2017年 新馬戦 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<1/14~17>

読了までの目安時間:約 3分

 

3場雪舞う土曜競馬は、何とか軽く渋っただけで無事開催された。
ダート戦が東西でふた鞍、稍重で行われたが、厳冬期のせいか人気馬の動きが芳しくなく、人気薄が双方で台頭した。

どちらも3番手追走からの抜け出し。おまけにゴールドアリュール産駒同士。
中山1200の牝馬限定戦は、10番人気のクーリュが制した。
堅実な走りをすることの多いクーリンガーの一族で、人気が出たところで食いっぱぐれはないと思うが、頭を期待すると切ない結果が続くので要注意。
京都1400戦は5番人気のクインズマラクータ。
色々な意味で注目が集まっている山内厩舎の馬。こちらも堅実なタイプが多い系統だが、勝ちっぷりはよかった。

中山では芝のマイル戦も行われ、人気のスカルバンが強気の早め抜け出しで人気に応えた。
バブル一族のタイキシャトル産駒。一年後はダートを走っていても不思議はない。中距離はこなせないタイプのように見えた。

日曜以降は、1場につき1回の開催。
日曜 中山ダ1800<稍>
5番人気 ブラックドーン<クロフネ×ブリガドーン>
追って味があって、母とは大違いのズブ馬だが、気難しそうな雰囲気漂う大型馬。
月曜 中京芝2000<重>
1番人気 タガノアスワド<ネオユニヴァース牝駒>
芝一番手のレースで、馬も人も慎重な滑り出しだったので当然のスロー。逃げ切りは評価対象ではないが、直線でのコース取りが様々だった他馬に対し、一定のリズムで押し切った勝ち馬がついていたという印象もない。次戦の内容が重要か。
火曜 京都芝1600<稍>
3番人気 チリーシルバー<マリブムーン牝駒>
揉まれないと強いナスルーラ系を体現するような、外からの豪快な伸び脚。大いに予定が狂った中で、関東所属の牝馬が楽勝した点でも、能力が違ったと言える。
母父ヨハネスブルグで、距離延長は歓迎とは言えないが、ゴツイ血統の割に器用なところがあるのかもしれない。
本来の内回りコースでの競馬となったのもよかった。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方