2016年スプリングS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

スプリングステークス 回顧

読了までの目安時間:約 5分

 


気配は悪くなかったロードクエスト。
ほぼ、思惑通りの仕掛け。

敗因を挙げるならば、休み明けよりも、コーナーワークの不器用さであろうか。
東京、新潟はものの見事に前を呑み込む末脚で、他を置き去りにしていったのだが、450kg台の牡馬にしては小柄な馬体では、まだ多様な要素を求められる舞台に変わって、自分の型を崩してまで戦える術はまだ持っていないのだろう。

血の中には、早熟性は一切見受けられない完全晩成型の配合。
新潟2歳Sは、馬場もあったのだろうが、勝ってしまったという側面が大いにあったのだろうと、今となっては思う。
夏の新潟で大駆けしてしまうと、その後、必要な成長力を失うことはある。
時計そのものを求められない展開であったとしても、彼は、かなりタフな馬場状態でありながら、直線で、10秒台のラップを2つくらいは繰り出して、終い32.8秒で駆け抜けている。

楽勝ではあったが、スケール感がフルに引き出されやすい舞台だけに、ジャスタウェイのように、負けちゃったなあ…、くらいの走りに止めるのが理想なのかもしれない。
残念だが、普通にやったら、皐月賞では用なし。
勝ちに行く、ある意味での勝負の殿から強襲策でも、時計を持っているメンツが多いから、頭までは厳しい。

ドレッドノータスは、エアスピネルと同じような前向きさに拍車の掛かったような頭を上げたフォームで、レース前もレース中も走っていたから、出たなりに出た結果、外目中団後ろ目の追走。
本質は合う戦法でも、馬場状態や臨戦過程に加え、母ディアデラノビアのように器用さを身に着けるのに、ちょっと時間を要するタイプなのだろうから、この惨敗は、良くも悪くも血の成せる業なのである。
差す形は、広々コースからというタイプだ。

そうなってくると、実績馬ではなく、上がり馬、急成長の組に出番だ。
当然、得意の渋馬場であわやの逃げ込みを見せたマイネルハニーにしても、後の重賞好走馬2頭に敗れた後に、さあ自分の番だ、とばかりに連勝を3に伸ばしたマウントロブソンにしても、相手が自滅ないしは、自分の競馬の型がしっくりこない状態での勝負で先着したのだから、手放しでは褒めるわけにはいかない。

夏の重賞で言われるところの、格より調子のスタンスで行けば、それはクラシックであり、西の天皇賞の前哨戦を快勝したシュヴァルグランのように、まずは順調に使っている馬が、かなり有利になるのは間違いない。
人気馬が消えそうな要素がなかったわけではないこのレースにしたって、だった他に何がいたの?という感じで、前走2000Mで勝っている馬だけは、何とか通用した、という程度のものだ。

勝ってしまった、頑張ってしまった。
ロードクエストだけは、逆転の旗手としてのプライドを見せられたはずだが、それは叶わず。
だから、道悪になったらまたマイネルハニーは頑張るだろうし、総合力勝負ならば、きっとマウントロブソンにも着争いをする可能性は、勢いがあるのだから十分なものは見出せたのだが、単純な話、ロードクエストがちょっと頼りないレースをしてしまって、坂も苦手そうだなという印象も定着してしまった今、安易に主要トライアルだからといって、その好走を単純に評価するわけにはいかない。

勝ち時計は1:48.1と優秀だったが、1800重賞のスケールから飛び出した何かを持っている馬は、ちょっと今回は見当たらなかった。
やっぱり、ロードクエストは人気応えないといけなかったのだ。
 
 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方