2016年 新馬レース回顧 

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<6/4・5>

読了までの目安時間:約 3分

 

2016-17シーズンの新馬戦が、いよいよ中央競馬でもスタート。
2場開催で、全て芝のレースであったせいか、有力新種牡馬が初日からまとめて揃い踏みと相成った。

その新種牡馬の産駒が勝ったのが、東京の1400M戦。
断然人気に推されたメイトサンがモタモタして、直線でもごちゃつくアクシデントに見舞われたのとは対照的に、直線では誰よりも反応良く末を伸ばした4番人気のマイネルバールマンの走りが目を惹いた。

これがジョーカプチーノ産駒の初出走馬。
ニジンスキーの一族で、母系もしっかりしているから、案外大成するかもしれない。

曇天の阪神では、東京より一足早く、今季最初の新馬戦が行われた。
マイルのレースを制したのは、クロフネ産駒のレッドラシーマ。
先行勢ほど行きたがる状況で、外枠からスムーズにそれらを見る位置につけ、早めの進出から、人気のサトノホルスをねじ伏せる内容。

ダンスパートナーの一族で、近親にはトーセンアレスがいるからどう出るかはわからないものの、現時点での完成度はなかなかのレベルにある。
パワー優先でも、小回り向きの機動力がありそうだ。

想定より雨の影響を大きく受けた日曜日は、阪神1400が重、東京1600は稍重馬場でレースが行われた。
阪神では、1番人気不発、その他上位人気馬の勝利という、今週の流れに沿った結果。

ルイは前に行けず、アンジュシャルマンはスムーズに好位につけ、最後は一騎打ちとなったマイネルパラディともに後続を大きく離し、半馬身差以上を詰めさせない横綱相撲で初陣を勝利した。
大物は少ないが、仔出しのいいシーズアンの牝駒。長い付き合いになりそうだ。

東京競馬は、前日のブチコ事件アゲインで負傷したルメール騎手に代わって騎乗したデムーロ騎手鞍上のメモリーミネルバが中団から伸び、ロジムーンには外を回らせた分だけの差をつけ、クビ差残してゴール。

今年もいい馬を出したトーセンファントムも素晴らしいが、雨が降ったら在来牝系の出番ということか。
兄にハレルヤボーイを持つファイトガリバーの一族だが、この小柄な牝馬は意外と直線勝負型のキレ馬になるかもしれない。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方