2017年中山記念 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

中山記念 -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 


スローから逃げ馬が主導権を握って、でも、先行馬は残る。
いかにも中山内回りらしい、これこそミルコ好みの駆け引きの競馬であった。

筆者の目論見は、上手に競馬できる馬に有利な先行馬の競馬になるのでは?というもの。
ロゴタイプがスローの逃げは意外でも、ネオリアリズムがこういう展開で折り合いを欠かないというのはもっと…。
クリストフが得意な正攻法の競馬で大きな仕事をしたことが、どうにも先入観としてあるのだが、良くも悪くも強引な形で折り合いをつけたり、普通はダメなところで動いていくのが感性の人・ミルコ・デムーロのスタンダードな型である。
勝ちにしか興味のないところがあるから、一旦リズムを崩すと、手強い牝馬よりもっと繊細なところを出す。

そういう意味では、こうして一度スイッチが入ってしまえば、全てが完璧に回るのも必然なのだ。
前日のアーリントンCも完璧。このレースも、途中からマイネルミラノが仕掛けていく形でリードしてくれたから、無理のない好位抜け出しで、よくある中山の勝利パターンにハメ込んだのだ。
ネオリアリズム自身、自縄自縛のような差し損ねの連発で、騎手だけではなく当人の精神面もあまりよろしくない時期があったが、そこは堀調教師。
香港マイルからプラス15kgという、古馬としてはいくらか余裕のありすぎる体であっても、全く内容のない秋の2戦ではなかったから、ただ無理に仕上げなかっただけで、馬の前向きさはしっかりとコントロールできていたように映った。
絶好調のミルコ。そんなに悪くない状態と見るや、とてもお利口な競馬で連日の重賞制覇である。
いやはや。

中山記念は、関東のベテランたちの庭。
今年は決め手比べで屈しない穴馬にしかチャンスはなかったが、どういう経緯か、戸崎→横山典スイッチでより鋭敏さを増した末脚で、名うての中距離チャンピオンを置き去りにして、ちゃっかり2着。
サクラメガワンダーもそうだったが、正攻法で、それこそ前走の白富士Sのような普通の競馬をしては、なかなか勝ち切れない。
一族の長・サクラチトセオーも得意とした舞台で、45倍の馬にこの鞍上。
いやはや。

リアルスティールはジャパンCよりはやりやすいと思って、それなりに期待していたが、やはり追い込みの手に出て、やはり差し損ねたアンビシャスの方が、よっぽど底力があるなという残念な負け方。
アンビシャスにしても、1番人気で3着外しでは褒められないが、GⅠの前哨戦だから仕方のない部分はある。
それに対し、悪くもない位置で、流れが多少変化しても、いつまで経っても器用にならないリアルスティールは歯痒い。
正攻法の差し切りを狙ったヴィブロスの方が、よっぽど先行きに明るさがある。
阪神の内回りが合うわけもなく、昨年見せてしまったモタモタ感だけ再現して、いやもっとだらしなくなったことでも、まだ安田記念で負った心の傷が癒えていない可能性を考慮しないといけない状況にあるようだ。

見せ場だけは…、と思った陣営の多くは、長らく継承された中山記念の呪縛に囚われてしまった。
関西馬には辛い舞台であるということは、関東馬の上位独占で再確認するまでもない。
いやはや。



10万馬券を効率よく獲る方法を考案

3連単が3回に1回当たるという話題の競馬指数を検証。さらにこの指数を使い10万馬券を効率よく獲る方法を考えてみた。

11/18 京都06R 3連単166,570円的中
11/04 福島09R 3連単127,430円的中
10/28 京都10R 3連単127,480円的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方