2017年日経新春杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

日経新春杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 3分

 


太目残りのヤマカツライデンは、稍重馬場で1000M通過が1分と少しという、実力馬には有利な流れを作った。

勝ったミッキーロケットについては、あまり勝負強くないのではという評価で、休み明けの人気馬という点も含めて弱点はあるような気がしていたのだが、きっと、それは人気面でも競り合っていたシャケトラも同じだったのではと思う。

本命にしていたレッドエルディストには有り難い流れではあったが、それを活かしきるだけの決め手が足らず、京都得意の関東馬・モンドインテロは定位置につける3着。
スピード能力の差が、斤量と実績に見合った形でバランスの取れていた人気の4歳2頭と違いがあったという感じで、長い目で見ると適性ではこちらの方が上だろう。

これにカフジプリンスとヤマカツライデンが、着順だけでは続いていることになるから、展開に何ら破綻があったわけではないのも事実。
総合力が上位だった2頭は、人気にもなっていたという、至極真っ当な決着である。

だから、勝負弱い同士の対決は、競る相手を引き離すガッツでは同等なので、最後まで叩き合う結果になった。

自分が抜けて強くない状況、変則日程の上に、そもそも調整が難しい1月の長距離重賞。
休み明けのフレッシュなタイプでも台頭できるレースであることはよく知られ、それらが穴を開けてきた歴史に照らし合わせると、上がり目はあっても、これ以上の相手との対戦に展望が開けたと言えるほど、威張れる結果では互いになかったように思う。

残り200Mからの一騎打ち。
結果は評価通りでも、どうにも今後の距離延長そのものが歓迎というタイプには感じられない。
2200M以下には、同期のライバル以外にも大物が枚挙に暇がない。

正攻法からの抜け出しで強さを見せた2頭だが、GⅠの頂を臨むにはもっとメリハリをつけた戦法を身に着ける必要性を感じた。
待ち構える敵は、自在性という面でもっと上手だ。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方