2016年武蔵野S レース回顧

JUST競馬予想ブログ

武蔵野S 回顧

読了までの目安時間:約 3分

 

モーニンはちょっと我慢させすぎの印象のある追走だったが、前走のアウォーディーとの一騎打ちに消耗が大きかったのか、斤量だけの問題ではないような不本意な競馬で、得意のスピード勝負も不発。

休み明けながら、得意とする東京でしっかりと末脚を伸ばした3歳のゴールドドリーム。
流れに関係なく、後方一気がほぼ狙い通りにハマったように見えたカフジテイクもそう。
普通は勝ち負けくらいの内容だし、そういう時計であったのだが、全く勝負にならなかった。

時折誰よりも勝負強く、時計の感覚に鋭いところのある田辺騎手が、1400馬のタガノトネールを覚醒させ、昨年の先行押し切りからの僅差の2着を遥かに上回る内容で、クロフネの日本レコードに0.5秒差と迫る1:33.8で勝ち切ってしまった。
恐らく、ついてくる馬はいるだろうとの計算はしていたはずだが、鞍上としても、乾坤一擲の好騎乗は積極策の時に集中しているから、コパノリッキーのフェブラリーS1度目の勝利の経験に照らし合わせれば、意外と予定通りだったかもしれない。

2歳の特別戦も、結構流れたところで、先行粘り込みの2頭が馬券に絡んでいた。
重馬場でハイペースでも、春になる前の東京の大一番では、先行残りはよく見られる傾向。
それに繋がるこの武蔵野Sだから、タガノトネールの適性だけの問題ではあったが、そういえばフェブラリーS前のモーニンの評価を思い出してみれば…。

単調なタイプを多く出す一族だが、弟のタガノエスプレッソ同様、渋とく粘り強く走れるのが身上。
連チャンで安定感のある結果を残せることもない血筋は、田辺騎手のような勝負師タイプにはこういう化学反応を見せる可能性が大いにあった。

しかし、ドリームキラリが絶好調とはいえ、逃げ粘って掲示板に残っている。
東京マイルの実績を買われた人気の2頭は、力を出し切れなかった印象だ。
デイリー杯を勝ったジューヌエコールも同じだろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方