2016年 弥生賞 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

弥生賞 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

前半の流れからして、レースレコード、1分59秒台の決着は間違いなしの展開。

マイルを使った後の休み明けのせいか、エアスピネルもリオンディーズも危うさが見えやすい形でパドックから返し馬に入ったところで現れ、3強対決の構図は、マカヒキ&ルメールがハイレベルの展開でも、きっちり直線で反応してくれれば、俄然有利のお膳立てが整った。

終い勝負にかけたのではなく、自然と後方待機策となったマカヒキには、それでも有利なことが多かった。
途中から縦長の展開を見て、正攻法で戦った新馬戦の形に戻して普通の競馬をしたリオンディーズやスタート直後に内の馬と接触してから、どうにも折り合うことが簡単にはできなくなってしまって、気持ち理想よりは前での競馬になってしまったエアスピネルなどをずっと監視しながら、それでいて、初重賞で色々試してみたいことがあったなかで、展開利があるのは十二分に理解できていたから、自分から仕掛けていく時のゴール前のストライドが、とても逆算しやすい状況で、かつそれで脚が上がるか上がらないか、その一番限界に近いものが出てしまう時と負けていない馬を負かす最高の条件が重なり合い、完璧なゴール前での差し切り勝ちへと繋がっていった。

裏を返せば、2、3着馬に上がり目がないということが判然としたのではなく、ここまで底を見せていなかったGⅠ組の2頭が、真剣に戦法を考え巡らせるべき状況になったことが、レースレコードの決着であったことにより、様々な可能性を探っていける面白みが加わったとも言える。
即ち、朝日杯ツートップの終わりの始まりではなく、第2章のスタートなのだ。

とはいえ、今日のところは、マカヒキの上昇力がいかに凄まじいものであったかというのが、大変見えやすい形で結果として現れたから、まずは負けを認めざる得ない。
マイラーというか、マイルのGⅠで好走した馬が、弥生賞として破格の前半1000M59.5秒の展開で敗れてしまっては、やはり減点が大きい。

上昇力ではなく、2000Mに対する適性が彼らより上で、これまで父ディープインパクトと同様に、成長曲線に見合ったレース選択、またその使われた時期という絶妙なローテーションにより、何の消耗もなく、ただひたすらに成長することだけがここまではできたという強みも合せて、こういう状態で戦えたなら、結果的にしろ、常識論で言っても、マカヒキのための弥生賞であったということだろう。

が、サトノダイヤモンドやここに出てきたリオンディーズもそう、いつかは負けるかもしれないという戦いをしていった中で、あっさり新星に負ける構図は、ハイレベルであっても、その戦績の通りに能力差を把握する手は、あまりに単純すぎて危険である。

今回のレースに関していえば、
マカヒキの内枠スタートはかなり不安。
→少しムキムキのパワー型の体形で、器用に立ち回るのが得意とは思えない。

リオンディーズのスピードはまあまあでも、スタミナがわからない。
→1分58秒台の決着が予想される状況で、また折り合いがうまくいかないと怖い。

エアスピネルは、もう正攻法では戦えない。
→普通の巻き返し方では通用しない相手ばかりで、器用さを活かしてイン強襲に拘るなどしないと苦しい。

弱点はあるだろう。
ただ、それぞれに豊かなスピードがあることはわかった。いや、再確認できた。
皐月賞も、きっと前半は1分59秒を切ってくることだろう。
この経験が、いかに大きなことだったか、またいかに不幸なことだったか、次戦ではっきりわかる。
恐らく、本番で失敗する要因とはならないはずだが、どうなることやら。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方