2016年産経大阪杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

産経大阪杯 回顧

読了までの目安時間:約 4分

 


百戦錬磨の横山典弘と武豊に、残りの9騎は見事に翻弄されてしまった。
おまけに、勝った横山は、武豊よりキタサンブラックの逃げ脚を、またその特性をよく知っている。

皐月賞もダービーも、自分の後ろにいたのがキタサンブラック。
セントライト記念も、キタサンブラックを負かすために、ミュゼエイリアンで逃げて、惜しくも敗れたが、ほんの少しの差だけ。
武豊が、それをスッと前に行かせたなら、それは明らかに楽逃げである。

休み明けで、しかも大分体を減らしていたマイネルラクリマが、さっとハナに行けるという読みは楽観的すぎる。
だから、かつてこの勝負服を纏って数々の名勝負を作ったカンパニーの時のように、掛かることは承知で、番手につけていったのだろう。

ペース判断に関して、他の追随を許さない大ベテラン2人によるレースコントロールは、勝負前の叩き台ということを考慮しても、他には厳しい競馬であった。

アンビシャスには、少なからず、叩いたことの唯一の不安であるイレ込みすぎるリスクがあったが、事前に丁寧な返し馬をしたことで、レースの流れに逆らう乗り方もしなかったから、どうしようもなく難しい状態に陥ることはなかった。

本質、単騎逃げをしてしまうと、ちょっと飽きっぽさを出してしまうところもあるキタサンブラックは、相手が強烈だったことと、逆にそのせいで、周りが勝手にけん制し合ったことで、アンビシャスとウインウインの流れを作ることに成功して、結果としては負けてしまったが、目標はここではないので、これ以上前に行って勝ちに行くのも競馬が難しくなる原因になるから、結果論の2着なら、堂々主役として天皇賞に出られる立場であろう。
叩いた方がいいタイプだし、何も心配はない。

5歳、6歳勢全滅。
いや、これは現状の立ち位置と、このコースに対する適性もあったか。
ショウナンパンドラは、昨秋の古馬タイトルホルダーの意地を見せ、3着。
これを好内容と見るか、それともスケールダウンと見るかは、何とも言えない部分はある。
ただし、勝った馬が叩き2戦目、2着馬は長距離実績のある先行型。
上がり勝負で、かつ時計も出やすい馬場状態であったから、まあ、互角とは言い難いとしても、じっくり仕上げていけば、今年も宝塚の辺りでは、ちょうどいい状態になっているはずだ。
少なくとも、同期の中では今が一番旬だろう。

ラブリーデイはテン乗りと昨年が良すぎたことの影響もあり、まあまあの4着。
イスラボニータは、中山記念組の呪縛から解放されれば、まだまだやれそうだし、ヌーヴォレコルトには、今日くらいいいじゃないかと労いの言葉を送っておこうと思う。

人気順ではないが、それなりに納得のいく結果であったことからも、ドバイの結果を踏まえなくとも、4歳世代が中心の競馬が、今後も展開されることは間違いない。
展開上の特殊性はあったが、差してきた組には、昨年以上の迫力は概ね感じられなかった。

 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方