2016年 NHKマイルC レース回顧 

JUST競馬予想ブログ

NHKマイルC 回顧

読了までの目安時間:約 6分

 

パドック気配も返し馬も、ボチボチ。
それは、上位に来た人気の2頭のこと。

それでも、1:32.8というマイルドラマを紡ぎ出したのは、間違いなくこの2頭である。
素直に、9月の時点でクラシック候補に名乗りを上げた彼女たちの才能の素晴らしさを改めて引き出した調教師の技術と馬自身の底知れぬポテンシャルを称賛したい。
並の2歳Sウイナーでは、この東京マイルで破天荒な策は通用しない。
時計にその価値を感じる。

このレースを勝ったメジャーエンブレムは、ルメールマジックがあろうとなかろうと、阪神JFくらいなら楽に勝てる馬だった。
クイーンCを挟んで桜花賞というところまでは、JF快勝で既定路線。

ただ、運命のいたずらなのか、関東馬に桜花賞は未だ高嶺の花なのか、古典の記録まで引き合いに出されて、そんなところを勝ったのなら、もう後は用なしだよ、などと穴党に唆されるように、何か憑りつかれる様に普通の競馬をしてしまった桜花賞のメジャーエンブレムとルメールは、終始自慢の高性能エンジンを見せびらかせるだけで、ついに全開にすることなく4着と敗れる。

シゲルノコギリザメという、展開上、最も気にしないといけない馬を相手にした今回競馬は、皆が想定したように、厳しいマークの中の逃走劇となった。
が、父の妹ダイワスカーレットがそうであったように、その同期のウオッカもそう。
相手が自分を狙い撃ちしようというとき、相手が自分より格上のように映る力関係の時ほど、自分らしさがより輝きを放って、十二分に引き出される不思議な性質が、このメジャーエンブレムにもあったのだ。

そこまでは、阪神JFまでの結果で想定される範囲のパフォーマンス。
それ以上のものは、すべてクイーンCで出してしまった。
実は、そのことがすごいと思える理由なのかもしれない。

新潟2歳Sを勝った時は、一体どこまで飛んでいくのだろうと思われていたロードクエスト。
ホープフルSもスプリングSも大して負けていないのに、人気を背負っていたから、やたらと印象が悪い。
皐月賞は展開が思った以上に速くなったのに、ホープフルSのような捲りを繰り出し、最後は伸びあぐねて8着。

追い込み馬だからこそ配された池添騎手だから、気分よく走らせてあげたい実績のあるマイル戦で、こちらも皆が思った通りの競馬に徹することができた。
相手は、ハイペースを作る馬。

脚質こそ真逆ではあるが、彼らは、本質的な部分で繋がっていたのではないだろうか。
晩夏のマイル戦で、お互い、未来の飛躍を確信した以外にも、非なるようで似たものがあった。

「テンの3F34.3秒」
「終いの3F33.8秒」
結果は、ロードクエストがメジャーエンブレムに0.1秒差劣るのだったが、結局、2頭とも自分で競馬を作っているということであろう。

メジャーエンブレムは見た目にわかりやすく、新潟2歳Sで誰よりも自由に位置をとって、最後の直線は誰よりもタフな馬場を選択し、4馬身突き放したロードクエスト。
考えてみれば、いくらか晩生の血統でありながら、2歳Sで歴史的勝利を収めた後、どこかで不発に終わるのは当然のことなのだ。

反動が出た結果、期待した舞台では結果を出せず、良くとって、前走と平行線の、メジャーの場合は、絞って中距離仕様にしつつ、地元のレースで負けられないことで攻めた分の体調落ちがありながら、底力の東京マイルでは、自分を取り戻して、本来の競馬をできたのである。

マイルという距離で、かなりの能力を秘めたライバルはほかにもいただろうが、即この場でその能力を出せる馬は、他にはいなかった。
字面は人気通りだが、そこまで信用していないファン、関係者は多かった。
しかし、相手抜けの筆者が言っても説得力に欠けるが、これは当然の結果なのだ。
クラシック戦でない以上、レースの質は、人気馬の走り方如何でどうにでもなってしまう。

唯一、このレースの残念だったところを挙げれば、このトップ2にどのように挑んでいったのか謎の残るティソーナのスタートミスだろう。
挽回しようという騎手の意思に対し、馬は直線を走るように猛然と押し上げていき、掛かってしまった。
普通に外を回しても…、それは結果論か。

 

JUST-RESEARCH.COM 【競馬予想関連記事】
競馬予想会社の正しい探し方
競馬通の知人の協力を得て、万馬券を「無料情報」で的中させている競馬予想会社・競馬情報会社を実際に登録し検証してみました。無料なのに高確率で3連単の万馬券をヒットさせている実力会社とは?
競馬必勝法各論~真の必勝法とは~
大手スポーツ紙の馬券名人コンテストで全国優勝したこともある当サイト管理人による独自の競馬必勝法をまとめました。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方