2016年古馬牝馬路線総括

JUST競馬予想ブログ – 血統予想・コラム

古馬牝馬路線総括

読了までの目安時間:約 3分

 

ルージュバックの今季初戦は、中山牝馬Sで2着。
その前は波乱ムード漂う乱戦と極悪馬場ながら、バウンスシャッセとクイーンズリングという実績で他を上回る組が自慢の末脚を繰り出し、何とか、秋から続く不穏な空気を変えてくれた。

が、以降はシュンドルボンやマコトブリジャールの重賞2勝など、穴っぽい馬の台頭で路線がやや混乱。
ヴィクトリアマイルの最重要前哨戦である阪神牝馬Sは、マイル適性と出来の差が勝負を分けたが、スマートレイアーとミッキークイーンの組み合わせで、燻ぶり続ける恐怖感は一旦はなくなった。

時計が速い状況が続いていた4週目の東京・ヴィクトリアマイル。
ショウナンパンドラも加わり、かなりの激戦が見込まれていたのだが、終わってみれば、全体の波乱ムードと実績・適性のファクターとがマッチした、それでも意外なほどの決着を迎えるのであった。
年々走破時計を縮めていった名牝・ストレイトガールの圧勝。
東京マイルが得意だと、違うところにもツボがあって…、あまりに特異な才能を持つ彼女は、このレースを以ってターフを去った。
本質を見せぬまま、母になってしまったのである。

マリアライトの牡馬斬りと、3歳牝馬の主役降板劇の連発、クイーンズリング重賞2勝目などを経て、エリザベス女王杯は行われたが、肝心のGⅠ馬は、休み明けと不本意な前哨戦の内容で、今度もまた不穏な空気。
1年前、波乱の主役を務めたシングウィズジョイが突如目覚め、ルメール騎手の手綱捌きも光ったのだが、もがくGⅠ馬を尻目に直線鋭く反応したのが、一時はマイラーになったと思われていたクイーンズリングだった。

ルージュバックもいないし、3歳春までの主演女優はもう敵ではない。
ミッキークイーンの底力に屈した秋華賞から、出遅れ巻き返しの馬群を捌いての抜け出しで、ついにGⅠを勝ち切った。
前年と主戦力が代わり映えしない状況で、クイーンズリングだけは、非根幹距離での安定感を身に着けたことが、結果に大きな影響を与えたのかもしれない。
これで1400、1400、1800、2200の牝馬非根幹距離重賞マイスターを拝命することになった。
混戦は続く。

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

過去にフジテレビが制作したドラマ、バラエティ、アニメや映画など数千本の作品、そして放送中の最新TVドラマも見放題!

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方