2016年 京成杯レース回顧

JUST競馬予想ブログ

京成杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

いよいよ、キャロットファームの馬の季節ということか。

プロフェットのことなどほとんど忘れかけていたのだが…。

直前の紅梅Sも、同じ勝負服で兄がラジオNIKKEI杯を快勝したアダムスピークという良血馬であるシンハライトが、際どく追いつめられはしたが、きっちり2戦2勝とし、桜花賞への道筋をしっかり立てることができた競馬であった。

本来の能力を出したプロフェットの勝った京成杯で、はっきりとわかったのは、今のところGⅢでは、完全に抜け出した馬が出て来ず、それより格が上のレースで、重賞馬が1戦馬にコロッと負けてしまう傾向は、まだ変わっていないということ。

ハービンジャーの仔で、池江厩舎所属。

母母父にサンデーで、母父はタニノギムレット。

昨年の勝者・ベルーフと似て非なるトゥザヴィクトリー一族のこの良血馬は、単純に能力の高さを見せて、アドマイヤエイカンとの激闘で札幌2歳Sこそ2着に敗れていたが、内容の濃い、将来性を感じさせるものがあった。

牝馬のタイトルホルダーもそこで負けてから、季節を経て、一気にスイッチが入るような形で急成長を見せたが、ゴールドシップでさえ勝ち損ねたレース。

いくらでも巻き返せるものだと思っていたのだが…。

高速馬場の京都のスローペースとはいえ、5頭立てだった萩Sの殿負けというのは、如何ともしがたい惨めな敗戦であった。

血統の印象通り、反応は良くないようだ。

結果として、彼より上の順位に来た馬たちは、そのあとすぐに重賞で好走しているから、いかようにも捉えられる大した敗戦の内容ではないのかもしれない。

でも、こういう馬に負けてしまったウムブルフ、マイネルラフレシア、プランスシャルマンといった関東の秘密兵器として期待したかった組は、残念ながら、現状の総合力が今一つ足らなかったということだろう。

前半は全くレースに参加していなかった3着のメートルダールやどう考えても畑違いの4着・アドマイヤモラール、それにこっちのドイツ血統か…、という感じで上手な競馬をして2着と粘り込んだケルフロイデなど、恐らく、本音を言えばもっと違う条件の方が合っていそうな馬は、きっちり見せ場たっぷりの内容で好走しているのだ。

フォーリー騎手に変な先入観がないからこそのオーソドックスな先行策で引き出されたプロフェットの基本能力は、ほぼ札幌の叩き合いの時のものがそのままここでも出せていたから、上がり目の面はともかく、京成杯の好走基準通りの競馬であったのは間違いない。

加えて、もう年明けのレース。

アクシデントがあって能力出し切れずならともかく、パドック気配からまだまだ幼さが残る頼りなさげなウムブルフの凡走も、スタート直後に逃げたオンザロックスに寄られたにしても、自分の形を変えることに挑もうとしたのか変に中団からの競馬で何もできずに終わってしまったマイネルラフレシアの惨敗も、プロフェットの多様な競馬の経験を上回るだけの絶対的な力が足らなかった証だ。

更に、このレースは、2000M以上のレースの向く適性が問われる。

皐月賞よりもダービー、菊花賞の穴馬が出てくるイメージがある。

アドマイヤジャパンやエイシンフラッシュなどだ。

本来ならば、プロフェットの復活は万々歳の結果なのだが、今回に関しては、相手が軽かったのかもしれない。

勝ち時計は問題ないが、こういう馬場状態への適性を証明したという面で、彼のこれ以上の活躍も、条件があった時に限られそうな予感がする。

それは雨か?

 
-----

万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を当サイトで実際に登録し検証。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社のみを掲載した。ご参考まで。
競馬予想会社の正しい探し方
   
  


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方