2017年弥生賞 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

弥生賞 -回顧-

読了までの目安時間:約 6分

 

俺について来いという感じで、横山騎手のマイスタイルが逃げた。
らしくない溜め逃げではあったが、おかげで道中からマイポジションという理想的な中団外目の位置から、自分の末脚だけを信じて勝負することになったカデナにも、初コースの不利はそれほど影響しない状況が整った。
対照的に、ダイワキャグニーやコマノインパルスには、こういう小回り適性と同時に瞬発力を問われるような展開で、自分の中にある現時点での引き出しではどうにも対応できず、かなり道中で消耗してしまった。

してやったりのマイスタイルは、当然のように差し返して逃げ粘る。
が、あまりに遅くてゆっくり上がっていってもお釣りがくるようなタイミングで前との差を詰められたカデナは、自慢の決め手をフルに発揮して、堂々重賞連勝を決めたのであった。

さて、このレース。
弥生賞としては、極めて平凡なレースであり、やや売れ過ぎたきらいのあるダイワキャグニー、サトノマックスは全くお呼びでなかったのは問題ではないとして、シンザン記念やサウジアラビアRCなど、道悪のマイル重賞で掲示板に載った馬が上位に来たということを、どう捉えるべきか。
カデナは年末からクラシック候補であるから、すぐに評価に上乗せするものはないとしても、関連付けるべき2、3着馬のキャラクターは、往々にしてクラシック本戦に大きな影響を及ぼすものである。

正直言って、こうやりたいという逃げではなく、展開上の有利さを意識した横山騎手の判断が、他の騎手の行く気を完全に殺いだ形で、望外の楽逃げになったマイスタイル。
ここまでの戦績が4戦2勝で、全て関西圏の競馬。
基本的にレースセンスが良く、ペース判断において武豊騎手と双璧の名手からすれば、そこまで楽にさせてくれなくてもいいよ、というくらいの先行策となった。
これまでの持ち時計で、12-12のラップより勝ち時計が上回ったことのないマイスタイルながら、1分58秒台など出るわけもないこのレースで、ついていれば何とかなるかもしれないという、密かな願いのようなものがあったはずだ。
それだったら、確実に自分のリズムで運べる策がいい。

それにやや乱されそうになった、流石にもう人気にはなりにくくなったダンビュライトは、ルメール騎手だからということではなく、いくら揉まれ弱いとしても、本番で九分九厘揉まれる競馬を強いられる大きくない馬だから、その課題を少しでも解消しつつ、権利獲りに拘った印象を残した。
策士たるもの、勝つべき舞台で秘技を繰り出せばいいと考えるのが普通。
ここまで結局、道悪でしか結果を出せていなかったことで、良馬場確実の中山では、人気落ちは当然。

しかし、ターゲットは初距離への対応力。いや、本来の血統通りの特性を少しは出しやすくなる条件で、今度こそ揉まれたときにどうなるか。
図らずも、好位のインにつけて、マイスタイルのノーマークの逃げ込みは許してしまったが、実は結構強いかもしれないとされていたベストアプローチの追撃は、スムーズに競馬ができたこともあって、ギリギリ何とか凌ぐことができた。
諸々、賞金だけでは出走権は当然得られない馬の引きの強さについて記してきたが、要するに、距離相応の底力勝負になった時の指標は、上位入線馬にはなかったのである。

福永騎手が、この結果をどう考えるだ。
うまく行き過ぎたと捉えることもできる。
父ディープインパクトがそうであったように、初めての関東圏での競馬を、その結果に拘わらず、一つの通過点と考えて、違うアプローチを温めていたものとこれからこしらえてみるものと、様々想定される展開に合わせた選択肢を、可能性として確実なものから優先順位をつけるその判断材料は得られたはずだ。

仕上がりそのものは余裕残しでもなく、だからといって仕上げすぎることもなかった。
まだ締まった体になって、より鋭さを引き出すことは可能のはずだ。
ただ、スズカコーズウェイの下ということもあるのか、溜めるとしっかりとした脚を使えるのは確かなのだが、それ以外の形を見出そうとすると、結局ものの形の方が合っていた、というケースが想定されるのだ。

ディープだから差すのは当然として、では、色々な条件に合わせて走ることができるのだろうか。
ほぼ、ここまで経験してきたことを繰り返しでやってきただけだから、勝ったことそのものに意味があるとは言い難い。
そのため、こういう勝ち方をしてしまうと、器用そうでそうでもなかった兄のように、策を練ろうにも、自分の流れになってくれないと勝負は難しいというタイプに育てるしかないように思う。

何となく、ここは2着でもよかったような流れだった。
いいキレがあることを再確認してしまったことで、外に出すことを第一に考えなければいけなくなった。
人気になりすぎなければ、ナリタタイシンのような絶妙の追い出しから、爆発的な決め手を発揮するイメージは湧くのだが…。
意外とここでいい負け方をしたのは、スローで自滅のコマノインパルスだったのかもしれない。
シュリリー系でスローペースを好む馬は少ない。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方