2016年古馬王道路線春総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

古馬王道路線春総括

読了までの目安時間:約 3分

 

今季のチャンピオン路線の実質的な開幕戦は、4歳のトップホースらが活躍したドバイ国際競走であった。
リアルスティールがムーア騎手を背に、実に勝負強い抜け出し方で初タイトルを獲得したドバイターフ。
スタート前に落鉄し、装鞍する場所まで戻って打ち替えを試みるも失敗し、桜花賞のイソノルーブル状態でのレースとなったドゥラメンテは、昨年からどんどん強くなったポストポンドを捉えきれず2着に終わり、世界デビュー戦はほろ苦い結果に。

その後は、モーリスも圧巻の香港GⅠ連勝を決め、今年も前途洋々の日本勢となるはずだったのだが…。
その日のもう少し早い時間に行われた天皇賞は、武豊騎手の絶妙なペース配分に、差し馬が実力を発揮する前にレースの流れは決し、キタサンブラックが淀の覇者として再び君臨する結果となった。

カレンミロティックのハナ差負けは、今年何度か目撃した極めて惜しい内容の中でも、最も衝撃的なものではあったが、何となく見えていた結末のようにも思えた。
ゴールドシップと接戦を演じた馬は、彼と伍して戦える馬ではない。
かつて、ラブリーデイを子供扱いにした金鯱賞は、もう2年半以上前のレースである。

宝塚記念というのは、春の総決算であると同時に、古馬にとっては、秋のGⅠの前哨戦の意味合いも持っている。
「戦う前にわかっていること」
よく考えてみたら、ステイゴールドの代表産駒以外は、春のGⅠなり、ちょっと前までなら金鯱賞、今なら鳴尾記念で力のあるところを示していた馬しか来ない。

だから、ギリギリのところで踏ん張ってレース中は怪我するところまでは至らなかったドゥラメンテは、結果として連対は確保した。
しかし、本命馬が不意打ちを食らうのがもこのレースの特徴。

「牝馬では勝てないレース」
スイープトウショウと逆に順番で宝塚記念を勝ったが、意味合いはまるで異なる。
こちらは、牝馬のチャンピオンとしての矜持を示した結果。距離適性と特殊な馬場への適応力が、チャンピオン級の牡馬より遥かに上だったことも、大きく結果に影響した。
マリアライトの稀有な個性は、宝塚記念への類まれな適性を有していたようである。

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方