2017年中山金杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

中山金杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

クラリティスカイが早めに先行する馬をマークしに行くこと、ちょっと乗れているマイネルフロストの松岡騎手も途中で動きそうなことも読めていたが、勝負所でドレッドノータスと勝ったツクバアズマオーがスムーズに仕掛けてきたときに、期待していたストロングタイタンは動いて行けなかった。

見た目にはそれなりに速い流れにも感じたが、金杯としてはミドルペースである1分ちょいオーバーの中間点通過タイム。
キャリアの浅いストロングタイタンには、前にリズムが乗れないけどまだ残っているオープン馬が多くいたことが、自分からスムーズに仕掛けていくという条件でここでは格上の評価もできなくはなかった彼の死角となって、自滅するような形での負け方になってしまった。

500kg超えのムキムキボディのこの馬に、ちょっと物足りない印象のメンバーが、変に騎手の隙を生んでしまったか。
みんなが強引に動いていては、人気馬は何もできない。
後続に格好の目標となってしまった。

トータルの時計が2分超えだったので、そういう中でのスパート勝負で、ステイゴールドの中距離馬が飛ぶことは有り得ない。
多頭数だとムラのあったゴールドシップも、相手の格に関係なく、ペースの落ち着きやすい1角までの距離がしっかりとれる条件ではほとんど崩れなかった。
ツクバアズマオーの末脚は、若いストロングタイタンのスピードには歯が立たないだろうと思っていたのだが、差し馬に有利な展開が、この馬の決め手をより際立たせた。

とはいえ、ツクバアズマオーも母父はストームキャット系のジャイアンツコーズウェイ。
シアトルスルーがその次に入っているから、実際のところ、父の性質<ストロングタイタンはフォーティナイナーの直系>が脚質の違いとして出ただけで、本質的な適性に差はないのだろう。
もっと長いところを狙おうと、ステイゴールド産駒らしい長距離戦への参戦でも崩れなかったツクバアズマオーには、斤量増以上に、中山内回りに対する適性があった。
クラリティスカイがまたしても好走し、穴男の割に4番人気と意外な高評価ながら3着に入った江田騎手のシャイニープリンス。

「なんだ、斤量がきついのばっかりじゃないか」
56.6-57.5-56.5。
豊-ユタカの金杯ジャック。西も56.5の馬が勝ったから、金杯だけはハンデ戦でも、格重視という競馬が多い、平穏な決着になった。
単純なスピード勝負は有り得ない中山金杯は、今後もこういう決着が続くように思う。

中山2000Mというのは、他のコースより直線の坂がきつい影響もあって、極端に速い上がりは繰り出せない特殊性がある。
トップハンデが勝つとは限らないが、リピーターが多いレースだけに、背負わされる馬もかなりの頻度で上位争いしてくる。
この結果で、ツクバアズマオーの来年の好走も、ほぼ確約されたように思う。

極端な戦法をとったアサカディフィート以外、最初に来た時のハンディが56以上だと、その確率はぐんと上がる。
ストロングタイタンは、他のところでとっとと重賞を勝っておきたい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方