2016年関屋記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

関屋記念 回顧

読了までの目安時間:約 4分

 


上昇力を問うたという面で、ヤングマンパワーの成長力と、昨年既にこのレースを経験していた強みを加味すれば、近走の安定したレースぶり、特に、春の谷川岳Sでも好走していることからも、やや上昇力に疑問のある春の実績馬や左回り巧者の面々の支持を考えたら、活きのいい4歳のヤングマンパワーが軸馬に最も相応しい存在だったということだろう。

昨年までは、フォームがふわふわしているせいか、混戦で粘り強い競馬をするようなタイプにも映ったが、今年に入ってからは、福島で圧勝したシャイニープリンスの2着になって、その後もう一度自分のフィールドであるマイルに戻ると、相変わらず正攻法ではあるが、ただ混戦で台頭する穴馬の競馬というより、相手なりに力をバランスよく発揮する上手な競馬をできる馬になっていた。

だから、昨年と似たようなスローになりそうな序盤の展開が、昨年覇者のレッドアリオンの果敢な逃げになってから流れが一変し、例年よりはパワー優先の勝負になったことを味方につけ、決め手では上位だろうダノンリバティ、マジックタイムの追撃もしっかりとあしらうこともできたのだ。

ヤングマンパワーは、フランス血統にサンデーサイレンスをつけられた母と、オーストラリアのトップサイアーであるスニッツェルを父に持つという、マイル以下のパワー勝負に向く平坦歓迎の配合だから、恐らく、アーリントンCで大接戦を制した時より当然力をつけているにいても、実はもっと簡単に勝ててしまったような手応えがあって当然なのである。

元々混戦向きの馬が、少し器用になったことで、ちょっと割を食ったのはマジックタイムか。
この馬は、ルメールだからもう少し前で競馬するという見立てもあったが、前走はあまりに前で勝負してしまったから、長い目で見ても、得意な新潟でスローは見えていたとしても、半々の確率で下げて勝負する可能性はあった。
そして、結果だけを見れば、中団の外の方にいて直線勝負は何も間違いではないのだ。

ただし、マイナス体重以上に、明らかに仕上げる過程の中でここを使っていこうという印象の休み明けの体だったので、当然のことながら、目一杯の稽古はさせられないし、案外死角も多かった存在でもあった。
見せ場を作った3着というよりは、前の2頭が頑張っているところに人気馬のメンツで何とか顔くらいは出した程度の内容。
まあ、今はもう大きなところを狙える立場だから、中山でも東京でも、次はもっといい競馬をしてくれるだろう。

そういう意味では、ロサギガンティアのよもやの先行策も、少し乗り慣れてきた松若騎手に再度手が戻ったダノンリバティの積極的な位置取りも、掲示板には載れているわけだから、判断ミスなどではない。
本来は、これらと勝ち馬との争いになるはずだったというだけのこと。
またしても激走したダンスアミーガは良血馬独特の底力を感じさせるものはあるが、1分32秒台で好走歴のないピークトラム以外は、左回りや平坦コースでの実績が順位に反映されている結果となった。

内田騎手は、3歳の時にレッドアリオンに乗ったことがあり、この一族独特の気性に合わせて、後方待機策から勝ったサトノギャラントに次ぐ末脚で0.3秒差にまで詰め寄った。
昨年の競馬を知っているから、そんなことをしなくてもいいはずと思ったのだろうは、結果は変なスイッチを入れてしまうことになった。
が、あの時手も足も出なかったサトノギャラントに、今回は真逆の策で半馬身差先着した。
ただ、彼らは今回輝けなかった。
かつて、このレースを盛り上げた馬が、若手の台頭を見守るように、自分のできる限りのあがきを見せてくれたことには、ある意味で称賛すべきなのかもしれない。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方