2017年アメリカジョッキークラブC レース回顧

JUST競馬予想ブログ

アメリカジョッキークラブC -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 

ショッキングなシーンが後方では起こってしまったが、びっくりするような展開をリアファルのシュミノー騎手がアシストしてしまった。
有馬記念の動きには様々物議を醸すこともあったが、今回はコントロールしきれなかった部分と、先行力を活かさねばならないという気持ちが空回りしてしまった部分もある。
有馬記念、いやこれは、一昨年のレースで不可解な失速とレース直後に評されたのとは違い、明らかに今回は、見た目の通りの淀みない流れへの対応力、本質的なスピードの問題で、直線見せ場なしの結果は納得。

もう少し調子を上げないといけないし、ちょっと癖があるタイプで、騎手もしっかりと選定し直さないといけないだろう。
でも、前に行けたのだから、それは大きな収穫である。
5歳馬だが、これが11戦目。4歳馬のように扱われるべき素材だ。

この厳しい流れを、道中からスムーズなイン追走から、じっくりのスパートでマツリダゴッホの有馬記念のような競馬をしたことで、休み明けであることをすっかり忘れさせた蛯名騎手のエスコートは、さすがである。
自分で本命にしておきながら、蛯名騎手のインタビューを聞くまで、ちょっと浮ついてしまったのだが、彼の日の皐月賞でそう応えたように、
「こうなってくれればなあ」
という言葉でハッと目が覚めた。

ゼンノロブロイの仔は、牝馬のサンテミリオンですら決め手は平凡であったから、走れる条件が限られていた。
似たようにオークスで好走した活躍馬・バウンスシャッセも、中山や中京の良馬場でしか結果を出せていない。
それと比べれば、どこでもそこそこやってくれるタンタアレグリアという馬は、変な癖はないのかもしれない。
東京で33秒中盤の末脚を繰り出したこともあれば、前走春天の末脚は、メンバー中最速の34.3秒。

回りは関係ないし、相手に気後れするところはあっても、2000M以上で大崩れしたことはほとんどない。
大きく体を使って走るので揉まれるのは嫌だから、中山はここまで【0002】という、何とも言えない戦績ではあったが、筆者の読み通りかどうかさておき、母系の南米血統の影響なのか、こういう総合的な能力が問われる中距離重賞は歓迎であったようだ。

内を掬って上がってきたとはいえ、自慢のロングスパートを滞りなく発揮できる流れではあったから、本質面で2着と力を見せたゼーヴィントとは、器用さで上回ったのではなく、レースキャリアの差というのも大きく結果に影響したように感じる。
3着ミライヘノツバサは、菊花賞こそ先行したが、肝心の皐月賞では後方を追走するので精一杯。
4歳馬に、この流れを対応するだけのスキルは、結果だけ見ればあったことにはなるが、望外のハイペースは、ここまでのもう一皮むけないといけない、というヴィジョンの中で、その死角の部分が敗因となってしまった。
素直に、この流れを正攻法で凌ぎきったタンタアレグリアに、パワーの差を見せつけられたということで納得するしかない。

その4歳2頭だが、今までにない古馬の競馬を経験したことで、今後の活躍は大いに期待できる。
ミライヘノツバサは正攻法で戦える上に、今回は交わされながらも前から離されぬ競馬をできた。
小回りがいかにも得意そうなゼーヴィントの走りより、父の祖父メジロマックイーンや母父シルバーチャームのような芦毛の系譜を紡ぐに相応しい迫力が、今これから身に付きそうな状況になってきた。

もちろん、母父ブライアンズタイムで成長力もあるゼーヴィントがダメということはないが、この2着により、今後のローカル参戦は難しくなるから、しばらくは結構な格上との対戦が続くことになる。
今回もいいところまで来ていたが、最後は脚色が鈍ってしまった。
きっと、2000を基準として、それより短いところで器用さを武器に戦うのが合っているタイプだろうから、穴党からすると、ちょっと休んで、大阪杯直行とかだと一発狙えるような気もする。
僅差ながら完敗の3連続2着とはいえ、大阪杯の行われる阪神2000がベストというトップホースは、今のところ見当たらない。
どうせ狙うなら、勝ちに行ってほしいところだが、それは狙いすぎだろうか。



■ 10万馬券が簡単に当たる競馬指数を検証

3連単で10万馬券が簡単に当たるという競馬指数『うまとみらいとのコラボ@指数』の精度を検証した。以下は2018/8/11~8/19の的中例から抜粋。(指数順位及び3連単配当)

8/19 札幌9R 1位⇒5位⇒3位 39,820円
8/19 札幌12R 1位⇒7位⇒8位 178,200円
8/19 小倉11R 1位⇒4位⇒5位 71,170円
8/18 新潟4R 2位⇒1位⇒6位 25,690円
8/18 新潟7R 1位⇒3位⇒5位 81,050円
8/18 新潟8R 2位⇒6位⇒5位 199,980円
8/12 新潟6R 2位⇒8位⇒1位 61,400円
8/12 新潟9R 1位⇒4位⇒7位 63,140円
8/11 新潟4R 1位⇒8位⇒2位 55,960円
8/11 小倉5R 1位⇒3位⇒7位 37,250円

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方