2016年 新馬レース回顧 ゾンコラン サクラエンパイア オアーゾ

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<1/30・31>

読了までの目安時間:約 3分

 

積雪による中止も危惧されていた土曜東京は、アンパイのダート1400戦が無事開催。
重馬場の一戦をアロヒが制した。
カネヒキリ産駒。人気の関西馬・ゾンコランが抜け出しにかかったところを外から捉えきった。
が、時計が遅いので、今後の参考にはならないか。

一方、西の2場の芝のレースでは、減量の若手騎手が穴党を満足させる競馬で盛り上げた。
そのワンツースリーとなった不良の中京マイルは、最後は一騎打ちになったが、城戸騎手のカネトシブレスが逃げ切り。
ダノンシャンティに逃げのイメージはないが、若手の逃げ切り狙いは、馬券作戦の基本である。

一方、京都も前残り。
断然人気のフランドルの追撃を、12番人気と10番人気の先行馬が受けて立つ京都らしい波乱の構図。
二枚腰を見せた12番人気のヒラボクミライが重の2000M戦を制した。
フランドルは、血統は重巧者だが、牝系は平坦向きが多いパロクサイド系だから、ルメールの期待ほどは反応しなかった。

天気も回復。馬場も、一段階良化した日曜日。
ダート2戦は、ともにゴール前の攻防が面白かった。

東京マイル<稍>は、サクラエンパイア好位抜け出し楽勝の流れから、坂を上がりきった後、急に外へ切れていってしまい、その隙にゴールデンブレイヴら後続が一気に迫って、一団でのゴール。
写真判定の結果、サクラとゴールデンが同着優勝。まあ、サクラの方が力は上だと思うが…。

京都1400<重>では、前日メインで超ハイレベルな展開を作ったベテラン騎手同士の争いを、まさかの差し返しで惜敗した小牧騎手が3800勝騎手ゴール前きっちり交わし、溜飲を下げた。
勝ったヒーローメーカーは、サクラエンパイアと同じエンパイアメーカー産駒。
アンブライドルドの系統は、肉弾戦向きではないから渋馬場は得意なようだ。

東京芝1800。良回復もディープ飛ぶ…。
オアーゾは、ポンと出てマイペースの逃げ切り。ネオ牝馬で難儀な馬だろうが、マイネル馬独特のアクティヴな勝負をできる強みが活きた印象。
人気薄のディープを引き連れてくるあたり、岡田さんもしてやったりであろう。

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方