2016年 新馬レース回顧 エバープリンセス コロナシオン

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<10/15・16>

読了までの目安時間:約 3分

 

快晴の土曜日。
中央2場で、芝とダートの新馬戦が2鞍ずつ行われた。

 
京都はダ1800戦で、人気を集めた持ち込み馬・ジェニシスがハイパーノヴァとの一騎打ちを制し、勝ち上がった。マインシャフト産駒。

芝の1200は人気薄のゲンパチケンシンが逃げ切り。クロフネ産駒でデピュティミニスターの2×3という特異なインブリードを持ち、妙にダート色の濃い馬が目立つ競馬になった。

 
東京も似た感じ。
よく走るタピザーの仔・ミセスワタナベが逃げ切ったダートの1400は人気馬同士の決着で、昔よく見た東京マイルらしい差し比べの展開となった新馬戦は、ロージズインメイ×シンボリクリスエスというジリっぽい印象の配合だったローズプリンスダムがゴール前に抜け出した。

前者に関しては、父はタピットの直仔、母父もクラフティプロスペクターの仔だから、代替わりと同時に日本での実績も十分の配合だから、芝で好走しても不思議ではない。注目。

 
日曜日も穏やかな日和。
芝1800戦から、東西とも気になる牝馬が登場した。
共に、超スローからの大外一気であったが、破壊力ではハービンジャー産駒で東京を勝った点を評価したいエバープリンセスの方が上か。

善臣騎手は最近乗れているので、差し馬に乗せるとかなりの回収率になっているはずだが、4角最後方からのインパクトは強い。

京都のコロナシオンは、ルメール騎手が母ブエナビスタ同じイメージで乗って快勝。しかし、こちらの方はブエナビスタが変わった性質だったというだけで、アドマイヤジャパンのような正攻法の形の方が合っている気がする。

 
開幕2日目の新潟1400(牝)も、決まり手は同じ。
超スローの大外から、ネオ牝駒のネオフレグランスが差し切り。息の長い活躍が期待される一族だ。

アパパネ全妹惨敗の東1400戦も外枠の馬が勝ったが、こちらはディープブリランテ産駒のジャストザマリンが好位付けからのゴール前抜け出し。
両者とも地味ながら、いい武器を持っている。

 
パイロ×サンデー系の3頭が人気通りに入線した京都のダ1200は、断然人気のトウケイライデンの逃げ切り。
もっと攻めてもタレないはずだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方