2016年セントウルS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

セントウルS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

1番枠というのがポイント。
猛ペースで逃げられる馬はいなくても、ネロのように、1000Mの経験を活かしてガンガン行ける可能性のある馬はポツポツいたのだが、蓋を開けてみれば、意外にも総マーク覚悟の先行策に。
その気になればいつでも行ける馬になったと言えばそうだが、ここまでそれをやる機会がないまま、いつの間にかGⅠ馬になってしまったわけで、それは、スプリンターはどこかで経験しないといけない部分もあった。

個人的には、福永騎手の判断は、行く気はなかったけど、揉まれて消耗するよりは、実際にどの程度行きたがるのかを試しながら、前哨戦の競馬に徹したのではと思う。
そのイメージが、机上の計算のもとと実際の競馬になった時とで、まず、ネロが行こうと最初は思ったのに、何故か控えてしまったことも、スノードラゴンで外から押し上げてくるような展開であったから、もう2番手以上に行くより、ガス抜きの意味合いがなくなってしまうよりはずっといいと考えたのではないだろうか。

力はある。
そして、幸運にも隣に入ったエイシンブルズアイやダンスディレクターが、自分の後ろではなく、馬群の後ろからの競馬を選択したことで、より確実に先行して押し切るお膳立てが整う格好となった。
「結果的に、本番は差すぞと公言する競馬となった」

ネロより速い馬は、本番には出てくる。
ここまで速い馬と思われていなかった馬も、本番となるとガンガン行くのがスプリントGⅠなのだ。
鞍上もインタビューで応えていたように、行く気を見せることを周りがどう捉えようとも、正攻法の競馬に対する拘りは、即、納得の結果に繋がる確率を格段に引き上げることをよく理解している。
勝ちに行ったという見方もあれば、ある意味、勝たないといけない立場になった、という解釈もできるわけだから、ジンクスを破るのは自分だという意識はかなり強かったと推察できる。

好枠を活かすというにも、一癖あるようで、スプリンターに極めてフェアな中山のコース形態を考慮して、やはり、絶対に差せるという手応えまではまだないので、勝負をしようという意識の中で、何かを得られることを望んだのである。
そうすると誰も思わなかったから、勝ち馬の単勝支持は、40%ほどの案外の低評価に止まったのだ。

先着を限定された追い込みの内枠2頭には、まだまだ展開上の優位性が、ある意味で王者の正攻法の形が見えたからこそ、可能性を追い求めるより強烈な追い込みを選択する手段が残された。
一方で、掲示板に載ったその他グループは、若干、開幕週の恩恵に恵まれた順位の入れ替わりがあった程度という印象で、ネロは得意の前傾ラップのレースで、何故か自分自身がバランスラップで2着している点からも、33秒台追い込み不発の2頭と比べ、本番の理想的なラップで、あまり上積みがなさそうな内容に終始した点でも、春の重賞勝ち馬の方が、総合力では上だったという結果だったように思う。

ビッグアーサーは、初めての前傾ラップを作る競馬で、33.1-34.5という、今までとはまるで逆のラップを刻んだ。
上がりが掛かり過ぎたのは、そんなことをしたことはない影響と、それが苦手であるとわかっていたから、至極当然の結果である。
だからこそ、2着以下との差は思われているより大きかったと言える。
次も絶対に勝てる保証はまだないが、ほぼ間違いなく、サクラバクシンオーの最良の後継種牡馬としてのキャンペーンが、今最高水準のパフォーマンスを可能にできるだけの状態で繰り広げられることだけは間違いない。
既に、完成されたロードカナロアのクラスにあると思う。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方