2017年シンザン記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

シンザン記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


道悪。荒れそう。
ファンのそんな曖昧ながら、確信めいた予感は、キョウヘイの強襲で現実のものとなった。

トラストには、自分の先行力を活かすにはまずまずいい流れだったかもしれないが、これまでマイルより短いところを使っていた2頭が先導する流れは、ある意味、自分のリズムでは競馬できないことを暗示する展開であり、実際、直線半ばで中団グループに捉えられてしまった。

出負けしたペルシアンナイトは、強かなロスの少ない巻き返しから、実に卒のない外回りではごく普通のイン抜け出しを図るも、実質的なオープン級の流れは初めてであったのか、はたまた距離が足らないのか、最後は外を回ったタイセイスターリーに差し返されてしまった。
デムーロ騎手からすると、これ以上はカバーできないといったところだが、結局は、まだそこまでのタフさが馬になかったということだろう。
ひとつひとつ、小さな壁を乗り越えていくのがタイプなのかもしれない。
連続乗り替わりも、若駒にはマイナスだったか。

一方、乗り替わらざるを得ない状況に陥った川田騎手には好機であったタイセイスターリーは、何故か手が空いていた武豊騎手に手が替わって、血統的な期待値に見合った内容で2着に好走。
ハーツクライの産駒に、今この時期から器用な競馬を求めても仕方ないから、少し気になっていた気性面の幼さを、百戦錬磨の名手がうまく御しきったという感じだろうか。
1400で正攻法の番手からの抜け出しが、新馬戦でできたことを考慮すると、必ずしも距離延長がいいとは言えない部分もあるが、道悪で外から差してくるというのは、相応のスタミナがある証拠だ。
川田騎手に手が戻るかどうかは不透明でも、きっと、乗りやすくなっているはずだ。

それにしても、キョウヘイの連続好走には目ん玉が飛び出るほどの衝撃が走った。
夏のデビューの組だから、短距離から使い出されるのは必然もいいところで、母系が2400くらいが合いそうな配合だからと言って、リーチザクラウンの産駒が素直な性格のはずもない。
しかし、千両賞で脅威の追い込みを見せた直後に、重賞昇格で人気になるはずもなく、またしてもの重馬場は、大いにキョウヘイの味方になった。

近年には類例のない道悪のシンザン記念によってもたらされた恩恵は、時計の水準が否応なしに低下することによる、穴馬にもチャンスありの乱戦という形で結実した。
19年前の不良馬場の時も、アグネスワールドがダンツシリウスに5馬身千切られていた。
この時点で重賞2勝していたアグネスワールドは、古馬になって世界レベルのスプリンターへと成長を遂げている。

あまり期待はしていなかったとはいえ、直線の極めて大きな不利でレースから強制ドロップアウトさせられたアルアインには、やや若さが雑な騎乗に繋がってしまうというマイナスイメージが馴染みつつあるシュミノー騎手としても、折角のチャンスを、きっちりとしたレース内容で戦えていたのに…、という無念さが残った。
正直、これとマイスタイルには今後の発展は期待できるが、大物という縛りで篩の目を細かくしたら、あとはちょっと今すぐクラシックで通用するイメージは湧かなかった。

それとは別に、池江厩舎組はどこかで乗り替わりがあった人気馬を送り込んだが、キョウヘイも本当ならタイセイスターリーも、ずっと同じ騎手が乗っていた馬に負けてしまったのが、何とも皮肉だ。
大きな味方が、小さなところでも勝ち運を運んできているうちは左うちわだろうが、有馬記念以外は、ちょっと嫌な雰囲気が漂っている。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方