2014 2歳馬選定

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

2歳馬選定 9月

読了までの目安時間:約 2分

 

9月名物のオープン特別では、今後に期待の持てそうな逸材が各々2勝目をあげた。

野路菊S
ダノンメジャーが期待に応えた。後方から強引に差し切った格好だが、坂も当日輸送も同時クリアしたのは好材料。
課題は、末脚の限界の見極めだろう。Dメジャー産駒。

ききょうS
新潟では強烈な末脚が炸裂したり、不発だったり。
でも、3戦で2勝をあげたナヴィオンの才能は秀逸。同じような道を辿ったジャスタウェイもそうだったが、人気に推された時に結果を出せると、後々大きな仕事を出来る才能へと成長を遂げるのがハーツクライだ。

芙蓉S
掲示板に載った5頭全てが32秒台。
その驚異的な瞬発力勝負を32.0秒の脚で制したのがジャスドゥイング。地味ではあるが、この馬の武器は確認できた。新馬で札幌2歳S優勝のブライトエンブレムに負けた馬でもある。
3戦以内で2勝馬になったこの4頭が、当面の基準馬となる。

新馬・未勝利組は、阪神開催から大物候補が出現した。
9/13 チャリシー       新潟<未>
9/14 サトノフラム      阪神<新>
9/27 ステラスターライト   新潟<新>
10/4 スティーグリッツ    阪神<新> 

チャリシーはハービンジャー×ブリガドーンということで期待値大。
スティーグリッツが、最新ランキングでブライトエンブレムと同格と見る。

ダート圧勝のクロスクリーガーもいる。昨年のこともあるし、マークは必要か。
また、ネオルミエールと3戦目の未勝利戦を勝ち上がったニシノクラッチは、週末のいちょうSに登録しているので要注目だ。
特に、後者は叩いたあとのマイルで速い上がりを使って勝ったから、一族のイメージを変える存在ともなり得る。

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方