2017年オーシャンステークス レース回顧

JUST競馬予想ブログ

オーシャンS -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 

メラグラーナは、うまく外に持ち出したクリスマスを追いかける中団の外の追走。
直前のソウルスターリングがそうだったように、こういう勝てそうな流れを掴んだ時のルメール&戸崎の強みがフルに出た、当たり前のことを卒なくこなすには、うってつけの展開であった。
内枠からの発走のナックビーナス、ブレイブスマッシュは、前をどう交わしていくかのコース選択をしないといけない、スプリントでは大きな影響を与えるタイムロスがあり得たから、クリスマスも万全の位置取りで、それを追いかける本命馬が負ける要素はほとんどなかった。

ずっとナックビーナスに乗っていた横山騎手だから、ブレイブスマッシュのスプリント能力より、彼女の良さを消そうと進路をうまく奪っていくようなうちに押し込めるような騎乗を選択も、想像よりは速い流れになり、やや末をなくす格好で、最後は牝馬勢に競り負けてしまった。

今の中山の馬場を考えると、昨年のような高速決着は望めない。
8秒そこそこで人気馬が上位を占めたわけだから、この結果は現状の力をそのまま反映したものと言えるだろう。
よって、豪州血統の大型牝馬・メラグラーナは、近走二桁増減ばかりで連続減にもかかわらず、まだ514kgであるから、字面より遥かに充実期していて、叩き台でも快勝という雰囲気さえ受ける。

体のつくりは似たようなもののナックビーナスは、ガンガン使われてもへこたれないタイプだが、そうではない牝馬らしいメラグラーナは、ナックビーナスを今度は外に置く競馬では、まだ不安も残っているだろう。
しかし、今あれが抜け、これも抜け、それまでも抜けてしまうのかという、金・銀で攻めるしかない高松宮記念の構図になっているので、正直、結構な有力2頭のように思える。
血統ではメラグラーナ、自在性でナックビーナス。
今年は、牝馬勢の方が狙いやすい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方