウラーク

函館記念
 エアアンセム

中京記念こそ
 グレーターロンドン
が、時計勝負で人気に応えることになったが、それまでは1番人気などまるで用なしの競馬ばかり。

それもそのはず。

断然人気という馬はほとんどなく、少頭数の七夕賞で勝てるだろうと思われていたサーブルオールが3倍を切っている唯一の軸馬だったくらいで、その辺りは夏の重賞だから…、の雰囲気ともとれなくはない。

よって、どの路線をとっても、推測が難しい。

今後57以上は当然のグレーターロンドンが、夏に連戦させることもないだろうし…。

週末のアイビスサマーダッシュは、CBC賞組が3頭に、函館組が2頭で、当然、ポイント下位の馬ばかりが出てくるのだが、この特殊条件に対応している馬が多く、メンバーのネームバリューより、質の高い競馬が展開される可能性がある。

案外、その中で唯一の千直初経験となるペイシャフェリシタが、道悪の短距離戦で味のある競馬をしていて、横一線といった気配。

その後行われる、小倉記念や札幌記念で見えてくるのは、2200M以上の重賞での実績が近走の中距離の好走歴との兼ね合いが、距離短縮組の好走で、その後が展望できるから、新潟記念に元気に出てこられることが、チャンピオンの条件になりそう。

中央場所で最終戦が行われる短距離カテゴリーの2つのシリーズも、夏の始まりがこれだから、新潟の結果が左右する展開になるはずだ。

敢えて、今の時点で言えることは、初戦は不参戦、見せ場なしという馬の方が魅力か。

見立てとすると、馬券作戦ではハンデ重賞ばかりである以上、最低でも斤量据え置きくらいでないと、快走は望めない。

また、ハイペースが何故か多い重賞の傾向から、そこで前に行って粘っていた馬がいいのだが、それがベテランばかりでアテにならない。

何となく、やや長めのところに適性のある馬に決め打ちをするタイプの騎手の組み合わせに、妙味がありそうだ。

 

コラム レース予想   コメント:0

2歳馬選定<~函館2歳S>

読了までの目安時間:約 3分

 

何はともあれ、16年生まれ世代の初重賞から振り返る。

函館2歳S

ダート勝ち上がりの馬や1800勝ちの馬が先行勢にいて、上がりを要する厳しい展開になった。

とはいえ、新馬快勝のアスターペガサスとナンヨーイザヨイに明暗が分かれたのは、明らかに、揉まれ強さの差だったか。

両者とも、前を追いかける競馬を経験しているが、勝ち切ったアスターペガサスは時計こそ出せなかったが、新馬戦では自力で後続を突き放していった。

序盤のリズムが勝者は経験済みで、ナンヨーには我慢のいる展開になり、いかにも危うい若駒のわずかな経験値の差が、結果を大きくわけた一戦であった。

注目馬が登場のこのレースも。

中京2歳S

終始外から追走のアドマイヤマーズが、素晴らしい手応えのまま直線に。

少し前を行くエイシンゾーンも同じ週のマイル戦で鮮やかに新馬勝ちしていたが、人気の通り、最後は底力の差を示し、大外を突き抜けた。

ヘイローの3×5×5というあるようでない継続クロスが掛かっていて、早熟に出るとかなり難儀な存在になるが、さてどうなるか。

その他、主な期待の新馬勝ち馬は、

6月

1400以下

6/9 阪1200 アウィルアウェイ(牝)ジャスタウェイ

1600以上

6/2 阪1600 ジャミールフエルテ オルフェーヴル

6/3 東1600 グランアレグリア(牝)ディープインパクト

6/9 阪1600 サートゥルナーリア ロードカナロア

6/17 阪1600 ショウリュウイクゾ オルフェーヴル

6/24 東1800(重) アンブロークン ヴィクトワールピサ

7月

1400以下

7/1 福1200 パイロテクニクス パイロ

7/14 函1200 ジゴロ パドトロワ

7/14 名1400 ローゼンクリーガー(牝) ノヴェリスト

1600以上

7/8 名2000(重) カテドラル

7/15 函1800 アフランシール(牝) ハーツクライ

7/22 函1800 ウィクトーリア(牝) ヴィクトワールピサ

  〃   福1800 ポリアンサ(牝) ハービンジャー

当面の注目馬は、

牡馬 アドマイヤマーズ

牝馬 ウィクトーリア

近年のトレンドである母父ヘイローのマキャヴェリアンの血が入ったサンデー系2頭の成長力に期待。

 

タグ : 

コラム   コメント:0

ジェニアルが仏GⅢ優勝

読了までの目安時間:約 2分

 

今、酷暑の日本での競馬を避けたこと自体が、成功の要因だったということなのだろうか。

松永幹夫厩舎所属の条件馬が、素晴らしい結果を出した。

この夏フランスに滞在し、一旗揚げてやろうと勇躍、格上挑戦することが決まっていたジェニアル(牡4)、ラルク(牝5)ら2頭が、日曜日のメゾンラフィット競馬場のレースに挑戦。

共に、武豊騎手が積極策を敢行し、見せ場を作った。

2100Mの準重賞クラス・ペピニエール賞に参戦のラルクは、10頭立てのレースで8着。

松永師は語った。

「ジェニアルの勝利の後で…」

4頭立て。日本ではレース不成立の超少頭数の条件で行われたGⅢメシドール賞で、高い評価を受けていなかったジェニアルが好スタートから、一直線のマイルコースを押し切り、2勝馬の身ながら堂々の逃げ切り勝ちを決めた。

調教師、騎手ともうまくいったということを語ったが、母が仏の主要GⅠを複数制しているサラフィナであり、父は今ヨーロッパを熱くしているディープインパクトである。

うまく行けば…、の目論見は当然のこと。目先を変えて違う景色の中で、眠っていた適性が目覚めることを期待した結果が、こういう形でいい方向に出たというだけだ。

冷静に振り返れば、4頭立てなら、日本の条件馬でしっかりとした武器を持っていれば、あまり格の高くない重賞くらいは、何とかなることはもうすでに証明されている。

狙いはその先。

血統的な価値では、母も妹も若いうちにGⅠ馬になったバックボーンを持つラルクも見劣らない。

誰と交配するチャンスを得られるか。

挑戦はまだ始まったばかりなのだ。

 

ニュース   コメント:0