2015新馬回顧 ジークカイザー・ルネイション・カフジビーナス・サトノキングダム

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<12/26・27>

読了までの目安時間:約 3分

 


グランプリイブ。競馬は不思議なスポーツであると、改めて再認識させられることとなった。

特定の騎手ばかりが上位争いした土曜前半の中山は、しかし、波乱も多く。
この4レースの時点で2度目となった三浦-蛯名の決着のダ1200戦は、Dメジャー×クリスエスらしい馬体で、パミーナコラッジョは牝馬同士の叩き合いを制した。

一方、大野騎手らしいスマートな競馬で穴を出した2000M戦を制したのは、ダーレーのAムーン牝駒・ルネイション。
近親にヘクタープロテクターのいる名牝系出身。怪我なく育てば、難儀な穴馬になりそうだ。

渋残りの阪神。こちらも組み合わせの難しい決着続き。
稍重芝1400は、勝浦マジックというか、一度画面から消えたカフジビーナスが、ゴール寸前馬込みから顔を出す展開。
ディープらしからぬレースぶりは、プロポンチス系でも特に渋い一族の血の成せる業なのか。

ダ1800(重)を勝ったナムラアラシも、在来牝系出身でナムラコクオーの近親という血統背景を持つ馬。
ただ、エンパイアメーカーの三択がこのレースの楽しみだったというレベルの方も勝因のひとつか。

日曜日の中山は、例によって戸崎祭り。今年何度目だろうか。
ダ1800戦は、人気の超大型馬・マイティーゴールドを駆って、番手から無難に抜け出し快勝。
ゴールドアリュールは様々な体型の馬を出すが、こんなにわかりやすいダート巧者は珍しい。

芝のマイル戦は、戸崎マジックというか、後方から豪快に前を捉えたサトノキングダムの迫力が目立った。
父ディープが共通の1番人気イマジンザットとは、本質で差はない配合にも映るが、勢いが違った。

阪神芝1800も、ディープ産駒のジークカイザーが勝利。
こちらは、人気上位のディープが一団でゴールする混戦となったが、ズブい血が入っていない分、器用に走ることができたのかもしれない。
外差し傾向の馬場も味方につけたレース。
ディープ向きの馬場ではなかったが、レベルは高くなかったと思う。


* * * * *

【特集】 誰でも同じように再現できる、10万馬券の取り方


無料で利用できる評価の高い指数を使い、300倍以上の馬券をコンスタントに取りつつ、1000倍(10万馬券)以上の配当をGETする方法を掲載しました。
(下記は2019年、3連単1000倍以上の的中例から抜粋)
03/03 阪神12R 200,880円 的中
02/16 小倉01R 153,140円 的中
02/09 小倉06R 109,670円 的中
02/03 京都11R 141,960円 的中
02/02 京都03R 212,970円 的中
01/27 中京09R 185,870円 的中

 ↓ ↓
「10万馬券の取り方」解説ページ

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方