2017年フェアリーS レース回顧

JUST競馬予想ブログ

フェアリーS -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 


荒れる中山重賞らしい、厳しい消耗戦となった。
ツヅクを突つくところまではよかったアエロリットだが、自分が経験した前走の厳しい流れを遥かに上回るペースをツヅクが作ってしまったから、一度抑えるように進むしかなかったことが、後続の台頭を許す結果になった。
それが江田照男騎手だからなのか、強気の先行策に出たことも、雨も直前の馬体検査も、横山騎手の計算が少しずつ狂っていったような道中に映った。
しかし、連を外さなかったのだから、これは良しとしないといけないだろう。

それにしても、パワーが要求される展開で、内枠も外枠もないような中盤からのタフな流れは、稍重の中山マイルで行われた新馬戦を鮮やかに末脚を繰り出して制したライジングリーズンには、あまりにもお誂え向きであった。
坂上では、スパッとはキレないものの、他にはないその武器を遺憾なく発揮した末脚で先頭に立ち、押し切ってしまった。

ディープがなかなか手の届かないところに、きっちりと手を差し伸べてくれるのが兄・ブラックタイド。
JCも春天も、キタサンブラックが勝ったレースはディープはお呼びでないという結果だったわけだが、このレースも、クロフネ産駒が続いた。
兄の産駒で鋭く反応できる馬はまずいない。
そういうことが得意な血統の相手とは、なかなか配合してもらえないのもあるだろうが、明らかにキャラが違う。
昨年はパイロ、その前はヴァーミリアンの産駒が勝ったレース。
キャスパリーグは、最後はレース展開さえも味方につけられず、外枠発走の憂き目をどうにも消化しきれいまま、大きく敗れてしまった。

となると、今年もクラシックには直結しないのだろうか。
しかし、3着のモリトシラユリがうまく差し脚質をマスターしたように、もっと軽い馬場でもっとスムーズに中団で折り合えたら、アエロリットも脱落というには早すぎるのかもしれない。
中山マイルは3歳牝馬には鬼門である。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方