2017年フィリーズレビュー レース回顧

JUST競馬予想ブログ

フィリーズレビュー -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

押してハナをとろうとした好発のベルカプリを、あっさり内から交わして先行したアズールムーンの失速は既定路線。
その恩恵で普段よりゆっくり追走できたレーヌミノルと、後方待機ながらいつもの形の異色の存在たるローエングリン産駒・カラクレナイの凡走の可能性はなくなった。

しかし、勢いよく上がってきたまではよかったレーヌミノルのあの斜行は、戦前危惧した「オグリローテ」の弊害に他ならない。
生涯最高の競馬をできていたはずのジューヌエコールの勝機を奪っただけではなく、自身の末をなくす要因を、陣営はきっちり演出してしまったのである。
テーマは色々あっていいが、本気で桜花賞を狙ったローテとは思えない。
強い相手がいて、前走は堂々と逃げたのである。主導権を握って、いい競馬をしていたではないか。
結果に不満があり、欲張って勝ちまでも大一番の前に得ようとした結果、彼女の持つパワフルなスピード型の性質が、今回も良くない形で出てしまった。
正しい見解ではないのかもしれないが、負けを覚悟で後方から行った方が、ここを使う価値があったはずだ。
無駄に消耗させてしまったし、ジューヌエコールの陣営に大きな失望を抱かせてしまった罪は重い。

さて、本来のいい競馬ができなかったレーヌミノルを全く相手にせず、我が道を進んで、軽くアストンマーチャンの勝ち時計を1秒近く上回ったカラクレナイは、想像以上にタフな馬であったと、ゴール直後に思った。
中型牝馬ながら、かなりシルエットは華奢に映す牝馬らしいフォルムが、よくキレた祖母・レッドチリペッパー以上の決め脚を繰り出す理由を秘めているのだとすれば、自ずと、それ以上の結果を期待させる何かがもう眼前に現れているはずだ。

父ローエングリンはロゴタイプを送り出し、母父アグネスタキオンは同時期にダイワスカーレットとディープスカイをこの世に生み出した。
大きく育つ可能性を秘めた血脈に誘われた桜ロードは、最後の刺客と評するに相応しい才能であることを披歴する道中と、それ以降の走りに関して、まだまだ余力が残されているならば、前途洋々の未来予想図が描けることを知る助走路にもなり得る。

「着差以上のスケール感の違い」
たとえ同じ路線を今後進んだとしても、あの半馬身は容易には逆転できないように思えた。
何より、レーヌミノルに本当の意味での自在性を求める時期はずっと先になると、このトライアルで証明してしまったのに対し、勢いに乗るサドラー系の末裔・カラクレナイには、日曜の3時は最高男の力を借りずとも、爆発的な決め手を平均していい脚を使える世代のトップホースになれる期待感がここで生まれた。
距離延長に対する結果の推測は、この一戦において、全て答えが出切ったのである。

桜激走の条件は、互いに自分の持ち味を出し切ること。
従って、連勝で桜舞台に挑むライジングリーズン同様、自分で全てを解決する個体の力で挑むべき挑戦者であることは判然とした。
変にうまく競馬をさせようとしても、今のカラクレナイに理想の位置取りからの競馬は合わない。
相手がうまく運べる時に、それに合わせるのは筋違い。
乗ってくれるかどうかはまだわからないが、ミルコマジックに自分が酔わないことを願うのみだ。
去年のあれが理想。面白い馬が出てきた。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方