2016年 新馬戦レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<8/27・28>

読了までの目安時間:約 3分

 


少しはまともな気温に落ち着いた今週は、1日1鞍×3で計6鞍の新馬戦が行われた。

土曜日は1200戦が2つ。
今週も小倉が発走順で最も早く行われた。
そこで勝ったアオアラシは、軽いミスプロの代表格たるアルデバランⅡの影響か、器用にインから差してきて、2着に2馬身半差つける圧勝で初陣を飾った。
マイル以上に向く母系の配合からも、時計の限界はありそうだが、強かったのは間違いない。
札幌では、外国産馬のリエノテソーロが上手な競馬で、ゴール前抜け出した。
配合相手に困らないアウトヘイルトゥリーズンの主流偏在の配合だから、楽しみは今後も長続きしそうな牝馬だ。

新潟のマイル戦を制したルートディレクトリは、速い上がりの競馬を中団前目からの成功の抜け出しで勝利したのだが、タートルボウル×シンボリクリスエスのイメージよりはタフさを感じさせない、すんなりしたレース向きの印象で、来年の新潟でまた出番ありというタイプかもしれない。
ライバルが少しデビューが早かった印象もあって、低調だった。

日曜日は、新潟2歳Sと小倉1800でデビューするキンカメ×グルヴェイグのヴァナヘイムを見るというのが、ファンの楽しみだった。
あいにくの雨模様で、芝は稍重。しかし、スムーズに中団外目につけ、馬場を考慮した早めの仕掛けで動いて行けたから、その時点でゲームセット。
直線追うこともなく、こちらも祖母シンコウラブリイの名血・ディランフィールドを子供扱いだから、むしろ、そちらの精神面の方が気になるくらい。
勝ち馬の課題は、坂のあるコースでの時計勝負だ。

新潟芝1200戦は、最後は評価がまるで違う同士の一騎打ちになり、上位人気に支持されたダノンハイパワーが競り落とした。
グロリアスソングの3×4を持つ同族配合で、ヘイローのクロスも継続させ、意図的にスピード型にした印象あり。
札幌ではダート1700戦が行われ、人気のブルーヘヴンの暴走気味の逃げに同等評価を受けていたリガスの好位付けも裏目となり、それらを唯一追い上げていったサリーバットマンがごっつあんする展開に。
勝ち馬は父スクリーンヒーローで、乱戦向きだったか。



指数上位の組み合わせで【30万馬券】も的中

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証した。

■2018/9/29 阪神6R 【無料提供】
1着 キンゲン  4番人気(指数3位)
2着 レオンコロナ 9番人気(指数5位)
3着 ノヴェッラ  8番人気(指数4位)
 ⇒ 3連単 31万8,430円 的中

■2018年9月17日 中山5R 【無料提供】
1着 ケンデューク  1番人気(指数1位)
2着 バカラクイーン 3番人気(指数4位)
3着 エタニティマリー  13番人気(指数5位)
 ⇒ 3連単 11万1,200円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方