2016年 新馬レース回顧 

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<3/5・6>

読了までの目安時間:約 3分

 

別れの季節は一転、一週間で出会いの季節へと様相が変わり、2年目の外国人騎手やベテラン勢が若葉マークも真新しい新人君・ちゃんの壁として立ちはだかり…。

午前中からファン、関係者の視線を集めた3月最初の中央競馬開催日となった土曜日は、中央場所2場でダート1200Mの新馬戦が行われた。馬場は良。

中山も阪神もレースの構図は似たようなもので、ルメール、デムーロの乗る上位人気馬が、ゴール前さっと前に出るという、スプリント戦で最もよく見るパターンの展開となった。
中山では、1番人気の外国産馬・ティールグリーンが快勝。
新人に触発された減量騎手跨るが穴馬を連れてくる流れは、勝負の世界の厳しさをよく表した結果であった。
阪神は、マツリダゴッホ産駒のメイショウアタカマが勝利。
こちらも、4着だった人気のエスシーシャールの間に真ん中より下の人気だった馬が入って、ワイド万馬券が発生したが、中山より時計がひとつ遅い分、やはり全体のレベルも…、ということだろう。

日曜日は、今度はダート1800戦が2鞍。
展開は1200戦と同じ感じだったが、結果は大違い。

中山では、プラチナダリアが穴をあけた。
12番人気ながら、断然人気のアナザープラネットを抑え込むなかなかの内容だったが、時計が遅かったので評価は難しい。
ゴールデンダリア、スカイディグニティの半弟で、ディープスカイ産駒の大型馬。
リボーが2本。父方のキートゥザミントだけならいいが、母方のアレッジドが悪さをしそうで…。
パンチが利いているので、大物食いもまたありそうだ。

阪神は、早め進出から押し切ったネクストムーブが快勝。
3番人気のバトルプラン産駒など買う気にはならないが、ファンのお目が高かった。
ゴーンウェスト、ノンファクトなどが出ているアメリカの名牝系で、馴染み深いところでは、NHKマイルC初代覇者のタイキフォーチュンが一族にいるバックボーンもあって、単調そうで、実は底力がすごくあるというのが特徴。
東の穴馬同様、信用ならない部分があっても、どこかでまた大仕事をするタイプだろう。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方