2017年新馬戦 レース回顧 インシュラー ワイルドカード フィアーノロマーノ オーサムクイーン

JUST競馬予想ブログ

新馬回顧<1/28・29>

読了までの目安時間:約 3分

 

3場とも冬晴れの過ごしやすい陽気だった土曜競馬は、開催替わりの東京と1回最終週の中京でダートの新馬戦が行われ、先行した人気馬同士の堅い決着となった。

中京1400逃げ切りのイイデファイナルは、サウスヴィグラス産駒らしいいいスピードを見せた。
東京1600もワイルドカードが力で押し切った内容。こちらはストリートセンスなので、イイデと同じ大型馬でも、多少は距離に融通の利く器用さがあるだろう。
単調なタイプではないことは、アンブライドルズソング×クラフティプロスペクターというミスプロ3連チャンの芝対応可の血統が配合されている点でも、十分に証明できる。こういう馬は、ペースによってパフォーマンスに差が出ることがあるので、そこは気を付けたい。

京都では芝のマイル戦が行われ、豪州産の2kgもらい・フィアーノロマーノが快勝した。
欧州的なデインヒル×その他ノーザンダンサー系の継続クロスという典型の配合でも、アメリカンな母系がスピードを補給しているといった印象の新馬戦の内容で、時計勝負にも対応可能かもしれない。期待できる。

雲が多かった日曜日は、東京1400、京都1200のダートの新馬戦が行われて、また人気馬が強い走りを見せた。
人気の牝馬がワンツーを決めた東京は、好位抜け出しのオーサムクイーンが快勝。デピュティミニスターの3×3という特異なクロスの掛かった馬で、この距離で器用に立ち回れたのから、もしかすると超短距離型なのかもしれない。
京都も牝馬ばかりのレースを、断然人気のテンモースが逃げ切った。スペイツタウン産駒でミスプロの同系配合馬。
中型馬である上に、上がりも1位。マイル前後で差す競馬が合いそうだ。

地味に大物を多く出すこの時期の東京芝1800戦から、期待の良血馬・インシュラーが勝ち上がり、ちょっと期待できそうだ。
叔母ダイヤモンドビコーのマンハッタン牡駒が、ほぼ平均ペースの新馬戦で、重厚なノーザンダンサーの馬<シングンマイケル>を競り落とした点は、かなり評価できる。
馬格があるタイプではないから、二番は利かないかもしれないが、気になる存在には違いない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方