2017年共同通信杯 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

共同通信杯 -回顧-

読了までの目安時間:約 5分

 


意外性の堅実型・エトルディーユが粘り込む以外、有力馬は力を出し切れる位置にいたので、この結果は意外でも何でもない。
勝ってくれると後々楽しめそうな馬・スワーヴリチャードが、初勝利の時のような理想的な抜け出しで快勝した。
文句なしの対藤沢軍団の最右翼に名乗りを上げたことになる。

内枠に入った有力馬は全て、GⅠをいくつも勝っている騎手が乗っていたから、ペースが速くなるわけもないので、スタートさえ失敗しなければ、力は出し切れるという乗り方は、当然のようにできる。

道中行きたがっていた1番人気のムーヴザワールドは、位置取りは間違っていないから、多少は消耗はあったにしても、何の不利もなく上がって来られたので、ほぼ似たような位置から楽に前を射程圏に入れた勝ち馬・スワーヴリチャードに、今度は完敗という結果に終わった。
理想の位置で競馬できるはずの馬が、それがちょっと苦手そうな馬が型を崩したような競馬をして、全く相手にならないのではちょっと言い訳できない。

この2頭は、東スポ杯での対決を経て、ほとんど同じような臨戦過程でここまでライバル関係を築く様にお互いの成長を、傍から見た人間でなくても、彼ら自身がそれを感じながら高みに臨んでいくのが理想形のように思えたのだが、もうスワーヴにとっての敵は、しばらくは重い格のある同期であり、同時に自分自身の中に潜む危ない虫との争いへと変化してしまった。

大ベテランの四位騎手に何でもかんでもリードしてもらうようでは、一介の元クラシック候補という寂しい存在に、1年後には成り下がっているというのは当たり前の世界。

兄バンドワゴンのいいとこどりのこの日の競馬は、少頭数だからこそできる馬込みを捌く芸当であると同時に、いかように戦法を変えられる自在性を、すでに確認済みという中でのクラシック戦線突入のアドヴァンテージで、2歳のGⅠ・GⅡウイナーに一歩先んじた印象を受ける。

終いのストライドというか、ゴールに向かって伸びていく末脚は、明らかに完成期に近付きつつあるトニービンの血の入った本格派のそれであるから、どことなく母の配合がかつての2歳王者・ダノンプラチナの母と似たところがあるので、左回りの中距離戦でこそ、つまり、ジャスタウェイの辿った道を進んでいくことになるはずだ。

ジャスタウェイが完成した時には、位置取りが問題ということはなくて、ただ、自分の体調さえ整っていれば、馬場も騎手も展開もほとんど関係ない、常にGⅠで上位争いに加わる走りができていた。

ディープインパクトの産駒に多いノーザンダンサーが複雑に絡み合った配合とは異なり、そのジャスタウェイと同じく、ノーザンダンサーの影さえ見えない母親の構成は、一方で、様々に変容していたナスルーラの子孫たちが複雑に絡み合い、目に見えないながらも継続的なナスルーラクロスを誘発することで、あのウオッカのように、どんなに辛い経験をしてもへこたれない底力溢れる復元力を持っている可能性を秘める。

まずはそこまでの馬にならないといけないが、ほとんど正攻法の抜け出しで上がりが一番ということからも、スワーヴリチャードのスケール感だけは、ここにいた10頭よりも遥かに上であったと、これで天下に示された。
どういう妄想をしようとも、ドラマチックな馬の背中を武豊騎手の半分くらいは知っている四位騎手ならば、経験と一緒に、この馬のリズムに合わせたアシストをできる。
今回はそれができた。鼻高々である。

同時に、タニノギムレットでの失敗を糧に、ダービーへのリベンジを変則参加で果たした四位騎手が、久々に、正攻法でクラシックに挑むというのは興味深い。
武騎手が何度となくダービーを制したように、一度勝ってしまうと、完全に既定路線として、皐月賞の結果さえも逆算することができるようになる。
三冠騎手の仕上げの一年。
知っている騎手で、生涯一度きりの大舞台に3回出られるかどうか。
そして、どう勝ちにいくのか。
展開にまだ注文がつくタイプかもしれないが、平均ペースのダービーで、目下最有力馬が誕生した瞬間を、皆が目撃したことだけは間違いない。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方