2016年神戸新聞杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

神戸新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

パドック気配からして、仕上げ過ぎず、トライアルの作りに徹しながらも、距離への不安を少しでもなくすために、一方は前を見る正攻法から、もう一方は変なスイッチが入らないように丁寧に後ろからいき、それらダービー上位組より乗りやすかった続く人気の組は、自由な位置取りで、外目からの競馬となった。

が、直線は、先週のローズSのように、やや意外な展開に。
内から攻めてくるミッキーロケットの激走は、きっちり権利を獲って出走した皐月賞7着のナムラシングンより、遥かに上昇力を秘めていたことを示す、理想的な夏叩き上げの成長曲線を描き、あわやの2着。
ただ、正直言うと、あまりキレないとされるサトノダイヤモンドよりも、サンデーの血が全く入っていないミッキーロケットが反応よく内から競り負かせるほどの鋭さを秘めていたかというと、ゴールシーンは予想通りであった気もしないではない。

危ないようで、実はそうではなかったけれど、本当にサトノダイヤモンドは強いの?
問題のある内容であったかどうかを、今回は考えてみたい。
鋭さを活かそうとして失敗したのは、ダービーもそうだし、今回も結局はそうだろうと思う。
ただし、未知なる3000Mを前にして、正攻法からの抜け出しを己のスタイルとするのであれば、どんな相手が現れようとも、自分から型を崩すことはできない。

結果として目下のライバル、言うなれば、叩き合うはずの相手と考えていた人気上位勢は、自滅もあったのだろうが、しっかりと勝負付けを済ませた格好となった。
皐月賞でも戦っている。距離が延びて、逆転はされなかった。
そこは良しとしよう。

ただし、相手が自在に動ける、長距離ならもっと競馬がしやすくなるだろうディーマジェスティを、または、4着で権利獲りこそ叶わなかった、本番はもっと積極的に動いてくるだろうカフジプリンスを相手としたときはどうだろうか。

これが今までの中距離における順位付けの通りに決着したのだとしたら、3000Mでもまた、やや鋭さに欠ける惜しい内容の競馬に終始する可能性もある。
エアスピネルだって、一叩き一変で、正攻法の形に戻せば、例年の馬場状態となった際は、案外侮れないかもしれない。
が、それは次も止まってしまうことは想像できるから、自身が成長を示していたかの方が問題で、その点での上がり目は、そこまでは感じなかった。

いくらか、しなやかなフォルムにも映ったが、元来、スタミナ勝負には向かない南米血統だから、奥行きという点で、今回は底知れぬものを示せなかったのは残念だった。思われているより、成長力がないのではという説があったが、どうもその見立ては正しいように思う。
今後、しなやかに走ることでキレを出せないのであれば、もう策は自然と好位、もしくは番手付けの形になっていくだろう。
それはできれば避けたい、人気馬に乗る側の立場も追いかける側の心理もよく理解しているルメール騎手とすると、昨年のリアファル以上に、アシストを必要とするものを感じたかもしれない。

動かしていけば、今度は止まってしまう可能性をライバルが前哨戦の時点で示している。
昨年は、正攻法でマークされ、最後は競り落とされた。
今更、逃げることはできないだろう。結果は出している。
2戦目の内容から、3年前ほどではないにせよ、ある程度湿ってくれると嬉しい馬なのは間違いない。

時計が速いから、究極の上がりが求められるわけではないし、上手に競馬できる馬が、スムーズなコース取りで競馬するには、昔の菊花賞より遥かにやりやすいレースとなっているが、それが敗因にもなってきたサトノダイヤモンドには、しっかり仕上げてきたミッキーロケットに追い詰められたことが、次戦での不安材料を顕在化させてしまったような、ちょっと物足りなさを残した秋初戦であった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方