2017年京都金杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

京都金杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 

エアスピネル、辛勝。
内からうまくスパートしたブラックスピネルがまだ重いと思われるマイナス10kgの身で、本命馬を際どく追い詰めた。

たまに速くなるこのレース。
33.9-45.9-57.6のラップは、34.4-46.1-57.5だったマイルCSと大差なし。
前半から中身の濃い展開になり、勝ち時計もそれなりになることが予想された。
だから、道中の掛かり方が終いの伸びに影響してしまったとも、エアスピネルに関しては言える。

しかし、よくよく見てみると勝ちあぐねてきた連中が上位独占。
下から勝ち上がってきたアストラエンブレムや前走で重賞を初勝利したマイネルハニーなど、若い馬がその後に9着まで入線。
力の決着という印象は正しいが、しかし、芸風の変化を距離に求めた上位2頭は、相変わらずの煮え切らない気配を漂わせていた。

掛からなければ…。
インタビューの武豊騎手の本心を忖度してみたが、そうではないように感じる。
所詮は、エアシャカールの一族。
突拍子もないところで激変する可能性があるようで、その性質はずっと変わらないという側面がある。
エアスピネルにも、そうした自分にはどうにもできない血の縛りがあるのだろうと思う。
マイルでGⅠを!
勝ったまではいいが、作戦はまた限定されることになる。
動くに動けない性質がマイルでも変わらないのでは、ただ順番を待つしかない。

ブラックスピネルに追い詰められた理由が、京都適性というだけならいいのだが、関西圏でしか連対していないエアスピネルが、そういう理由で負けそうになったわけではないだろう。
京都巧者を負かせた。
菊花賞3着馬が、そんなものをこじつけで褒められたところで、満足感は得られない。
おかしいなあ…。
また、鞍上を悩まさないといいのだが。
その意味では、ブラックスピネルの方がキャラ変の可能性があるのかもしれない。
1400Mを使う可能性もある。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方