2016年京王杯2歳S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

京王杯2歳S 回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

レーヌミノルは、浜中騎手が丁寧に乗ったので、ペースに対して、やや馬の性質に合わない器用さを求める騎乗が裏目に出た形だ。

一方、休み明けで、戸崎乗り替わりでも大事のように思えた、函館2歳Sの1番人気馬・モンドキャンノは、既に、重賞でも抑える競馬に目途が立っていたから、相手なりに走れることはもうルメール騎手もわかっているので、先行勢を見る外枠の利を十二分に活かした騎乗で、直線は思惑通りの伸びを見せた。

これに前回強かったくるみ賞勝ちのコウソクストレートが3着争いに加わるも、出遅れが響いて傾向通りの4着。
昨年メジャーエンブレムが勝ったアスター賞で、今年もいい馬が出てきたという印象を与えたディバインコードが、離されながらも渋とく粘って3着。
適性が今一つ見えない配合のレヴァンテライオンだけが、直線で出番なしとなった。

モンドキャンノは前回が差し損ねの2着であったから、丁寧に競馬を教えていっても、キンシャサノキセキ×サクラバクシンオーという血統背景があるので、快速で鳴らした母のような先行力をここで披露する手もなくもなかったのだが、鞍上のタイプからして、変な味付けをすることはなかった。
今回は正解だろう。

何せ、前走であまりに豪快に勝ちすぎたレーヌミノルが、同じ手に出ようとも下げて失敗したとしても、自分から動く必要はない。
モンドキャンノだって、マイルを目指して戦うことはあっても、函館で1200Mを2戦した馬。
力差があったわけではないが、我慢のさせ方が違う分だけ、この結果になったのだろう。

それに比べ、出遅れなんのそののミルエルテは、前途洋々である。
若駒がゲートの態勢が悪いなんて当たり前で、出遅れも想定内。
だから、ゆっくり外に出して豪快な競馬になったわけだが…。
こういう馬だと、距離云々は関係ない。その見本のような2戦目だった。
母系はアメリカン。秋華賞はぴったりだ。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方