2016年新馬戦 レース回顧 アグネスジュレップ ゲキリン

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<9/17・18>

読了までの目安時間:約 3分

 

台風再来襲直前、実に穏やかな日和の土曜日は、若駒のために用意された開催日となった。
芝・ダート含めた4つの新馬戦が行われ、お行儀のいい競馬をした4頭が、それぞれに強さを見せた。

順当な競馬となったのが、圧勝馬が登場した阪神。
芝1400はアグネスジュレップが8馬身差、ダ1800ではゲキリンが3馬身半差をつけ、力の違いを着差で示した。
アグネスデジタルの牝馬とタピット直仔・タピザーの持ち込み馬という、それぞれがタフな条件を好む父を持つ影響か、新馬戦から能力全開であったから、次戦での反動もやや気にはなるのだが、十分重賞でも通用する能力の持ち主であることは、今回証明されたと言える。

中山では、芝の1800と1200のレースが、人気上位馬の不発で波乱の結果に。
1800逃げ切りのアルミューテンは、またしても登場のスクリーンヒーロー産駒だが、祖母プリモディーネの牝馬で、まずはフラワーC辺りを目指して調整できると、意外と活躍できるかもしれない。
この日はドスローの逃げ切りで、参考にならない。
1200も牝馬のキャラメルフレンチが快勝。タイキシャトル産駒。
これより人気の2頭が、ダイワメジャーとアグネスデジタルだったから、適性の差もあった印象。

日曜日は一転、阪神は雨に泣かされ、人気のザウォルドルフは直線お釣りなしの内容で、馬群に沈んだ。
この芝1800戦。1:50.5で決着しているから、重の競馬でも、かなり中身の濃い競馬。
武豊の重馬場適性はよく知られるところだが、それに応えて、終い伸びきったワンダープチェックは優秀といえる。
これがハーツ×Sキャットで、これに続いたのが、Sゴールド×ムトトとWマズル×エルコン。総合力で上回ったように感じた。

渋った程度の中山マイルは良。牝馬戦なのでよかった。
ただ、中盤までは阪神より遅い流れで、人気のヒストリアももたもたしていたが、坂の辺りでエンジン全開で快勝と相成った。
こちらもハーツクライで、母系の構成も似たような感じ。おまけに蛯名騎手騎乗と、揃いも揃った2戦だった。
重馬場でも勝っていただろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方