2016年ローズS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

ローズS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

勝つときはいつも際どいのが、シンハライトという馬なのだろう。
4角手前でやや気合をつけられ、直線、大外へ持ち出されてからもすっとは反応できなかったが、そこは乱戦気味の厳しいオークスを経験している馬の強みが活きた。

やや、昨年のデジャヴを見えているような感じの岩田騎手のクロコスミアは、この日はどうにも前が止まらない、ある程度時計の出る重馬場だった影響で、恐らくはベストライドの力勝負に持ち込めて、最高の2着であった。

3着カイザーバルも、この馬の流れではなかったように思うが、当初の期待通りに、前走の札幌とは動き一変、一気の体重減は今回はプラスと出た。
彼女たちは、初めての1800M出走の時に勝った馬だから、適性もあって、きっちり力を出し切った。

それを交わすのだから…。
ジュエラーは、予想された通りにキレ馬で、やっぱり道悪は苦手で…。
本来の形などまだ定まっていない、GⅠ馬ながらまだまだキャリアの浅い3歳牝馬のこと。
不器用に外から差してくるだけの競馬で、それこそ、シンハライトと同じようなコース取りをして得られるものなどない。

勝ったことのあるコースだから、同じことをしてもダメ。
ストレス発散の第一目的を考えたら、持っている箔の重さのようなものは多少は評価を左右する要因にもなるのかもしれないが、今回は仕方ないところ。

気になるのは、今後こうした好位抜け出し策を選択するのかということ。
騎手の性格としては、前々で競馬をできるならそうしたいとも思っているのだろうが、それは、もう少し距離適性が姉のように短いところにあるのかもしれないと、はっきりと疑いを持ってからでもいいわけで、もしも、本番でこの流れにまたなったら、ここ数年のような猛烈な時計勝負になるから、総合力を活かすには差した方がいいだろうということは、今回確認できたように感じる。

だからこそ、ある意味気になるのは、直後のセントライト記念のディーマジェスティのように、流れを無視して、ただ外を伸びてきただけのシンハライトが、どのように勝ちにいく形を作っていくかの方なのだ。

「もっと後ろからでも」
ロードクエストを上手に動かした池添騎手の十八番が、大舞台での追い込みである。
秋華賞ではかつて、天下の癖馬・スイープトウショウを駆って、初タイトル獲得の理想的な追い込みを決めて、世代のトップホースであることを誇示したことがあった。

もう、この馬はオークスを勝っている。
昨年のミッキークイーンは、ローズSがあまりにも下手を打ったスタートだったので、赤丸急上昇中のタッチングスピーチを差し切れなかったが、それと似たような戦績でここまで来ている、それも同父の産駒、加えて、父も同じで厩舎も同じジェンティルドンナの競馬を考えたら、アパパネもそう、スティルインラブもそうだった、外を回して王道の競馬で、テイエムオペラオーのように堂々と走ってくればいいのである。

負けたくないと言って下手に勝ちに行って、スイープトウショウでは、ローズS3着という苦い経験があった。
勝ちにいかずに勝ってみせる。
結果は、いつものハナ差だったが、しつこいけれども競馬をしているようでしていないのである。

勝ち気を抑えて成功を重ねてきた騎手だからこそ、今の成功のある池添謙一の集大成が、今年の秋華賞になるのではないだろうか。
ほぼ間違いなく、シンハライトが二冠を獲得する流れが、これで出来上がったと思う。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方