2016年中京記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

中京記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

何でもありの福永最終週祭りは、通常ならまず圏外の位置にいたガリバルディのマイル適性を十二分に引き出して、後方一気を決めるという豪快すぎる結末で、他の実力者たちをまるで相手にすることなく、独壇場のまま終幕を迎えた。

今にして思えば、マルカシェンクの弟である。この馬も兄同様、早くからかなり期待されていた。
オープンに再び上がってから、5着が3連続で少し生ずるいところを見せていたかと思っていたが、昨年から福永騎手ではなく、デムーロ兄弟にルメール、シュタルケにここ2戦はデュプレシス騎手が乗って、中距離のスピード型に育てようという好位つけの競馬をしていたのだが、どうせ人気のないここなら、自分の思っていた理想の形に戻すのもいいのではないか。

同型というか、末脚自慢のダッシングブレイズやトウショウドラフタ、ここに来て大分自在に立ち回って勝ち切ることができるようになってきたピークトラムもいて、ケントオーも前走の米子Sの内容からもっと人気になってもおかしくなかったのだが、結果だけ見れば、いつも中京記念ではほとんど頭までは来ない馬ばかり。
「ダメだったか」

直後にウインフルブルームが奇跡の復活を果たしたことで、何だか中京記念って一体?状態のフワフワした気持にもなってしまったのだが、結局のところ、人気馬の弱点が最も引き出されてしまうのが中京記念ということになるのだろう。

完全に自分の世界に入っていたガリバルディと福永騎手のコンビが、ダメ元で大外に振って末脚を伸ばしてきた時、荒れ馬場であることは百も承知で、一番伸びないところに入っていった人気2頭のもがき苦しむ姿が画面に映されていた。
トウショウドラフタは、近年よく起こるとんでもない量の降雨の影響をもろに受けたファルコンSの勝ち馬だから、インをついたこと自体は問題ではない。

しかし、3歳馬が滅多に出てこられないレースに、GⅠ好走馬であるトウショウドラフタが登場するということ。
外差し競馬であれば、真っ先に評価されるだろう差し、追い込みに魅力を感じさせるダッシングブレイズ。
前者は、外から伸びるというイメージは特別はないが、距離をこなすのに何か工夫がいるイメージがみんなにあった。
後者には、ただひたすらに不器用で揉まれ弱い、豪快な競馬が合うが故に伴う危険性が常に付きまとっていた。

恐らく、関屋記念であれば、ダッシングブレイズは3倍を切る単勝支持であり、トウショウドラフタだってもう少し人気になって混戦ムードではなかっただろう。
が、3.5倍であり、5.3倍である。
ハンデ重賞では買いたくない人気馬という意味では、先週のバイガエシやレッドレイヴンと同じような存在。

ダメだったかの本心は、でも、ちょっと違う。
そんなジンクスなど簡単に破ってしまうはずの才能があると、みんな信じていたからこその支持なのである。
ただ、極めつけの外差し馬場で、仕掛けのタイミングが普通とは違うポイントであった方が、確実に勝機が出てくる特殊な条件で、ダッシングブレイズは危ない人気馬らしい弱点モロ出しの揉まれる競馬で見せ場なく敗れ、後者は、適性を感じるがあまりにリスキーなイン強襲を狙い、互いに上がりは34.6秒で二桁着順。

一方、期待されなくなったピークトラムは正攻法でそれを0.2秒上回る脚を使って、中身の濃い2着。
ガリバルディに至っては、人気両頭を1秒上回る脚で突き抜けた。
もっと後ろにいたケントオーも決め打ちの殿一気で3着。
無論、皆外を積極的に選んできた馬たちである。

ちなみに、最終レースは先行残りで、3着にやや過剰人気で、しかし追い込んできた福永騎手の馬が馬券に絡んだ。
むしろ、雨が降ってもっと馬場が荒れないと、脚質で決め打ちも難しい。
本命党泣かせのレースというより、穴党をも大いに悩ませるこの超バイアス重賞は、来年もファンを振り回すはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方