血統予想・コラム

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧・3歳裏路線回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

新馬戦は土日で1鞍ずつ、ダート1800Mのレースが行われた。

土曜の中山、稍重の一戦は、渋めの血統の馬ばかりが集まった印象のレースを、2番人気クインズプルートが超スローからの逃げ切りで制した。
バランスよく色々な系統が織り交ぜられた母系からは、近いところでサブジェクトが出ている。
まあ、ダートで先行するタイプだろうが。

どことなく、脚元の事情で芝を使えないのだろうという良血馬が多かったように感じる日曜の阪神では、1.8倍の本命馬・アドマイヤリアルが、こんな感じでいいのかなという不安いっぱいのフットワークで、好位抜け出し、3馬身差で初陣を快勝した。
3歳重賞で好走していたミッキーチアフルの下。ある意味大物だ。

触れるべきことも減ってきた。
2月の開催以降の期待馬もまとめて列挙したい。

ダービーの伏兵候補は出てきた。
京都から
アドマイヤダイオウ
東京
サトノキングダム
レーヴァテイン
小倉
マウントロブソン

いずれもディープ産駒で、共に距離の目途を立てているアドマイヤダイオウ、レーヴァテインに関しては、パワー優先の血統背景がどうなるかの課題、残る二者は距離適性との兼ね合いで、トライアルという関門の潜り抜け方が重要になってくる。

重馬場3兄弟も興味深い。
マイネルハニー<マツリダゴッホ>
ナムラシングン<ヴィクトワールピサ>
ゼンノタヂカラオ<キンカメ×Dビコー>小倉未勝利
ダート寄りの配合の影響もあるだろうが、この武器は買い。

新馬組では、東京で勝ったビッシュを推さないわけにはいかない。
サトノキングダムと酷似した欧州型配合。体の小さい牝馬で、オークスの有力候補。
2着だった牡馬のムーンクエイクは、中山1800戦で圧勝している。共に、ジョーカーになり得る期待馬だ。

後は、血統面からシャガンツ、ショパンのフォローはしておきたい。晩生の社台牝系出身。
新馬でハートレーに敗れ、3月の中山で復帰、後方一気を決めたオーダードリブンが最後の大物候補か。
評価に迷う東1400M3勝のトウショウドラフタは、ハイペースの末脚勝負に強そうな性質が秘める。
父アンライバルド、従兄弟はスイープトウショウ。侮れない。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方