2017年阪神大賞典 レース回顧

JUST競馬予想ブログ

阪神大賞典 -回顧-

読了までの目安時間:約 2分

 


ウインスペクトルの正面スタンド前からの逃げは、相手がオープン馬ということもあって、単純にいきなり先頭に立てるほど甘くはなかったという結果。
おかげで、スローになってからのスムーズな先行策は、自力がまるで違うツートップからすると、これほど楽なことはなかったという、予定調和の流れに繋がっていった。

パドックから上々の気配であったサトノダイヤモンドにとって、ステイヤーが目の前にいる展開というのは、ほとんど勝ちをプレゼントしてもらったに等しい状況であった。
結果的にではなく、ウインスペクトルの刻んだハイラップの副産物が、何故だか、心地よい気候になった今週辺りから芝の生育が促進されたのか、時計が一気に平均的に速くなることに起因する高速決着を誘った格好だ。

前半の流れは、勝ったダイヤモンドが後々に、ヨーロッパ流のレース展開に対応するためには重要なシーンでもあった。
やや行きたがった。
だから、少し前と詰めた。
その時先に動いたのが、武豊だった。
穴馬ではないが、正しい目標を目指しての進出は、たとえ、自分がマークされる側になっても、力を出し切れない結果をもたらさない副因となる。
快時計を出したことよりも、ずっと勝ちのある経験だった。

とりあえずGⅠを獲りたいシュヴァルグラン。
死角であった持ち時計をここで大きく更新。
そうなったら、後ろのディープに敵うわけない。
トーセンバジルに2馬身半、という結果は明らかな力量差。
GⅠ馬に今負けることは、大きな問題ではない。
キレの再確認はできなかったが、今年こそ、ロングスパートを本番では決めたい。
やはり、時計勝負は得意ではないだろう。

人気馬がただそれに応えただけではあるが、それぞれに秘めた死角は、昨年より多く打ち消すことに成功したように思う。

..........

有馬記念予想【2018年】は、無料メルマガで配信します!詳しくは下記のページでご覧ください。

有馬記念予想【2018年】

 

レース回顧

この記事に関連する記事一覧

競馬予想会社の正しい探し方【just-research.com人気記事より】

競馬予想会社に会費を払って入会した経験も、面接を受けて社員になった経歴もある当サイトの管理人が、予想会社に関するさまざまな情報を提供してまいります。

⇒ 競馬予想会社の正しい探し方