2017年スプリングステークス レース回顧

JUST競馬予想ブログ

スプリングS -回顧-

読了までの目安時間:約 4分

 

道中はゆっくりと後方から。
人気グループご一団がのんびりしているときに、モンドキャンノより遥かにスピード能力に劣る面々が、弥生賞よりはまともな流れを作って、その役目を果たした。
そのモンドキャンノは、デビューから1200-1200-1400と使われてきた朝日杯2着馬で、いくら底を見せていないといっても、いきなり休み明けで、折り合い重視の中距離戦を使ったら、もうマイペースの逃げに出るか、前に壁を作るように走らせるかの2択しかない。

消えることが序盤から分かっていたもう一方が、終始手応えの悪かった2歳王者のサトノアレス。
予想の段階では、鞍上の戸崎騎手を吊し上げてあまり期待はできないとしていたが、それはこの直前の千葉Sで人気馬の力を出し切れるような乗り方ができなかったことがそうであっただけで、ここでの敗因は、単純に馬を臨戦態勢に整えなかったという陣営の目論見があったことが第一だろう。
悪い状態ということよりは、望外の快走の連続で、最後の2戦は押せ押せの上に、素晴らしいパフォーマンスであった。
疑うことの難しさでは、騎手批判より実は、より敗因となる要素が意外なものであることの多い馬の方が、はるかに上である。

もっとスローだったら勝てたかもかもしれないし、阪神大賞典のような流れになれば、もっとマイル適性が重要になって、朝日杯と同じような結果になっていても不思議ではなかった…。
そんなことを言っても始まらない。
皐月賞以降の戦いに課題を残したサトノアレスは、キレの出し方を思案する陣営の悩みを今回生み出した。
ただでさえ考え事の多い仕事だけに、結構な難題となる。
もし併せ馬のチャンスがあるなら、僚馬の超名牝との戦いを想定することで、その答えが出せるかもしれない。
ここでキレなかったと言って、距離延長で全くダメということもない。

勝ったウインブライトは、この馬の前々走で全く相手にならなかったアウトライアーズを外から伸びての完封だから、これは気分もいいはずだ。
やや全体的に仕上がり切っていない印象のアウトライアーズと、この距離での勝負付けが済んだというほどのものではないが、オープン実績のあるプラチナヴォイスが、徐に勝負所を読んだ和田騎手のシグナルに応えた進出に、勝ち馬はスムーズに対応し、2着のアウトライアーズの方はしっかりと追いかけていくような形にも見えなくもなかったので、プラチナヴォイスよりは強いのだろうが、中山での自在性の面で、勝敗はそのまま適性として現れた結果であろう。

ステイゴールドとヴィクトワールピサでは、本質的な守備範囲が違う。
思い切って絞って挑んだウインブライトは、前走以上にスマートに走る能力が引き出された。
同父のトリコロールブルーは、間隔が詰まったローテの影響というより、連続の関東圏の競馬に対応できるほど、まだ馬が大人ではなかったから、結局、何もさせてもらえずに勝負どころでは圏外に。

世代の一流馬を知るエトルディーニュにしても、15頭以上の競馬を経験していないという死角はあったから、上手に競馬するには、まだまだ内面を磨く必要があるようだ。
そんなことを言っていると、いつも感じのあまり頼りないスプリングS組…、という評価に止まるわけだが、上位2頭の関東馬は上昇力と意外性で、かなり低調な弥生賞組より期待感はある。

しかし、スワーヴリチャードの方が能力は遥かに上だろうから、よく頑張ったね程度の上位争いにしかならないかもしれない。
そういう意味では、アウトライアーズが本番の注目馬になるのだろうか。
それでは、盛り上がりいまいちの皐月賞である。悩ましい。


■ 話題の競馬指数を検証

競馬予想の指数はたくさんありますが、この度、3連単が3回に2回当たるという話題の競馬指数「コラボ@指数」の精度を検証しました。

2018/5/27 東京8R(指数3位)⇒京都9R(指数1位)⇒東京9R(指数1位)⇒京都10R(指数1位)⇒東京10R(指数2位)で、【WIN5】203万8,620円 的中

>> この指数に関する解説ページはこちら

 

レース回顧   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方