2017年東京新聞杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

東京新聞杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

ブラックスピネルのスタートがあまりにもよかったせいで、本来は上手に立ち回れるダイワリベラルも好位付けできる流れになったのとは対照的に、普通に出たのにマイネルアウラートらしい競馬をさせられなかった柴田大知騎手は、そんなに得意ではないハイラップの競馬にはしたくないという意識で大事に乗った分、こちらも超瞬発力勝負は苦手のヤングマンパワーともども、坂から先は伸びていくことができなかった。

相手の流れを見てというより、菊花賞、金杯よりも遅い流れになると最初から理解していた武豊騎手がエアスピネルを抑え込んだのは、今後のことを考えたら正解だろう。
が、一度中距離型として作ってしまった馬を、こういう器用さだとか、とてつもない瞬発力を問われる流れのマイル重賞で勝たせるのは、もう不可能に近い。
前走のマイルらしい流れで折り合えなかったことは、ここの敗因に繋がったし、第一、マイルが得意な印象もあまり受けない。
どうせやるなら、もっと前で競馬させるしかない。

一方、思わぬ前走の快走で、意外なマイル適性を示したブラックスピネルには、マイルの戦い方というのがもうできていた。
直線で、どういい脚を使うか。これは逃げ切りではない。
かつて、京都記念で逃げて差したデスペラード&横山の再現である。

そうなると、本当に意外だったのは2着のプロディガルサンだろう。
ディープのマイラーを差し置いて、プラス22kgで田辺騎手。
戦績とオッズの兼ね合いで、ディープの選択はロイカバード優先と考えていたが、想像を絶するスローで、こちらも勝ち馬同様、何かを得たような走りで、ゴール前目に見えて差し込んできた。
ただ、兄がそうであったように、ここは2着になってしまったから、何故かまだ1回しか使っていない1800Mで再評価される可能性もある。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方