2014年3歳牡馬路線

JUST競馬予想ブログ

3歳牡馬路線回顧

読了までの目安時間:約 2分

 


天皇賞1番人気のイスラボニータは、力を出し切ったと思われるが3着止まり。
その裏でウインフルブルームが復活。これがこの世代の性質なのか。
「何が良くて悪いのか」
世代の代表馬ハープスターも引き合いに出しつつ、クラシック戦線を振り返る。

人気になると、弱点が見えてくる半年間だった。
弥生賞は辛勝ながら、自在に立ち回れ、かつ速さを見せていたトゥザワールドが、皐月賞で1番人気に推された。
早仕掛けでもなく自分の競馬に徹したが、イスラボニータの決め手はそれを遥かに上回っていた。
完敗の理由は自在性の差。トゥザワールドはキレないし、器用でもない先行馬だった。

イスラボニータに、左回りの適性とその自在性を疑う余地はなくなった。ダービーの中心馬。
距離延長にミソはついたが、展開の綾も影響した。力を出したからといって勝てるとは限らないのが、勝負の厳しさ。
勝ったワンアンドオンリーは、運もそうだし、様々取り沙汰された数的な巡り合わせで大舞台へと挑めた縁の部分も大きかった。
出遅れなければ、勝率は自ずと上がる。それが勝因だ。

そんな馬がダービー馬になったわけだから、神戸新聞杯の結果を反映する形で、菊花賞も人気になれば危ない。
追われる立場になった上、トライアルには春とは見違えるように成長したライバルもいた。
ワンアンドオンリーは、そんな彼らに勇気を与えてしまったがために、自らの上昇力を失ったのだろう。
時計も強烈だが、トーホウジャッカルとサウンズオブアースは歴代の上がり馬をも凌駕するハングリーさがあった。

ハープの武器も凄いが、総じて本番で勝負弱い。成長途上とみたいのだが。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

コラム レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方