2014 下半期GⅠ前半回顧

JUST競馬予想ブログ

下半期GⅠ前半回顧

読了までの目安時間:約 2分

 

重賞未勝利馬が今季のGⅠ戦線で舞い踊り席巻する一方で、実績馬の苦戦が目立つ結果にもなった。

中でも、GⅠ2連続2着となったヌーヴォレコルトは、秋華賞を負けられない一戦と定めたことで、陣営のモチベーションが最高潮にまで上ったのだが、結果には繋がらず苦杯を嘗めることに。
京都の2戦では、共に1番人気に推されながらも、正攻法での敗退だから察するに余りある。
ショウナンパンドラには、自身が少し出負けして後れを取った分だけの着差をつけられ、ラキシスに目標にされたエリザベス女王杯は、卒なく回ったことで競り落とされる結果に。
父ハーツクライ。悲哀の源泉はこれだろうか。

スプリンターズSでは、ハクサンムーンを始め、路線を牽引するGⅠ馬なども揃ったのだが、特殊な馬場状態が運命を分けた。
自分らしさを出せなかったスプリントの主役は馬群に沈み、正攻法のグランプリボスも安田記念の時のようにはいかず、スノードラゴンの追い込みが決めて、父のリベンジを果たした。
そこには、復帰の目途をたてた父のパートナーもいた。

前走3着はフロックではないことを示しつつ、父に縁のなったレースを制して忘れ物を取り返してみせたのが、菊花賞と天皇賞の勝ち馬である。
16年前にレコード決着で敗れたスペシャルウィークの仔は、1200重賞の勝ち馬を持つ血筋を味方につけ、大レコード走で快勝。
8年前に屈辱にまみれ、失意の季節を甘受したディープインパクトの仔は、名門のプライドを得意レースで取り戻す劇的逆転打を放った。
トーホウジャッカルもスピルバーグも、父と違い、ダービーに縁がなかったのも勝因であろう。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

コラム レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方